<   2014年 06月 ( 25 )   > この月の画像一覧

しまなみ海道ウルトラ遠足 レポート(その3)

もうすぐ因島大橋へ
c0034228_071483.jpg

因島大橋は2段になっており、歩行者・自転車は車道の下を走るようになる。
c0034228_073199.jpg

階段部分は歩いたが、橋と橋を渡りきっての下り坂は全て走り、
2つ目の島である因島へ。
坂を下りきったところで太鼓の音が。そこが7つ目のエイドだった。
ここではしまなみウルトラ名物、生搾りオレンジジュースがいただけるところだ。
c0034228_07547.jpg

着いて早々いただく。

これは評判通りの美味しさだ!!

あんまり飲み過ぎてもいけないが、ついついお代わりまでいただいた。
給水後しばらくは海岸沿いを、その後は島の中を走る。
かつては自転車で走ったことのある区間、おぼろげには記憶していた。
途中平坦基調のしまなみ海道では珍しいアップダウンがある。
まだ歩き通すには早かったので、
ゆっくりでも、歩きを交えながらでも走ることを意識し、なるべく走るようにしていた。
スタート当初は曇っていた天気も、時折日差しが出てくるとともに、
だんだん気温が上がってくるのがはっきりとわかった。
c0034228_081870.jpg

長い坂を下り、島の西側に出てきた。
もうすぐ因島区間が終わろうとする頃、40km通過、
c0034228_083736.jpg

8つ目のエイドもあった。
c0034228_091534.jpg

暑くなってきたこともあり、

ここで帽子を脱ぎ、頭から水をかぶった。

冷水が本当に気持ちよく、気づけば声を上げていた。
エイドを過ぎほどなくして次の生口橋が見え、自転車道の入口に到着した。
ここは自転車道の緩やかな上りを歩きを交えながら走る。
c0034228_09581.jpg

周りの海や島々を見ながら生口橋を渡り、
c0034228_0101955.jpg

3つ目の島である生口島へ。
事前の地図でも情報は得ていたが、
この島も北側の海沿いを中心としたコース。

なかなか手ごわいことが予想された。

この辺りで、これから掛かるであろう時間の予想を頭に浮かべる。
生口島2時間、大三島、伯方島各1時間、大島2時間で今治市内へといった感じ。
海沿いではあるものの、風はほとんどなく、だんだん暑さが勝ってくる感じの天候。
そろそろ次のエイドと思っていると案内の看板。
c0034228_0105595.jpg

看板に沿って行くと、

何と普通の民家にエイドが設けられていた!!

これもしまなみの醍醐味の一つだろう。
次のエイドまではさほど距離はなかったものの、水分・果物で補給。
この前後は、島の北東部、工場の多い区域だった。
だいぶん歩きたい気持ちが強くなっていたものの、

「とにかく中間地点までは走っていこう。

それから先のことはその時になって考えればいい。」


と思い、ゆっくりでも走る。
「この辺りに確かジェラートで有名なお店があったような気もするが、どの辺だったかな?」
と考えながら走っていると、ほぼ中間地点、瀬戸田B&G海洋センターに到着した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-29 00:11 | マラソン | Trackback | Comments(0)

しまなみ海道ウルトラ遠足 レポート(その2)

階段を下りて福山城を出発。道なりに国道2号線まで出る。
ウルトラとあって、歩道を走り、信号ではもちろん停止を守る。

「何も急ぐ必要はない。」

と自分に言い聞かせながら先を行く。
途中までは車では何度か走っている道、周りの風景も記憶していた。
5km手前くらいだったろうか、国道から川を挟んで並行している道を走るようになる。
交通量が少ないこの道をコースに選んでいるようだ。
周りはまだランナーが固まっているくらい、
周りにペースを合わせる感じでゆっくりと行く。
5kmで最初のエイド、スポーツドリンクをいただく。
周りのランナーの会話から察するにキロ9分くらい、

信号待ちなどを考慮すればこんなものだろう。

スタート前の注意でもあったように、この辺りは住宅も多いため、静かに通過。
しばらくすると国道バイパスに戻り、何本かのトンネルを通過する。
トンネル1本や2本くらいならどうってことないが、
10km地点を前後に何本かあり、しかも1本辺りの長さが結構ある。
交通量も多い区間のため、

トンネルを出た時、

空気がすがすがしいものだと感じた。


10kmのエイド到着。
c0034228_23201846.jpg

ドリンクに加えて、バナナなどの果物もいただく。

再びトンネルに入り、このままバイパスを直進するのかと思いきや、途中で左折。
c0034228_2326229.jpg

「ん?どの道に出るのか?」と考えつつ走る。

ところで、そろそろトイレに行きたくなってきていた。
スタート前、「序盤はトイレがないので我慢してください。」と言われていたが、
もうそろそろあるはずだと思っていると、
沿道にある公民館が早朝から開放してくれていた。
同じ考えのランナーが多いようで、しばし列に並んで用を済ませる。

