タグ:マラソン ( 1094 ) タグの人気記事

高知龍馬マラソン2016 レポート(その2)

9km過ぎ、国道32号線を右折、南国市に入る。
以前は再び左折し、やや狭い道を走っていたが、
今回はそのまま直進。自動車専用道の標識があったりする。
だいぶ町の様子が変わっているようだ。
直進して道なりに走ると坂ノ松トンネル、サングラス状態だと若干暗い。
このトンネルの途中に10kmの表示とマットがあった。
当初の混雑もあり、1時間を少し経過していた。

「まだまだ、これからだ。」

だいぶん郊外に来ていたが、それでも沿道の声援は続いており、
高知の人の熱い思いを感じることが出来た。
途中の給水は序盤の数か所を飛ばしたものの、
10km過ぎからは全部立ち寄り、スポーツドリンクなどをいただく。

この気温では水分補給は欠かせない。

道なりに走るうちに、いつの間にか以前のコースに合流していた。
2つ目の蛸の森トンネル、ここの上り坂は前半とはいえ、
ちょっときついと感じているのは自分だけではないはずである。
トンネルを下り、香長平野をひた走る。
前半から私設エイドがあり、飴やチョコレートなどをいただきながら走る。
南向きから西向きに進行方向が変わる。
ちょっとしたアップダウンはあるものの、走りやすい区間、
32番札所、禅師峰寺付近を通ると、車で訪れた時のことを思い出す。
あの時は、まさか自分がここを走るようになるとは夢にも思ってなかった。
3つ目のトンネル、峰寺トンネルで15km、
コース変更により、前回の時と若干距離地点が異なるが、
まあゴールは同じだからとそう気にしていない。
走っているうちにだいぶん左が開けてきた。海がすぐそこだ。
こうして黒潮ラインを走っていると、
前方左側に浦戸大橋が見えてきた。
高低差約50mだけあって、遠くから見る橋もなかなか壮大である。
最大の難所と書いている記事も見掛けるが、

そこまで恐れる必要はない。

前を向いて走っていればきっと橋は越えられる。


いよいよ橋を渡りだす。
だんだんと勾配のきつさを感じるようになるが、
ここはどんなにスピードを落としても走り切りたいと思うところ。
息を上げながらも走り続ける。
橋の途中で20km、
それにしても5kmごとの地点が
トンネルの中とか橋の途中とか、なかなか面白いところだ。
既に2度走っているのに、いつもより長く感じたのは、
スピードが落ちているせいだろうか。
途中同じ地元の人に声を掛けながら、何とか橋のてっぺんに到達。
ここを下って花海道区間である。
個人的には、浦戸大橋よりも

この花海道区間をいかに走るかが大事だと感じている。

左手に太平洋を見ながらひた走る。
雨の後とあってか、今日はいつもより波が高い。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-21 23:02 | マラソン | Trackback | Comments(0)

高知龍馬マラソン2016 レポート(その1)

さて、いよいよ当日の記事。
だいぶん遅くなりましたが、備忘録程度に書き記したいと思います。

当日、朝6時前に起床、さっと身支度をしてホテルを出る。
前日までの雨も上がっていて、
天気予報によると気温がだいぶん高くなるようだ。
もうすぐ明るくなろうとする頃、電停までの道を歩いていく。
中心部から少し離れたところではあったが、ランナーとおぼしき人を見掛けた。
電停を乗り継ぎ、高知駅まで。
大会にも荷物預かりはあるものの、
大きめのバッグで袋に入りきらない分をコインロッカーに預ける。
車で来ていたらここまですることはなかったが、まあ仕方がない。
駅の喫茶店でモーニングを食べ、
さらに出てからあらかじめ買っていたおにぎりをいただく。
ここから会場までは歩いていける距離。
ランナーをかなり見掛けるようになっていたので、付いていくように歩いていく。
予想外の好天に途中のドラッグストアで日焼け止めを購入。
初めて行く道だったが、会場の城西公園に難なく到着。
荷物預かりに出すべく、公園のベンチ付近で身支度をしたり、
スタート前のキャラメルでの補給をしたりする。
それにしても増えた参加者、

