タグ:ニュース ( 43 ) タグの人気記事

フィギュアスケート、日本勢の大活躍に思う

<世界フィギュア>安藤美姫が優勝 浅田真央は銀

フィギュアスケートの世界選手権で
日本人選手が金・銀を獲得するという快挙を成し遂げた。
この2人の演技はテレビで見ることが出来たのだが、
それまでの選手が次々と演技途中で転倒するなど
本当に

リンクに魔物がいるんじゃないか

と思わせるような不思議な空気が漂う中、
安藤・浅田両選手は
あの見事なトリプルアクセルをはじめ、
全体を通して完璧な演技じゃなかったかと思う。

話が逸れるが、
自分なら演技が終わった後
リンクに投げられる花束を拾う役すら

実はとても及ばないほどだ。

演技が終わった時には両選手とも
それまでの緊張の極限に達していた状態が解かれ、
一瞬ほっとした表情、その後は感極まった状態になっていた。
普段あれだけのたゆまない練習を積み重ねていても
他の人の演技を見ている時から、
相当のプレッシャーが掛かり、緊張状態にあるのだろうと思う。
そんな状態を乗り越えて勝ち取ったメダルである。

今後のオリンピックもメダルを十分に狙える位置にあると思う。
さらなるレベルアップを図り、トリノでの荒川静香選手に続く
日本勢金メダルを獲得して欲しいものと
早くも期待を膨らませている。
そして我々も注目し、応援していきたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-03-25 00:44 | 雑感 | Trackback | Comments(6)

東京マラソンに思う

人気blogランキングへのクリック、よろしければお願いします。

近週1回のトラックバックのタイトルが

「~に思う」

というのに定着してしまっている。
何かもっと見ている人の心に染みるような
タイトルを考えるべきところではあるが、
中身の文章をもっと考えようということで
タイトルはありきたりのないものになっている。すいません。

雨の首都、3万人が駆ける 初の大規模、東京マラソン

日は東京マラソンが行われた。
開催前からとにかく大規模な大会として注目を浴びていた。
参加ランナー総数3万人超、
それを支える市民ボランティア、救護体制に就く医師・看護師の数も
一般的なマラソン大会とは比較にならないほどだ。

らに参加者だけではなく、
一般の公道を使用しての大会なので、
周辺の交通規制がこれまたすごい。
交通の大動脈が敷かれている首都であるから、その影響たるや半端ではない。
有名観光地周辺でも6時間通行止めだとか…。
何せ規制も大規模にならざるを得ないのだ。

れより何より個人的に驚いたのが
朝起きてテレビを見たら

もうランナー達が走っていたことである。

一般的にマラソンと言えば
正午スタートが多い。ついついその感覚が染みついてしまっていた。
とにかく道路いっぱいに広がるランナーの姿が印象的だった。

果はニュースのとおりであるが、
個人的に注目したのは
この大会が有森裕子選手のラストランのレースであったことだ。
バルセロナ、アトランタとメダルを獲得し、
「自分で自分をほめてあげたい」の名言を残した彼女が引退する。
笑顔で走っているのをブラウン管を通してみた。
この後、転倒というハプニングに見舞われるが、

「はってでもゴールする」

というその気迫、執念は
心から褒められるべき行為であると思う。
本当に走ることのが好きな、
そして走ることのすばらしさを伝えてくれた選手だと思う。

なみにこの中継を見て
一度出てみたいと言っていた某氏、
かつて北海道マラソンや地元でのマラソン大会を完走したその健脚を
再び見せて欲しいものである。

規模な大会にありがちな
バラバラになることなく
悪天候の中であったが、
参加者、ボランティア、沿道で声援を送る人が一つになった、
日本のマラソン史上に新たな1ページを築いた大会だったと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-02-18 22:53 | 雑感 | Trackback(3) | Comments(2)

タレントの政治家転進に思う

<参院選>自民党、郷ひろみさんに比例代表の立候補を打診

週の初めからすごいニュースが飛び込んできた、
と言いながら今日の朝、「めざましテレビ」でもしていたな。

ところで、郷ひろみでイメージするものと言えば、
かなり前の歌では、
慌てないで、お嫁サンバ♪のフレーズで知られるお嫁サンバ、
そしてちょっと前では(といってももう10年近くなるが…)

「ア・チ・チ!ア・チ!♪」

のフレーズで有名な「GOLDFINGER’99」などのリズミカルな歌である。
もちろん、バラードも歌うのであるが、

何故に郷ひろみなのだろうか?

