<   2016年 07月 ( 28 )   > この月の画像一覧

風早海まつり花火大会

昨年に引き続いての風早海まつり花火大会。
会場までは歩いても10分。
花火写真は、一瞬を捉える必要があり、
「きれい。」と思ってからシャッターを押していてもいけない。
昨年同様、後で見返してみると「ありゃりゃ。」と思うものばかりだが、
まあまあだと思った1枚を早速記事にしておきたい。
c0034228_2232487.jpg

他の写真は、また追々と。
人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-30 22:31 | 風景 | Trackback | Comments(0)

逆打ち遍路ラン(その3)

途中のコンビニにて、「ガリガリ君」を購入。
身体の中から冷やさないとな。
あ、このちょっと前に、
同じマラソンTシャツを着ていたランナーさんとエール交換、
きつかったが、ちょっとだけ元気になれた瞬間。
c0034228_2032730.jpg

道後温泉本館
多くの観光客の間をすり抜けるようにアーケードを進み、先を急ぐ。
c0034228_20321325.jpg

道後温泉から1km余りで石手寺到着。

週末遍路~五十一番札所 石手寺(その1)(松山市)~(2007年2月26日投稿)

以前訪れた時の記事でも書いたが、ここは参拝客が多いことで有名だ。
暑い時期にもかかわらず、駐車場からの参拝客も多い。
c0034228_20322077.jpg

本堂
c0034228_20322578.jpg

三重塔
c0034228_2164236.jpg

スポドリに飽きたらお茶の給水もいいもんだ。
だいぶん日が昇ってきて気温も上昇、
道後温泉前まで行けば、市内電車もバスもある。
随分迷ったが、思いのほか風もあるし、アップダウンも無い平坦な区間。
全行程25.5km、何とか最後まで走り切ることができた。
c0034228_20324549.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-29 20:32 | 風景 | Trackback | Comments(0)

逆打ち遍路ラン(その2)

円明寺から約2kmで52番札所の太山寺へ。

週末遍路~五十二番札所 太山寺(松山市)~(2007年7月3日投稿)

山門
9年前にも訪れているはずだが、実はあんまり覚えてない。
c0034228_20292877.jpg

それでも本堂への道を上がるにつれて、だんだん思い出してきた。
ここは本堂までの距離が結構長い、そして上り坂。
先のことを考えて、しばし歩く。
そして石段を上り、いよいよ本堂へ。
c0034228_20293479.jpg

本堂
円明寺~太山寺と来ている人は結構多いようで、
さっき見かけた人に再び会ったりした。
まあランで来ているのは、自分くらいだが。
c0034228_20293927.jpg

次の石手寺までがちょっと長丁場。
今日は曇りの天気だが、それでも暑い。
水分補給が欠かせない。
c0034228_20294435.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-29 20:29 | 風景 | Trackback | Comments(0)

逆打ち遍路ラン(その1)

今年は逆打ちでの遍路巡礼が御利益があるというのを聞いたのと、
以前、FBつながりの人が
市内の札所8か所をランで回られたという記事を拝見していたこともあり、
それらを組み合わせて逆打ちランをしてみようと思い立った。
ただし、時間や距離や気候を考えると、
一度には行けそうにないので、分割で。
まずは、松山駅起点に円明寺~太山寺~石手寺を回ってみようと考えた。

実は一度車では回っている88カ所の札所。
まさか市内と言えどもランで回るとは思わなかった。

まずは53番札所の円明寺 市内から約6km、意外と近い。
一度行った時の記事がこちら。

週末遍路~五十三番札所 円明寺(松山市)~(2007年7月3日投稿)

実はここはランでも行ったことがある。
直線の道なり上にあり、割と行きやすいのだ。
お寺の周りが森に囲まれたような風景で、なかなか良い!
山門
朝9時頃だったが、既に多くの人が訪れていた。
c0034228_20272384.jpg

中門
c0034228_20272936.jpg

本堂
c0034228_20273424.jpg

さて、ここから次の太山寺を目指す。
まあ、目指すと言っても道は一本だし、そんなに遠くない。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-29 20:27 | 風景 | Trackback | Comments(0)

ベストショット!