どこも人・人・人の状態だ。

スタート前の挨拶では、第1回の約3倍とか。
そりゃどこも人だかりのはずだ。
こんな人だかりの中でも、
昨日の夕食をご一緒させていただいた知り合いのランナーさんや
初フルマラソンに挑戦するという職場の先輩に会うことが出来た。
荷物を預けた後は、トイレを済ませ、ブロックごとの整列場所へ。
今回はCブロックからのスタートである。
ブロック内でも知り合いのランナーを見つけ、挨拶する。
まあまあ長いこのブロックでの待ち時間、
今日の天気が良かったのでまだ良かったが、
寒かったり雨が降っていたら大変だったと思う。
ブロックごとに移動してグランド通りへ。
開会式セレモニーがあり、だんだんとスタート時間が近づく。
3度目の出場で過去2回はサブ4を達成している大会、

「2度あることは3度ある。」

と密かに期待を持ちつつも、
今日は過去2回ほどのスピードは出ないかもしれないが、
最後まで走り切りたいと思っていると、スタートの号砲が鳴った。
参加者数の多さもあり、スタートゲートまで行くのもなかなかだ。
それにしても沿道にはずらりと人が。
沿道の声援も年々賑やかになっていると思う。
はりまや橋交差点、昨日泊まったホテル付近の交差点を通過し、
国道32号線を一路東へ進む。
それにしても早くもかなりの汗、長袖を着ていたが腕をまくる。
今日の気温が高い証拠である。

今日の天候だと、半袖でも良かったかなと考える。

時間はまだ9時過ぎで曇り、
これから日中にかけてどうなるんだと若干心配になる。
序盤とあって、この辺りでは知り合いのランナーにお会いすることも多い。
先週の愛媛マラソンから2連戦という人も多く、タフだなあと思う。
前回も立ち寄った序盤のトイレに寄っていくことに。
何とか並ばずに済ませることが出来た。
序盤の混雑はあるかもしれないが、
平坦な部分のこの辺りでもスピードが出ていないことを痛感する。
気温が高いとはいえ、前回はこの辺では向かい風が吹いていた。
その分今日はまだ走りやすいコンディションだ。

積極的な姿勢がどうも出ていない。

でも前を行く知り合いのランナーに付いていこうとしても、
付いていけないくらいになっていた。

「給水所以外では歩かない」

ことがまず第一の目標、
タイムはサブ4がもうこの時点で厳しく、
4時間シングル分でどうかなという感じだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-21 22:08 | マラソン | Trackback | Comments(0)

高知龍馬マラソン2016

2月14日に開催された高知龍馬マラソン2016に参加。
前日から高知に行っていた。

バスを降りてから中央公園での前日受付
土砂降りの雨 翌日の天気を心配する。
受付の方も本当に大変だったろうと思う。
c0034228_20283450.jpg

翌日 朝は曇りでだんだんと青空が見えてきた。
少し前の予報で雨の中を走ることを覚悟していただけに、ホッとする。
城西公園の梅の花がきれいだ。
c0034228_20283966.jpg

天気は良かったものの、気温が高かった。
走り出してほどなくしてかなりの汗。
長袖を着てきたことを後悔するくらい。最高気温は20度超え。
水分補給をまめにしたのは言うまでもない。
参加者も第1回の約3倍と多く、混雑の中、スピードを上げられないまま、
ゴールまで走ったという感じである。
c0034228_20284577.jpg

何とか走り切って完走し、競技場周辺で鍋等をいただく。
c0034228_2028508.jpg

完走証
記録は4時間14分23秒(ネットタイム4時間12分2秒)
また0からの出直しである。
レポートはまたぼちぼち書いていきたい。
また、前日入りしてから高知の街・グルメの様子などを結構写真に撮ったので、
あわせてぼちぼち紹介していきたい。
c0034228_20285553.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-16 20:28 | マラソン | Trackback | Comments(0)