これまでも藤原紀香に打診して断られるなどしているとのことだが、
一体打診の基準は何なのだろうか?知名度?人気?
前もって書いておくが、私は政治の世界を知らない。
その上で自分の思いを書きたい。
知名度も確かに重要ではあるだろうが、
知名度だけで選んでいいのかという疑問が常に残る。
やはり選挙に出るのなら、「私ならこうします、こう変えます」と
自分の言葉でアピールできるもの、
今、流行の言葉で言えば、「マニフェスト」を
はっきりと持ったうえで、出るべきではないかと思う。


「宮崎どげんかせんと」 東国原知事、議会初登場

ちなみに「マニフェスト」に関して、
同じタレント出身でも宮崎県知事に就任している
東国原英夫(そのまんま東)氏は異色であると感じている。
もちろん知名度もあるとは思うが、すごく勉強熱心で
候補者の中で数値目標も記載するなど
最も明確なマニフェストを打ち出していたとされている。
ちなみに就任後はテレビ出演もかなりしているようで、

何と昨日だけで3回、生出演しているのを見た。

見ていると知事としての重責を感じているのか、
タレント時代と顔つきも違っている。
就任当初から鳥インフル、副知事人事など難局に遭遇し、
さらに今週からは注目の議会も始まり所信表明を行うなど
大仕事が待っているが、
これからの手腕に注目したいところである。

タレント出身議員、タレントの政治家転進が全て悪いとは思わない。
もしかしたら私がその人の人となりをよく見ていないだけかもしれない。
が、しかし、今、知名度や人気という
安易な基準で乗り切ろうとしていないだろうか?
また、我々も知らぬ間にその風潮に乗せられてはいないだろうか?
もっと社会への関心を強くしないとと思ったひとときであった。


(2月14日追記)
今日になって改めてニュースを見ていると、
郷ひろみについては何か出馬の可能性が低いとか・・・。
単なる噂が先行したということか?
(2月15日追記)
東国原英夫(そのまんま東)知事に関する記述を追加。


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-02-14 00:08 | 雑感 | Trackback | Comments(6)

さっぽろ雪まつりに思う

今日は暖かかったです。
朝家を出る時にここ最近は

「寒っ!」

と感じるのですが、
今日は

「あれ、暖かいぞ」

とはっきりと体感できるほどでした。

さて、今日から世界的にも有名な祭りとして知られている、
さっぽろ雪まつりが開幕した。
あちこちのニュースサイトで記事として取り上げられている。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070206-00000506-yom-soci

さっぽろ雪まつりが開幕 雪不足や降雨乗り越え

雪まつりには今までに通算で二度+α行ったことがある。
参考までに過去の記事を。

そう言えば、札幌雪まつり

一番初めに行った時は、昼でもマイナス5度くらい、
おまけに途中からは吹雪だして寒いことこのうえなかったが、
雪・氷の芸術作品の数々に感銘を受けた記憶がある。
c0034228_20382895.jpg

後ろに見えているのがテレビ塔だと思う。
c0034228_20384024.jpg

2回目に行った時は、北海道にしては暖かく
通しで2~3度という天気。
ここ四国なら寒い寒いと言っているのだが、
北海道では暖かい天候なのだ。
せっかくの雪像の中には溶け出しているものも…。
c0034228_20385165.jpg

そしてプラスαとは開幕前日に行ったことがある。
大作の一部を垣間見ることができた。

そして今年は昼間の気温が5度で何と霧雨も降ったとか…。
雪の少なさにしても温暖化の影響が確実に現れていることを感じさせられる。
今年も多くの観光客を魅せるような雪や氷の芸術作品の数々のようだ。
今年の大雪像は南極や沖縄をテーマにしたものらしい。
天候がもってくれることを祈りたいものだ。
あ~、こういう記事を見ているとまた行きたくなってきたよ~。!