とある日の朝ラン中、
踏切停止中に撮った「いしづち」がよく撮れた。
c0034228_20102864.jpg

この夏の給水の定番、「いろはすサイダー」
これでちょっとでも暑さをしのぐぞ!!
c0034228_20103319.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-27 20:10 | 風景 | Trackback | Comments(0)

海の日の海

だいぶん前の話だが、海の日の朝ラン。
近くの海がこんなにきれいだったんだ、と再発見出来た日。
c0034228_2062361.jpg

ちなみにこの日に梅雨明けが発表されたんだっけな。
日が昇ってきて暑い。給水は欠かせない。
c0034228_2065375.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-27 20:07 | 風景 | Trackback | Comments(0)

宇和島土産のお菓子

道の駅「きさいや広場」で買ってきて
冷蔵庫に保存しておいたのはいいけれど、
もうすぐ消費期限だった!
ということで慌てていただきました。
単品でいろいろな種類を買えるのはいいですね。
c0034228_2042589.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-27 20:05 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

ウォーキング中

今日の朝の話。
用事前にぶらり出かけた近所のウォーキング中、
「これはバッチリいい写真が撮れたぞ!」と喜んだのも束の間、
先頭車両がきれいに写ってない、残念!
また挑戦あるのみ!
c0034228_21595782.jpg
c0034228_220195.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-23 22:01 | 風景 | Trackback | Comments(0)

まんがでわかる論語

まんがでわかる論語 斎藤孝 著(あさ出版)
c0034228_2175687.jpg

中国四書の一つで孔子の言行録である「論語」。
以前、ちょっと関心を持って手に取った本がこれだった。

声に出して読みたい論語 斎藤孝 著(草思社)
c0034228_2181160.jpg

論語から選び出した100の言葉が掲載されている。
「朋あり、遠方より来る、亦た楽しからずや」
「巧言令色、鮮なし仁」・・・
と出てきて、
「うんうん、何か聞いたことあるフレーズだ。」
「短い言葉ながら、なかなか奥が深いなあ。」
なんて思いながら1日数フレーズずつ読んではいたものの、

途中であえなく挫折。

昔の漢文のイメージが強く苦手意識が残っているのと、
一つひとつのフレーズの意味が高尚で、

「こんな理想にはまった行動が、

そうそう出来るもんじゃない!」


という思いがあった。

本を積んでからだいぶん経って、マンガ本をコンビニで発見。

「これなら気軽に読み進められるんじゃないか。」

と思い、早速購入。
かつては天才少年と言われたものの、
事故をきっかけに一度ピアノへの道を断った高校生湊草平が
ふとしたことから入部することになった音楽部での活動、
部内の人間関係などを通して成長していく姿を
論語を織り交ぜながら紹介するもの。
1章ごとに出てきた論語の訳と意味があり、
最後に紹介しきれなかった論語がどんどん出てくる。
論語の中には、既にことわざとして身近に使うもの、
よく使われる言葉も意外に多いことがわかった。
40歳を迎えた時によく使った

「四十にして惑わず」なんてのも論語の言葉である。

う~ん、本を通して「論語」がちょっとは馴染みのあるものになったが、
このマンガ本さえも、途中でちょっと中断してたくらいで、
「このままじゃいかん。」と思い、慌てて最後まで読み通したくらい。
自分の中では、論語のフレーズはやはり高尚であることに変わりはなく、

ちょっとハードルが高いかなと感じる今日この頃である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-22 21:10 | 読書 | Trackback | Comments(0)

「書道ガールズ」ロケ地巡りラン(その2)

まあまあの坂を上ったところにある
ちょっと変わった形の建物
「瑞華の森古墳」というらしい。
古墳関係にはめっぽう弱く、初めて聞いた。
c0034228_20222369.jpg

残念ながら、中に入ってみることは出来なかった。
c0034228_20222996.jpg

振り返ると、ここまで結構上ってきたことがわかる。
それにしても地元である新居浜市の隣の市であるにもかかわらず、
主な道以外は知らないところばかりだということに気づく。
さらには、映画ロケ地巡りと言いながら、
その映画を見てないので、
巡っているというよりはただただ走っているという感じにしかないのが残念だ。
ここからは高速道路の側道を走るので、またアップダウンの中を走るようになる。
ひぇ~~っ!だんだん暑くなってきたし、大丈夫か??
それにしても参加している皆は凄い。坂も平然と上っている人が多数だ。
c0034228_20223482.jpg

三島公園
ロケ地の表示板も出ており、初めてロケ地巡りをしている感覚に出会えた。
c0034228_20224012.jpg

高速道路からさらに上、眺めはいいが、この時点でかなりきつくなっていた。
c0034228_2022457.jpg

時間の都合で、ここをしばらく過ぎたところで、帰らせていただく。
なかなかきつかったが、いい練習にはなった。
あ、映画も見とかないといけないな。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2016-07-20 20:22 | マラソン | Trackback | Comments(0)