まんがでわかる論語

まんがでわかる論語 斎藤孝 著(あさ出版)
c0034228_2175687.jpg

中国四書の一つで孔子の言行録である「論語」。
以前、ちょっと関心を持って手に取った本がこれだった。

声に出して読みたい論語 斎藤孝 著(草思社)
c0034228_2181160.jpg

論語から選び出した100の言葉が掲載されている。
「朋あり、遠方より来る、亦た楽しからずや」
「巧言令色、鮮なし仁」・・・
と出てきて、
「うんうん、何か聞いたことあるフレーズだ。」
「短い言葉ながら、なかなか奥が深いなあ。」
なんて思いながら1日数フレーズずつ読んではいたものの、

途中であえなく挫折。

昔の漢文のイメージが強く苦手意識が残っているのと、
一つひとつのフレーズの意味が高尚で、

「こんな理想にはまった行動が、

そうそう出来るもんじゃない!」


という思いがあった。

本を積んでからだいぶん経って、マンガ本をコンビニで発見。

「これなら気軽に読み進められるんじゃないか。」

と思い、早速購入。
かつては天才少年と言われたものの、
事故をきっかけに一度ピアノへの道を断った高校生湊草平が
ふとしたことから入部することになった音楽部での活動、
部内の人間関係などを通して成長していく姿を
論語を織り交ぜながら紹介するもの。
1章ごとに出てきた論語の訳と意味があり、
最後に紹介しきれなかった論語がどんどん出てくる。
論語の中には、既にことわざとして身近に使うもの、
よく使われる言葉も意外に多いことがわかった。
40歳を迎えた時によく使った

「四十にして惑わず」なんてのも論語の言葉である。

う~ん、本を通して「論語」がちょっとは馴染みのあるものになったが、
このマンガ本さえも、途中でちょっと中断してたくらいで、
「このままじゃいかん。」と思い、慌てて最後まで読み通したくらい。
自分の中では、論語のフレーズはやはり高尚であることに変わりはなく、

ちょっとハードルが高いかなと感じる今日この頃である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-22 21:10 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「書道ガールズ」ロケ地巡りラン(その2)

まあまあの坂を上ったところにある
ちょっと変わった形の建物
「瑞華の森古墳」というらしい。
古墳関係にはめっぽう弱く、初めて聞いた。
c0034228_20222369.jpg

残念ながら、中に入ってみることは出来なかった。
c0034228_20222996.jpg

振り返ると、ここまで結構上ってきたことがわかる。
それにしても地元である新居浜市の隣の市であるにもかかわらず、
主な道以外は知らないところばかりだということに気づく。
さらには、映画ロケ地巡りと言いながら、
その映画を見てないので、
巡っているというよりはただただ走っているという感じにしかないのが残念だ。
ここからは高速道路の側道を走るので、またアップダウンの中を走るようになる。
ひぇ~~っ!だんだん暑くなってきたし、大丈夫か??
それにしても参加している皆は凄い。坂も平然と上っている人が多数だ。
c0034228_20223482.jpg

三島公園
ロケ地の表示板も出ており、初めてロケ地巡りをしている感覚に出会えた。
c0034228_20224012.jpg

高速道路からさらに上、眺めはいいが、この時点でかなりきつくなっていた。
c0034228_2022457.jpg

時間の都合で、ここをしばらく過ぎたところで、帰らせていただく。
なかなかきつかったが、いい練習にはなった。
あ、映画も見とかないといけないな。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-20 20:22 | マラソン | Trackback | Comments(0)

「書道ガールズ」ロケ地巡りラン(その1)

四国中央市を舞台にした映画「書道ガールズ」の
ロケ地を走って巡ろうという知り合いのグループに参加した。
本当は、もう少し朝早くから第1部、
四国中央市土居町付近を巡るところからあったのだが、
時間の都合で第2部の川之江~三島間を巡るランへの参加となった。
ゴール地点付近に車を駐車し、合流地点の川之江駅まで走って行く。
う~ん、この時間って、通常ならもうそろそろ走り終えている時間だ。
幸い天気が曇りだったので、まだ走れた。
三島川之江IC付近
c0034228_20162729.jpg