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-02-06 20:46 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

鳥インフルエンザ問題に思う

鳥インフル対策で国に初要望 宮崎県の東国原知事

今や社会問題になって
新聞を賑わせている問題の一つである
「鳥インフルエンザ」問題。
今年に入り、宮崎・岡山で相次いで感染事例が報告され、
地元自治体では対処に追われている。
今日昼休みに職場の人と話していて、

「鳥インフルエンザって、どんな影響があるん?」

と聞かれ、

「さあ、どうなんでしょうねえ。」

としか答えられなかったfujitaka_1。

さすがにこのままでもまずいと思ったため、
これを機に調べてみることにした。

鳥インフルエンザ、
今話題になっているものは、正確には「高病原性鳥インフルエンザ」と言う。
高病原性鳥インフルエンザとは、
家畜伝染病予防法で定められている、
以下の1)~3)のいずれかにあてはまる
A型インフルエンザウイルスの感染による鶏、あひる、うずら、七面鳥の病気とのこと。
1)静脈内接種で鶏を高率に死亡させる鳥インフルエンザウイルス
2)HA蛋白の開裂部位のアミノ酸配列が強毒型のウイルス
3)病原性の高低にかかわらず全てのH5あるいはH7亜型の鳥インフルエンザウイルス
(動物衛生研究所HPを要約)

う~む、

医学(?)用語続出で難し過ぎる…。

で、鳥の影響もさることながら、人への感染事例も過去には報告されており、
付近住民・生産者ひいては社会全体への多大な影響も懸念されるのだ。
しかし鶏卵、鶏肉を食べることにより、
鳥インフルエンザウイルスが人に感染することは世界的にも報告されてないとのこと。
何かと悪い影響ばかりが先立ち、風評被害につながることがあるが、
こういう時こそきちんと情報を収集し、対処しないといけないと思う。
人の噂だけで行動してはならないと思う。
なお、今のところは消毒・処理・地域への情報提供など
早急な対応がなされているようである。

ところで、宮崎と言えば鶏の名産地として知られている。
過去にはfujitaka_1も宮崎へ行った際に
駅弁で食べて美味しかったのをはっきりと覚えている。
ちなみにその時の様子はこちら。

日向鶏弁当(宮崎駅にて)

ちなみに宮崎と言えば、
先日の知事選で東国原英夫(そのまんま東)氏が就任したことで
何かと話題になっている。
元タレントとか、知名度は高いとか言われているが、
しっかりと勉強し、マニフェストを出している候補であったと思う。
知事就任早々、山積みの問題にさらに問題が降りかかったという感じであるが、
早速宮崎のPRなど問題の対処に動いているようだ。
今後、国・関係機関とも連携し、問題解決に向けた手腕に注目したいところである。

またまた長文になってしまいました。すいません…。
人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-01-29 23:37 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

世界遺産の価値とは…

<世界遺産>暫定リストに「富士山」など4件追加 文化庁

え~、原則週1回のトラックバックを早くも破ってしまったが、
ここはどうしても一言書いておきたかったので、書かせてください。

日ニュースでしていたのだが、
文化庁が世界文化遺産登録の第1ステップとなる暫定リストに
富士山など4件を追加したとのこと。
ご存知の方も多いと思うが、
世界遺産とは、
「ユネスコが決定する顕著で普遍的な価値のある文化遺産・自然遺産」
のことである。

