タグ:自然 ( 68 ) タグの人気記事

安芸灘とびしま海道を行く(その4)

島の西側にある観音崎
ここから展望台に行けるらしいが、だいぶん時間がかかるらしいのと、
勾配もきついとのことで今回はパスした。
c0034228_001839.jpg

「島に来たな~。」と感じる雰囲気の道を行く。
c0034228_0028100.jpg

最初の橋である岡村大橋が見えてきた。
c0034228_003419.jpg

岡村港から15分ほどで岡村大橋到着。
c0034228_004227.jpg

県境の看板、実際の県境は橋の途中にある。
c0034228_00491.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-24 00:00 | 風景 | Trackback | Comments(0)

あじさいライトアップ(速報)

今日、仕事帰りに新宮のあじさいの里に出掛けた。
普段なら日中に出掛けるところ、なぜ夕方からなのかと言うと、

ライトアップされたあじさいを

一度見てみたいと思ったからである。


着いてから山道を上ってあじさいを撮ってみた。
だいぶん暗くなりかけてはいたものの、
日が長いせいか、まだ明るい。
c0034228_23504043.jpg

ライトアップされたあじさい
c0034228_23504750.jpg

ライトアップされたあじさいは何枚か写真には撮ったものの、
後で見てみると、暗くて見えなかったりするものや
思いっきりピントがずれているものもあったりして、
あまり紹介はできそうにない。

今年は空梅雨期間が長いせいか、
まだ色づいていないところも多い。
今度は日中に訪れてみたいものだ。

ちなみに

帰りの道の運転に神経を使い、かなり疲れた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-23 23:50 | 風景 | Trackback | Comments(0)

安芸灘とびしま海道を行く(その3)

関前諸島が見えてきた。
c0034228_22341895.jpg

これは何島だろうか?
目的地の岡村島の他にも、大下島、小大下島がある。
フェリーも便によっては寄港するが、
今回乗船した船は岡村港直行便であるため、他の島には止まらない。
c0034228_22342518.jpg

今治から1時間で岡村港到着
c0034228_22343370.jpg

岡村港
近くには、スーパー・役場などがある。
島に降り立った瞬間、

普段感じることがないだろう、

島の持つ、のどかな雰囲気に包まれた。


c0034228_22344018.jpg

次の大崎下島へ向けて、車を走らせる。
c0034228_2234479.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-22 22:34 | 風景 | Trackback | Comments(0)

安芸灘とびしま海道を行く(その2)

今治港を出港
エンジン音を上げて一路関前へ。
c0034228_0114037.jpg

来島海峡大橋をくぐる。だいぶん今治寄りをくぐっているようだ。
c0034228_011482.jpg

ちょうど橋の真下まできた。
橋の真下からの写真が撮れるのは、船の特権である。
c0034228_0115458.jpg

先に見えるのは工場群だろうか?
c0034228_012056.jpg

来島海峡大橋がだいぶん遠くなった。
今日は雲が出ているせいもあって、霞んでいる。
もうすぐ関前諸島が見えてくるはずだ。
c0034228_012659.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-22 00:12 | 風景 | Trackback | Comments(0)

安芸灘とびしま海道を行く(その1)

愛媛県と広島県を結ぶ橋としては、
「しまなみ海道」が有名ではあるが、
実はもう一つ存在する。
それが、「安芸灘しまなみ海道」である。
広島県の呉市から愛媛県の今治市(旧関前村)までを7つの橋で結ぶ。
サイトをあちこち調べていると、
「裏しまなみ海道」と記述しているものもあるくらいだ。
fujitaka_1、その存在は離島航路を調べている過程で、
少し前から知ってはいたが、
船の便数・時間などのアクセスの関係で、
なかなか行くことに踏み切れずにいたが、
今回、やっと訪れることが出来た。
今治~関前間はフェリーを利用、
ちなみに旧関前村を訪れるのは初めてである。

