タグ:温泉 ( 77 ) タグの人気記事

温泉情報~薬王寺温泉(徳島県美波町)

またまた以前の記事になります。
1月後半、千羽海崖トレイルに行った際、
前日ホテルにチェックインし、部屋で付近の案内図を見ていると、
「温泉」の文字が。
「あれ、かつては『ホテル千羽』なる温泉施設があったはずだが、
確か無くなったんじゃなかったっけ?」と思いつつも、
「温泉」の文字に反応するように、行ってみた。
で、薬王寺の駐車場に温泉、ありました。
c0034228_21343358.jpg

薬王寺のインパクトが大きいせいか、こじんまりした感じに見えなくもないが、
中は大浴場、サウナ、水風呂とあり、疲れを癒すことが出来る。
後で調べたところでは、
含硫黄─ナトリウム─塩化物冷鉱泉(低張性、弱アルカリ性、冷鉱泉)とのこと。
硫黄を含むとは四国ではなかなか珍しいのだが、
入って確かめる限りでは、はっきりと感じられるまでには至ってなかった。
でも、ここまで渋滞に掛かりながらの運転の疲れは癒せたと思う。
薬王寺のすぐそばなので、きっとお遍路さんも入っていることだろう。
入浴料500円 ボディーソープ・シャンプー有り

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-02-11 21:34 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~かみとくの湯(今治市)

もう四国内の温泉はだいぶん行き尽くしたかなと思っていたところに、
新規オープンの情報が。
以前国道196号線を今治に向けて運転していた時に、
近日オープンの看板を発見!
それ以来、気にはなっていたが、はっきりした場所はわからなかった。

しかし、以前焼豚玉子飯を食べに行った際、帰りに温泉の前を通り、
「あっ、ここか。今度行かないとな。」と思っての訪問である。
今治市内に向かってだと、松木交差点を右折、道なりに走り右手にある。
目印の看板
c0034228_21212690.jpg

温泉入口
c0034228_2121326.jpg

オープンからまだそんなに日が経ってない影響か、車が多い。
c0034228_21213857.jpg

外観から判断するに、なかなか広そうな感じを受ける。
c0034228_21214551.jpg

内湯・露天スペース共に広くとっており、浴槽の数も多い方ではないか。
露天に源泉掛け流し浴槽がある。サウナも広い。
外の歩行浴の両端にもテレビがある。
源泉掛け流しの湯は、暗くてよく見えなかったが、
なかなか成分が濃い湯の印象を受けた。
後で調べたりしたところでは、ナトリウム カルシウム塩化物泉で
高張性なのだとか。高張性はこの辺りでは珍しいはず。
ただ、先にも書いたが、今は人が多く、
広いスペースと言えども、ごった返している時もあり、
もう少し落ち着いてからまた訪れたいなと思っている。

入浴料550円 石鹸・シャンプー等は各自持参(販売もしている様子)

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-02-08 21:21 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

気分転換に…

(参考)温泉情報~天然温泉 武丈の湯(西条市)~(2006年2月28日投稿)

夜、気分転換に時々行ってます。そういや、今日は週末の割には空いてたな。
c0034228_23591156.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-11 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

大阪日記(7)温泉情報 なにわの湯

天六の駅から少し歩いたところにある、ビルの8階にある天然温泉。
露天風呂のスペースもしっかり取ってあり、予想以上に広い温泉だった。
体調や明日の予定も考えて、サウナには入らず。

事前に調べていた中で休憩場所が狭いという意見があったが、
実際行ってみて、お客さんで混雑している時は、確かに狭く感じるかもとは思ったが、
温泉でまあゆっくりできたので、よしとしよう。
入浴料750円 ボディソープ・シャンプー等有り
c0034228_2324137.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-11-07 23:23 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~古岩屋荘(久万高原町)

久万高原マラソンの参加賞の中に、
入浴券が入っていたので、早速立ち寄り、入浴した。
岩風呂が一つのシンプルな温泉。
四国八十八箇所の岩屋寺の近くとあって、
この日は、マラソン参加者とお遍路さんで賑わっていた。
慌しい入浴となったので、次来る機会があれば、もう少しゆっくりと入ってみたい。
c0034228_22454652.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-10-25 22:45 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~ホテル明星(高知県室戸市)

室戸岬健康マラソンの参加賞の中に、割引券が入っていたので、
帰りに寄ってきた温泉。
露天風呂が室戸ではおなじみの海洋深層水のお風呂となっている。
露天風呂からは太平洋が一望出来るのもいい。
長湯は良くないらしいので、短めに、時々風に当たりながら入ると気持ち良かった。
c0034228_17414851.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-10-22 17:41 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉でごろ寝?

温泉情報~鈍川せせらぎ交流館(今治市玉川町)~(2005年4月24日投稿)

お盆期間中のとある日に訪れた。
人気があるようで、温泉横の駐車場は既に一杯、上の駐車場に駐車した。
c0034228_23303158.jpg
c0034228_23303953.jpg

夏場は温泉に一通り入った後、
外でごろ寝できる場所でごろんとなるのが気持ち良い。
いや、やろうと思えば年中できるのだが、気候の関係で、ごろ寝している人は夏が一番多い。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-08-17 23:30 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

過去ネタ記事にします~温泉情報 矢野温泉 あやめ(広島県府中市)

国営備北丘陵公園マラソン大会(庄原市)の帰りに寄った温泉。
国道から比較的近い位置にあるのでアクセスは便利である。
位置的には、庄原と尾道の間くらいだったかなかな。
c0034228_23201935.jpg

時間帯によっては大衆演劇を見られるとか。
施設は、なかなか広かった記憶があります。
確か小さいながらも露天風呂もあったかな。
c0034228_232029100.jpg

ちなみに入浴料は、今、サイトで確認したところ、
14時30分~ は、700円でした。
14時30分までは、大衆演劇込みになるので1,400円になるようです。

この時は、大会で初めて行った庄原市が遠かったなあというのと
大会が5月上旬にもかかわらず、暑かった!という記憶が前面に出ており、
武庫川同様、温泉の記憶はだいぶん薄れてます・・・。すいません。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-05-30 23:20 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

過去ネタ記事にします(その2)~温泉情報 クア武庫川(西宮市)

同じく武庫川ユリカモメマラソン関連ネタ。
マラソンの後、この温泉に入って帰った。
天然温泉とあって、褐色の湯だった記憶もあるが、
マラソン参加者で混雑していたことと、
汗にまみれていた体がさっぱりしたという記憶の方が大きくて、
肝心の温泉の湯質のことはあまり覚えていない、残念。
c0034228_2303851.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-05-29 23:00 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~祓川温泉(宇和島市)~

山本牧場の帰りに寄った祓川温泉。
実はここに入るのは2回目。
c0034228_23461737.jpg

前に記事書いたかなあと振り返っていたが、どうも書いてなかった模様。
歴史はかなり古いとのことだが、
施設自体は平成10年にリニューアルということで、
木のぬくもりを感じられる施設である。
浴槽は3~4人くらいしか入ることが出来ないものの、
湯は硫黄のにおいがするなど、なかなか良いお湯である。
山奥の風景と重ね合わせれば、秘湯気分を味わえる温泉である。

浴槽が大きくない関係で、待つ場合もある模様。
ちなみに入浴時間は50分までとなっているようだ。
入浴料300円

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2011-05-24 23:46 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)