タグ:温泉 ( 77 ) タグの人気記事

温泉情報~東道後温泉 久米之癒(松山市)~

しばらく前に行っていたのに
写真だけを残して記事を書くのを忘れていたので、
慌てて紹介。

東道後温泉については、以前にこんな記事を書いていた。

温泉情報~ユートピア温泉東道後(松山市)~

そう、ユートピア温泉東道後が
名前改め、そして中を少し改装してリニューアルオープンしたのが、
ここ「久米之癒」。
c0034228_23262336.jpg

c0034228_23263936.jpg

泉質はアルカリ性単純泉でぬめりのあるお湯。
で、どこが変わったのかと言うと
外観はさほど変わった感はないものの、
サウナが広くなってテレビが付いた。
そして露天風呂が源泉掛け流し風呂になったことである。
これはいい!と書いておきながら、
あまりの混雑ぶりにその露天風呂に入れなかったくらいだ。
あと温泉の各所に「遠赤外線」「マイナスイオン」「ホルミシス」
の効果を活かせるとされる「三玉石」と
温泉水を石のフィルターに通して出来た
「三玉水」が置かれていること。
さらに今流行の岩盤浴が出来たようである。
温泉激戦区の久米地区にあって、
手軽さ・安さからこれまでも入浴客を集めていた
東道後温泉であるが、
今後もさらに入浴客の増加が予想される雰囲気である。

入浴料450円、ボディーソープ・シャンプー有り

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-12-13 23:26 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~東予温泉(西条市)~

東予地区に久々の新温泉誕生である。
勢いついて、何とオープンしたその日に行ってしまった。
(ちなみにオープンは28日である。)

場所は東予丹原ICを降りてすぐ。
大型電器店、ショッピングセンターなどが次々とオープンし、
交通量も増えてきているところである。
県道沿いにある看板、迷うことはない。
c0034228_2325157.jpg

レストランも併設しているとあって
夜にもかかわらず、多くの車が停まっていた。
c0034228_23252796.jpg

温泉外観、
地元の温泉「パナス」に近い感じだ。
c0034228_23253814.jpg


ちなみに地元の温泉「パナス」は、こんな感じ。

温泉情報~新居浜温泉パナス~

外観同様、施設全体が
「パナス」と同系列の運営と思われるような温泉の造り。
ただパナスよりは施設全体的にも一つ一つの浴槽も広い。
このあたり、パナスの混雑ぶりを見て反省して造ったのかな?
一番奥の露天風呂「黄金の湯」が源泉掛け流しになっており、
その名の通り、黄金色をしている。
その他は大浴場、サウナ、歩行浴はパナス同様だ。
ホワイトイオンバスといって白湯があるのもまた特徴か。
オープン当初なので、かなり混雑しているのかと思いきや、
さほどでもなかったのでまあゆっくり入れた。

入浴料500円 石鹸・シャンプー等は持参のこと。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-11-30 23:32 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~行基の湯(高松市塩江町)~

道の駅「しおのえ」の川を挟んで反対側にある
何だか伝統を感じさせる建物である。
行基がこの地で温泉を掘り当てたことに由来して
この名が付けられたとのこと。
c0034228_224248.jpg

塩江付近の紅葉、
まだ色づいていないところもあるが、
銀杏などはきれいに色づいていた。
c0034228_224196.jpg

温泉案内図。
c0034228_2242971.jpg

大浴場、露天風呂、岩風呂(サウナ)の3種類、
こじんまりとした温泉だ。ちなみに湯質は、アルカリ性とのこと。
天井を見上げれば大きな梁が通っており、
どこか懐かしい、落ち着いた雰囲気にさせてくれる。

入浴料 310円 ボディーソープ有り

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-11-20 22:04 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~小藪温泉(大洲市肱川町)~

最近新たな温泉を開拓してないのと、
県内をはじめとする近場の温泉は
もう行き尽くしている(まだまだあるかも?)せいか
温泉情報もご無沙汰となっている。
この温泉は入るのは二度目なのだが、
このブログで紹介するのは多分初めてのはず。
まずは外観、
何と大正2年に建てられた木造建築、
今では貴重な存在だ。
c0034228_0105089.jpg