初めてのところへ行くのは、何だかわくわくする。

今治港第3桟橋にて 第二せきぜん丸
c0034228_095127.jpg

車はバックで入れるようになる。
以前大崎上島に渡った時と同じだ。
一度入れた経験があるから、少しは上手く入れられたかな?
c0034228_095870.jpg

船に乗り、海を眺めていると、大島 下田水港行きのフェリーが出港するのが見えた。
この航路も何度か乗っているが、
最近は高速料金引き下げの影響で、便数も減っているとのこと。
c0034228_010415.jpg

まずは岡村港まで、1時間の船旅だ。
c0034228_0101392.jpg

客室は1階と2階、両方にある。
c0034228_0101988.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-22 00:10 | 風景 | Trackback | Comments(4)

あじさいの季節になりました

屋内プールで泳いだ帰り、
プールのある建物の前にあじさいが咲いていた。
今年はもう梅雨入りしているものの、ほとんど雨が降らず、
「空梅雨」の状態だ。
あじさいには、やはり雨が似合うと思う。
水不足も心配されている昨今、
来週からの雨が「恵みの雨」となればいいなと思う。
c0034228_0194896.jpg
c0034228_0195456.jpg
c0034228_020164.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-21 00:20 | 風景 | Trackback | Comments(2)

石鎚山へ行く レポート(その11)

登山口まで半分くらいのところまで帰ってきた。
c0034228_23212275.jpg

ゴールが近づいてきて、自然とペースも上がってくる。
c0034228_23212967.jpg

木陰の登山道、緑がきれいだった。
c0034228_23213561.jpg

無事、登山口に到着した。
登り 約1時間40分、下り 約1時間30分の行程であった。
c0034228_23214470.jpg

おまけ:土小屋の自動販売機 ペットボトル500mlは200円であった。
c0034228_23215299.jpg

こうして記事にしているうちに、また登りたくなってきた。
今度はロープウェイ・成就社経由で登ってみたい。

長編ご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-17 23:21 | 風景 | Trackback | Comments(0)

石鎚山へ行く レポート(その10)

一時は視界も悪いほどだったが、
歩いているうちに、再び晴れてきた。
行きはガスがかかっていたところ、
青空の下、山の素晴らしい景色を堪能することができた。
c0034228_2319346.jpg

行きは頑張ったので、帰りは少しずつ立ち止まりながら写真を撮った。
c0034228_23194182.jpg
c0034228_2320618.jpg

尾根伝いに登山道が整備されている。
この辺り、かなり眺めがいい。
c0034228_23202384.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-17 23:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)

石鎚山へ行く レポート(その9)

ハイブリッド発電照明灯その2 
太陽光とともに、風力発電の設備もあった。
c0034228_23463914.jpg

登頂記念写真を撮ってもらい、下山することに。
下山するにつれ、ガスがどんどんかかりだす。
そういや、下山途中に、登りに追い抜いた人が登って来るのに出会い、
「もう下山するの?」と驚かれてしまう。
そういや、登り道は振り返ってみても少し急いでいた。
写真も撮っていたが、黙々と下を向いて歩いていた区間もあった。
今度来る時は、もっと周りの景色を楽しみながら登ることとしたい。
c0034228_23465061.jpg

分岐点の鳥居まで下りてきた。下りも慎重に下りる。
c0034228_2346583.jpg

視界もだいぶん悪くなってきた。
下山は登山より速くと思っていたが、
この分だとかなり慎重に行かないといけないようだ。
c0034228_23471233.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-16 23:47 | 風景 | Trackback | Comments(0)

石鎚山へ行く レポート(その8)

多くの登山者が頂上からの風景を写真に収めていた。
晴れているが、気温は高くなく、空気もおいしい。
c0034228_2345323.jpg

晴れていたと思ったら、再びガスがかかりだした。
本当に山の天気は二転三転することを改めて思い知った。
c0034228_2345383.jpg

頂上山荘 宿泊もできるようだ。
ここでお茶・コーヒーが販売されていたが、確か見た限りでは350円、
いかに水が貴重なものかを思い知る。
c0034228_23454689.jpg

ハイブリッド発電照明灯その1
c0034228_23455258.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-06-16 23:45 | 風景 | Trackback | Comments(0)