今日は愛媛マラソン

今日は愛媛マラソンの日。
テレビの言葉を借りれば、「愛媛が一番熱くなる6時間」である。

当日も普段の週末と同じく、朝からラン。
この時期、朝は寒い。朝のアンパンマン列車、週末の定番だ。
c0034228_2233340.jpg

今日はバイパスを含むコースも一部走ったものの、
スタッフの人がぼちぼち出ていたり、
走り終わる頃には早くも交通規制がかかりだしたので、
近場をぐるぐると。
あ、今日はさすがに走っている人には合わなかった。
その代わりに、スタッフや
ボランティアのジャンバーを着た高校生などにはたくさん出会った。

テレビでスタートの瞬間を見つつ、買い物を済ませ、
11時過ぎに自宅を出てコースへ向かう。
まずは19km地点手前の新難波橋にて声援を送る。
c0034228_2233991.jpg

ここは沿道の人も少なく、ランナーが良く見える。
c0034228_2234547.jpg

知り合いもたくさん走っており、エールを送る。
c0034228_2235537.jpg

走っている人から逆に見つけられることも多かった。応援者としてはまだまだだ。

ある程度の時間を見計らって、
今度は折り返しが終わって、
再び国道196号線に出てくる27km手前の交差点付近で声援。
c0034228_224196.jpg

この付近は沿道の人もなかなか多かった。
何とか2回声援を送ることが出来た。
懸命に走るランナーから元気・挑戦する勇気をいただいた。
c0034228_224730.jpg

c0034228_2241397.jpg

さて、来週はいよいよ自分の番。
不安ももちろんあるが、今日いただいたパワーで最後まで走り切りたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-07 22:06 | マラソン | Trackback | Comments(0)

長距離練習

とある日、自宅から平田の坂までの往復ラン。
平田の坂の頂上付近にある道路を跨ぐ橋に寄り道しての撮影。
c0034228_21514598.jpg

途中のコンビニにて水分等の補給。
帰りが向かい風でなかなかきつかった。
日によって風があったりなかったり、向きもバラバラなので、
なかなか対策しづらいが、とにかく前を向いて走るしかない。
c0034228_21515337.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-02-03 21:54 | マラソン | Trackback | Comments(0)

高知龍馬マラソン 決意表明

先日、来月2月14日開催の高知龍馬マラソンのゼッケン引換券等が届いた。
c0034228_22561870.jpg

スタートはCブロック、以前出た時はBブロックだったが、
一つ後ろになったのは、参加人数が増えたからか。

正直、今の走力では、記録更新はおろか、

サブ4もウルトラC(!!)級の難しさだ。


ここはやれるだけのことはやってみたい。
ゼッケン番号は2973。
語呂合わせは難しいが、あれこれ考えた末、

「にく」(肉)は「なみ」(並)にしときなさいよ、

というふうにとる。
食べ過ぎには要注意だ。
c0034228_22203461.jpg

高知までの距離を考慮して、今回は前泊予定。
先のウルトラCはパッと思いついたが、
今時こんな言葉を使う人はいない。
いや、いないどころか、
もう知らないという人の方が多いのではないか。
ここはちょっともじって、ビタミンCなどの栄養をしっかり取って、
「Ultra Soul」で走り抜きたいと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-01-30 22:22 | マラソン | Trackback | Comments(2)

あの坂を越えれば…

年末年始の間に1回は走っておかないとと思っていた
愛媛マラソン名物の「平田の坂」。
自宅からちょっと頑張って走ってきた。
かなり久しぶりだったが、実際走るとやはり長い!!
ゆっくりでも走り続けられたのが救い。
c0034228_2115943.jpg

坂を下ってのコンビニで給水等を行う。
ここまで走ってきて、ここから走って帰るのだから、
このくらいは食べても問題ないはずだ。
c0034228_21151482.jpg

帰りは、少しペースの速い人に付いていこうとして疲れ果て、
若干歩いてしまったが、まあいい練習にはなった。
今週末の30km走も頑張りたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-01-05 21:17 | マラソン | Trackback | Comments(0)

人気の「おしるこ」

週末のとある日、昼からのラン。
立岩川沿いの菜の花もだんだん咲き始めているところだ。
c0034228_2313094.jpg

折り返し地点経由で30km地点までやってきた。
決してスタートからここまで、30km走って来たわけではない(笑)。
この日は風が強い。南向きが向かい風。
c0034228_2313619.jpg