は、今年から私が回っている四国八十八箇所霊場・遍路道も
四国四県の経済界の強い推薦で
この暫定リストへ登録するよう働きかけがなされていた。
今回文化庁の決定は、四国遍路については「継続審議」であるとのこと。

、私の意見であるが、
この四国八十八箇所の登録へ向けた動きには
実は疑問を感じている。
理由はいくつかあって、
ず「世界遺産」ということで訪問者が増え、
地域の活性化につながるという意見、
確かにそう思うのも最もだが、
何か「世界遺産」だけが一人歩きしていないだろうか?
「世界遺産だから来てみた」「有名だから一度来てみたかった」
どうしてそうなったのか、そこに辿り着くまでの過程、
そこで学ぶべき歴史・文化・自然の尊さというものが忘れ去られやしないか…。

た霊場は修行の場として設けられたもの、
最近は観光目的で訪れる人も多いが、
本来は何かに悩み、傷を負い、あるいは自らを見つめ直したいと思う人たちが
巡拝を通して「自分探し」の旅をする、そんなものじゃないだろうか。
遺産登録でその本来の目的が薄れやしないだろうか?
本来価値というのは、自ら見出すべきものではないのか?
何だか大げさに書いているようにも見えるが、自分はそんな危惧を抱いている。

後どのような動きになるかはわからない。
また自分自身世界遺産の価値を十分知らずに書いていて
推進されている方にとっては申し訳ないと思う気持ちもある。
今後の動向に注目したい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-01-23 23:49 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

「納豆問題」を考える


c0034228_022243.jpg

日は最近何かと注目されている納豆問題について書きたい。
だからいきなり納豆の写真を撮ってみたりした。
ちなみに私はかつては納豆嫌いで
ほとんど口にしなかったが、最近好みが変わってきたのか
平気で食べられるようになり、よく食べている。

<あるある大事典>「納豆ダイエット」はねつ造 関西テレビ

置きはこの辺にして、
「あるある大事典」と言えば、
健康ブームに乗っかった形で、現在高視聴率を維持している番組の一つである。
この番組で納豆のことが放映されて以降、
スーパーなどで納豆の売り切れが続出するなどの社会現象があったが、
番組が捏造していることが判明し、社会全体に多大な影響が出ている。
個人的にも湧き上がる「納豆ブーム」を受け、
そろそろ何か記事を書こうと思っていたのだが、
こんな形で書くこととなり、ちょっと衝撃を受けている。

ずは制作側の問題、
データ・被験者・大学教授などあらゆる場面で捏造をしていたとのこと。
番組上での演出を超えた「やらせ」が問題になり始めて久しいが、
これだけの捏造が明らかになったのは今まで聞いたことがない。
視聴率稼ぎの問題だけでは済まない。
経済・社会に大きな影響を及ぼし、
特に視聴者を翻弄するのも甚だしいと思う。
これから調査委員会が開催されるとのことだが、
どのような過程でこの捏造が行われたのか、目的は何だったのか
解明されていくことと思われる。
なお、その影響の大きさから、
スポンサーの降板など
番組自体の存続も危ぶまれているところである。

かしながら制作側の問題だけではなく、
視聴者を含めた社会全体にもブームを作り出した責任があるのではないか。
ブーム自体は別に悪いこととは思わないが、
自覚をとかく忘れがちで流された情報を鵜呑みにするなど、
ブームに流されてはいないだろうか?
健康にしろ何にしろ、全て自分に合うとは限らないのである。

の問題を契機に
流行というものが自分にとってどうなのか、
まず考えることが今求められているのではないだろうか?