入口その1、
看板が何ともいい雰囲気を漂わせる。
c0034228_0111048.jpg

入口その2、
この日はお客が多かった…。
c0034228_0112358.jpg

泉質は単純アルカリ泉とのことで
入るとぬるぬる感がある。肌はすべすべになる。
秘湯として紹介されているが、洗い場で体を洗うのに待つなど、
こんなに人が多いと秘湯らしくないなとも思ってしまうほどだった。
それでも待っていると結構入浴客も減ってきて、
ゆっくりできるいい雰囲気に。
辺りの緑を眺めながら入る湯は
ストレス解消に効果がありそうだなと感じた。

入浴料500円、石鹸等は持参のこと。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-10-11 00:20 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~竹庭清正の湯(今治市)~

今治の清正の湯は時々行っているのだが、
駐車場の北側にある、竹林の向こうにも温泉がある。
あちこちで「あそこはいい!」「一度行ってみるべき!」
との声を聞いていたこともあり、
「たまには違う雰囲気でも味わってみるか。」、
そんな思いでその入口から入ってみることにした。
c0034228_22185330.jpg

この扉を開けると受付である。
何か旅館のような雰囲気だ。
c0034228_22191093.jpg

竹林の中にお湯が湧いている。
温泉の雰囲気は抜群である。
緑豊かな中で温泉に浸かっていると、
普段の嫌なこともすっかり忘れられる。
源泉をそのまま流している源泉露天風呂もあった。
清正の湯というお湯がちょっと熱いイメージがあったが、
源泉はぬるく、いつまでも入っていられる。
杉の浴槽に湯が注がれた杉風呂、寝湯など
雰囲気もさることながら、湯がいい。
源泉をなるべくそのままで使ってるような感じだ。
湯上がりには、お茶とお菓子のサービスもある。
「たまに行くならこんな温泉」にふさわしい温泉である。

入浴料1,000円、ボディーソープ・シャンプー有り
(入浴用のタオルも付いているので、手ぶらで行けます。)

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-09-10 22:30 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~コスタ北条(松山市北条)~

もう行ってから何日も経ってしまっているのだが、
遅れ馳せながら書くこととしたい。
先月、国道196号線沿いにオープンした施設、
長いこと196号線を走ってなかったので、
建設していることすら知らなかった。
人工の高濃度炭酸泉を売りにしている。
c0034228_2059156.jpg

国道沿いに掲げられた看板無しでは、何かわからないような施設だ。
c0034228_20592760.jpg

ちょうど列車が通りかかったため、撮影。
c0034228_20593514.jpg

炭酸泉とあって、入っていると体中に泡がつく。
疲労回復などに効果があるのだとか。
炭酸は高い温度だと飛んでしまうので、湯はぬるめである。
よって結構長い時間入っていられるのがいい。
露天にも炭酸泉があってそこから見える海がまたいい。
炭酸泉の他にも石を敷き詰めた風呂などがある。
岩盤浴にも入ってきた。
うつ伏せ5分、仰向け10分を3回繰り返す。
たっぷり汗をかいた。
個人的には休憩スペースがもっと広くてもいいんじゃないかなと思ったが、
リフレッシュできたひとときであった。

入浴料700円 ボディソープ・シャンプー・タオル有り
岩盤浴1,000円(90分)

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-09-10 20:59 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~国民宿舎 仙酔島(広島県福山市)~

c0034228_2312943.jpg


島内をあちこち歩いて汗をかいていたので、
さっぱりしようと風呂に入ることに。
浴場自体はどちらかというとこじんまりした感があるが、
海水を汲み沸かした海水風呂や
露天風呂、サウナ、水風呂がある。
あまりに汗をかいていたので、サウナには入らず…。
説明書きによると海水風呂は羊水に近い成分だとか…。
一汗かいた後に入ると気持ちいいことは確かだ。
ちなみに島内にはここ以外にもホテルでも入浴できるようだ。

入浴料 525円 ボディーソープ・シャンプー有

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-08-28 23:17 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)