フジ夏目店の自販機。
おしるこをいただこうと思ったが、何と売り切れ!
う~~ん、皆結構買っているんだな。
c0034228_2314194.jpg

隣のココアをいただくことに。
c0034228_2314621.jpg

自宅近くまで戻ってきて気になる看板。
「711m」とあるが、
これは明らかにセブンイレブンの店名を意識したもの。
実はもっと距離はある。
以前にも「1,111m」というのを見たことがあったし、
セブンイレブンの案内看板は、この類のものが多いのか。
c0034228_2315236.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-12-29 23:01 | 風景 | Trackback | Comments(0)

ぼちぼち走る

とある日のラン
この日は、ちょっと頑張って堀江方面まで。
35km地点近くにある名物の私設エイド。
試走ランナーにもこんなサービスがあるなんて、
これぞ真のおもてなしと言えるのではないだろうか?
感謝しながら1杯いただく。
c0034228_22584992.jpg

堀江海の駅 うみてらすまで走って来た。
一つの区切りになるところのため、時々来ている。
c0034228_2258558.jpg

給水・給食を兼ねての「金のおしるこ」。
ちなみに金と銀とがあったら、自分は間違いなく銀を選ぶ方である。
c0034228_2259186.jpg

みなと食堂
ここの鍋焼きうどんも有名らしいがまだ食べたことはない。
今度お腹を空かせて行ってみようかな。
食べ過ぎて走って帰れなくなるかもしれないのがちょっと心配だ。
c0034228_2259694.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-12-29 22:59 | マラソン | Trackback | Comments(0)

坊っちゃんランランラン レポート(その3)

随分と手抜きのレポートになってしまいました。
ですので、適当に流す程度にご覧いただければ幸いです。

さすがにだんだんランナーもばらけてきて、走りやすくなってきた頃、
ここで一つのことを思い立つ。

「今まで通りの走りでもゴールは出来るが、

ここからは抜くことはあっても、

抜かれない勢いで走ってみよう。」と。


やっとのことで若干のスピードアップ。
15km地点通過、もう目標に向かってひた走るしかない。
坊っちゃんスタジアムが見えてくるとゴールを意識するが、まだ先だ。
給水所付近では歩いたが、それ以外はペースアップ。
ぼちぼちではあるが、前を走るランナーを抜きながら走る。
抜かれまい、抜かれてはなるまいと思っていても
結局は後半スパートをかける人もいるようで、何人かには抜かれた。
しかしそれを遥かに上回るだけ抜くことが出来た。
第4折り返し地点まで来るのにも結構走ったなあと思うだけあって、

帰りもなかなか目標まで辿り着かない。

スタジアムが小さくも見えない。

景色の変化もなく、ひたすら我慢の走りを続けるしかない。


前を行くランナーだけが目標だ。
あと5km、3kmの看板を通過する時に、ゴール時間を意識する。
大体の時間が読めてくる。
ペースアップしていることがわかる。
そしてようやく見えてきたスタジアム、
c0034228_20441234.jpg


ハーフと言えども結構長いことを改めて実感する。

橋を渡り、スパートをかけようとするが、
普段の走りから脱することが出来ない。
普段していないことをしようとしても、早々出来るものではない。
道なりに走ってマドンナスタジアムの東側、沿道の声援があるところ、
声援に応えながらラストスパート、
そしてスタジアムの中に入り、ゴール!

思っていたより長い走りになった。

ゴール後はドリンクをいただき、完走証をいただいた後、
c0034228_2131444.jpg

帰途につこうとするが、
ふと目に入ったテントを見ると、お楽しみ抽選が行われていたようで、
当選者のゼッケン番号が掲示されていた。
何気なしに見ていると、

何と何と!!自分のゼッケン番号があるじゃないか!!

びっくりしつつも、しっかりゼッケンを提示して商品を受け取る。

「次は頑張れよ!」と言われているようだった。

その後は着替えをして帰途につく。
c0034228_20433673.jpg

なかなか距離が踏めていない今日この頃であるが、
次の大会までには、少しでもスピードアップできるよう頑張りたい。

※遅れ馳せながらの長文ご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-12-18 20:37 | マラソン | Trackback | Comments(0)