合流地点の川之江駅までやって来た。
先に来ていた参加者としばしのマラソン談義。
いや、初めての人でも何か共通の話題があればいろいろと話が出来る。
c0034228_20163293.jpg

川之江駅から付近をちょこちょこ走って最初の休憩地点であるコンビニに到着。
ここで名物「ガリガリ君」。今季初だ。
まだまだ序盤戦。水分補給も入念に行い、先へ行く。
c0034228_2016387.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-20 20:16 | マラソン | Trackback | Comments(0)

多分、初!スムージー

先日リニューアルオープンした「イオンスタイル松山」にある
スムージーのお店
c0034228_233861.jpg

にんじんフレッシュ 
432円はちょっと高い気もするが、たまにはいいだろう。
おそらく初スムージー!
健康的だが、美味しくいただけた。
c0034228_23314100.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-18 23:03 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

初!タイ料理の店

三津にある「フォーシーズンズ」というお店。
c0034228_2315040.jpg
c0034228_2315913.jpg

初のタイ料理
名物のトムヤンクン!辛さが身体に染みわたるがなかなかいける。
c0034228_232544.jpg

グリーンカレー
先のトムヤンクンで辛さに慣れたか?美味しくいただけた。
c0034228_2321143.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-18 23:02 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

保内町川之石の産業遺産群(その4)

付近をぼちぼち歩いていると、
産業遺産群のメインの建物の一つが見えてきた。
c0034228_2304521.jpg

旧東洋紡績赤レンガ倉庫
c0034228_230516.jpg

残念ながら中に入ることは出来ず外観のみの見学だが、
当時の繁栄ぶりと重みを感じることが出来る。
c0034228_230564.jpg

今回、とっさの思い付きで訪れたが、
今度はちょっと予習をしてから出掛けたいものだ。
c0034228_231155.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-18 23:01 | 風景 | Trackback | Comments(0)

保内町川之石の産業遺産群(その3)

暑い日だったが、川を抜けるような風は気持ち良かった。
c0034228_20362480.jpg

旧川之石浦庄屋二宮家住宅石塀
33mの幅の石塀
歴史と当時の繁栄ぶりを感じ取ることができる。
c0034228_2036308.jpg
c0034228_20363565.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-14 20:39 | 風景 | Trackback | Comments(0)

保内町川之石の産業遺産群(その2)

愛媛蚕種株式会社の建物へ
中は養蚕業の歴史などに関する展示がしてあった。
c0034228_20285921.jpg

木造3階建ての蚕室があった建物
国の登録文化財の指定を受けている。
じっと眺めているだけでその歴史と
在りし日の産業の発展を感じることができる。
c0034228_2029671.jpg
c0034228_20291166.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-14 20:29 | 風景 | Trackback | Comments(0)

保内町川之石の産業遺産群(その1)

聞いたことはあったけど、まだ行ってなかったところの一つ、
八幡浜市保内町の近代化産業遺産を訪れた。
駐車場にあった、町並み散策マップを見て大体の位置を把握。
c0034228_202261.jpg

旧白石和太郎洋館
紡績業と鉱山業で名を馳せた方らしい。
残念ながら中は見られなかったが、曜日を限って見られる日もあるようだ、
今度機会を見て訪れてみたい。
c0034228_20221355.jpg
c0034228_20221961.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-14 20:22 | 風景 | Trackback | Comments(0)

入道雲

とある日の帰り道
実際は写真よりももっと迫力ある雲だった。
ここいら当たりが携帯写真の限界。
夏の風物詩の一つでもある入道雲。
梅雨が明ければ、もっと大きな雲が出現するかも。
そうしたら一句詠んでみよう。
c0034228_2031667.jpg
c0034228_203216.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
# by fujitaka_1 | 2016-07-12 20:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)