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-01-22 00:26 | 雑感 | Trackback | Comments(8)

成人の日に思う

新成人、過去最低の1% 各地で門出祝う式典

回からそんなに日が経っていないのに、再びトラックバック。
週が違っているので、勘弁してください。(汗)

日は成人の日である。
この日をはじめとして
この3連休は各地で成人式が開催され、全国的に成人を祝うムードに包まれた。
ちなみに自分の住んでいる市では、昨日式を開催したようである。
またディズニーランドで有名な千葉県の浦安市では、
ディズニーランドで式を開催したとか…。
うらやましいような、何か違和感を感じるような複雑な気持ちだ。
さらに、財政再建団体への移行を表明した夕張市では
昨日であるが、手作りの成人式が行われ、
思い出に残るものとなったとのこと。

たこの時期になると必ずニュースになるのが、
荒れた成人式の様子である。
一時期ほどではないものの、毎年警察の出動がある。
目立ちたい、人の目を引きたいという気持ちもあるのだろうが、
こんな場ですることではないと思う。
もっと他の行動・思いで自分が出せるのではないのか?
また大人になればなかなか自分の思い通りにはいかなくなる。
体力的にも、精神的にも…。
年を取るにつれてその思いを強くしている。

れにしても
今年の新成人の全人口に占める割合が、100人に1人というのには驚いた。
車の中で聴いていたラジオでも何度も言っていたが、
少子高齢化が進んでいる何よりの証拠であろう。
新成人の数はピーク時の半分に満たないとか…。

れからの将来を担う新成人、
少子高齢化の中で負担は大きくなるばかりであるが、
「大人の仲間入り」という自覚を持って行動してもらいたいものだ。
成人を迎えた十数年前に大した自覚も持たず、
今になって反省している自分を戒める意味も込めてこの記事を書いている。

以上成人の日について、徒然なる思いを書いてみました。
長文すいません。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-01-08 22:18 | 雑感 | Trackback | Comments(6)

今年の10大ニュースに思う

安倍政権誕生がトップ 10大ニュース、国際は北朝鮮の核実験

年末のこの時期になると毎年発表されるのが、
今年の10大ニュースの類である。
自分自身で考えてみても
やはり政権(首相)交代が一番に思いつくニュースだと思う。
まだこれから乗り越えなければならない壁はたくさんあるが、
初の戦後生まれ首相の今後の活躍に注目したいところだ。
それ以外では、何かと暗いニュースが多かったように思う。
いじめ自殺、未履修問題など教育関連のニュース、
さらに北朝鮮の核実験、そして今なお猛威を振るうノロウイルス…、
一時期注目を集めたホリエモン、村上ファンドに捜査が入ったことも
今年なのだ。
明るいニュースはないのかと探してみると、
WBC制覇、悠仁さま誕生、荒川静香金メダル獲得など
スポーツ界を中心にある。
ただ一方で中田英寿、新庄の引退など
「もったいない、まだやれるのに」とも思われる出来事もあった。
さて、過去は過去、
振り返るのはこの辺にして、
来たるべき2007年が明るい話題で包まれることを願いたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-12-24 23:53 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

ガソリンは相変わらず高いが…

<ガソリン小売価格>全国平均は1リットル144円で横ばい

相変わらず高いですね~、ガソリン、
原油価格の高騰の影響は大きいものです。
このブログで先日、
高速道路のSAの給油所が安いという記事を書いたものの、
その後高速に乗る用事も無く、
わざにガソリン入れに行くために高速というのも
通行料やらでかえって高くつきそうなので、
そろそろ燃料切れという時、街のガソリンスタンドへ。
そこはいつも入れているところではなく、
まあ高いんだろうなあとは思っていて、
予想どおり1リットル当たり144円であったが、
何と帰りがけにティッシュをもらった。しかも箱で!
ちなみに昭和シェル石油でした。(下の写真は領収書を切り取ったもの)
c0034228_20563280.jpg

もらったティッシュの箱
c0034228_20564167.jpg

昭和シェル石油の業績がいいのか、
ガソリン値段高騰でせめてもの景品のつもりか、
はたまた給油したところが紙の町だからか、
いろいろと予想はできるが、真実はわからない。
しかしティッシュペーパーも原油高の影響受けているはずなのに、
まあちょっと得をしたと考えればいいのかな?

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-08-16 21:00 | 雑感 | Trackback | Comments(2)