沿道の地域の方々の善意にも感謝して

走らなければならない。


しばらく道なりに走ると、国道2号線に出た。
3箇所目のエイドで給水し、ほどなくして尾道市に入る。
c0034228_2321138.jpg

この道も車では幾度となく走ってきたが、

もちろんランでは初めてだ。

随所に信号があるが、小休憩と割り切り息を整える。
c0034228_23213467.jpg

半ば見慣れた道、若干のアップダウンをこなすと橋が見えてきた。

最初の橋、尾道大橋だ。

c0034228_2322850.jpg
c0034228_23221539.jpg

橋を渡る手前で4つ目のエイド、ぼちぼちお腹も空いてくる頃なので、
水分補給だけではなくパンなどもいただく。
橋への道、上り坂はスピードを落として走る。
普段あまり走る人がいないのか、半ばトレイルのような道を駆けていく。
橋に到達、人1人分の通路しかないため、
列をなして歩いて進んでいたが、途中からはゆっくりでも走れた。
c0034228_23225691.jpg

車道部分がえらく渋滞していたのを思い出す。
最初の島、向島に到着。
普段は渡船で島入りすることが多いこの島。
島をほぼ半周するようなコース、マイペースで走る。
コンビニでトイレ&水分補給。そしてほどなくして5つ目のエイドがあった。
ゆっくり走り続けながら、岩子島を結ぶ赤い向島大橋が見えてきた。
そろそろ次の因島へ渡る因島大橋が見えてくる頃じゃないかと思い出す。
自転車では通ったことがあるが、

走っているのとでは距離感が違う。

因島大橋が見えてきた辺りで、かつて自転車で通った道からも離れた道へ。
c0034228_23234075.jpg

随分大回りしているようだ。
橋手前の6つ目のエイド、水分・食糧ともに補給。
ほどなくして30km地点通過、いよいよ因島大橋へ。
c0034228_23235791.jpg

ここはほぼ階段で上った。コース前半、橋へは階段で上ることが多いようだ。
c0034228_23241674.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-24 23:24 | マラソン | Trackback | Comments(0)

しまなみ海道ウルトラ遠足 レポート(その1)

ぼちぼち書いているレポート、ようやく公開です。
「いい加減早く書きなさい!」と怒られそうですが(笑)。

(前日まで)
しまなみ海道を走るウルトラマラソン、区間の約半分は地元愛媛県とあって
参加しやすく、気になっていた存在の大会。
風光明媚なしまなみを走るとあって、全国からランナーが訪れる。
以前申し込みを試みたものの、既に締め切られていた経験がある。
今回も募集要項を早々に取り寄せ、昨年末急いで申込。
確か郵便振替だけで締め切りになったことを記憶している。
参加申込と時期をほぼ同じくして、ホテルも予約。
ちなみにあんまり前から予約していた経験がないため、
直前で

「どこを予約したんだったっけ?」

と一瞬考え込んでしまった(笑)。


前日、仕事を終え今治で途中下車し、高速バスに乗る。
福山までは約1時間半、途中しまなみ海道を走るため、
明日の下見がてら外を眺めていたが、

仕事の疲れもあって、途中からうとうと…。

車内放送で因島何とかは聞こえたが、
気づいたらしまなみを通り過ぎ、福山市内に入っていた。
午後8時前に福山駅到着。あれ、傘をさしている人がいる。
「今日の午後で雨は上がったはずでは?」と思うが、再び降り出したようだ。
c0034228_231887.jpg

駅近くのホテルにチェックインし、夕食に出た後、荷物の確認をして午後9時半過ぎに就寝した。

(当日)
朝2時半起床、身支度をしてホテルのレストランへ。
この日はウルトラ参加者用に2時半から朝食が準備されていた。
朝食をいただき、部屋の確認をして、受付会場に向かうべく、外に出る。
ホテルの人に「頑張ってください。」との声援を受けつつ外に出ると、

「えっ!まだ雨!!」

またも雨男の本領発揮なのか??


昨日のテレビで、今日は気まぐれな天気になるとは言っていたが、
まさか早朝、いや、まだ夜か、から雨が降るとは予想してなかった。
受付会場のニューキャッスルホテルまで歩いていく。
昨日場所は確認していたが、通ろうと思っていた駅の南北の通路は閉鎖されていて、
「あれ?どこまで遠回りしないといけないんだ?」と不安になったが、
ほどなくして南北をつなぐ道路に出て、ホテルに到着。
受付を済ませ、空きスペースでゼッケン取り付け等の諸準備をしていると、
ランナー仲間に出会い、しばしラン談義。
ウルトラを次々とこなされ、もう雲の上の人になりつつある人ではあるが、
まだお城の開門まで時間があったこともあり、しばしの時間を過ごす。
「雨が上がった。」との情報を聞き、日焼け止めをしっかり塗り、
サングラスをポケットに、携帯をポーチにしまって荷物預かりのところへ、
そしてスタート地点の福山城へ向かう。
4時過ぎとあってまだ暗い。
c0034228_2313213.jpg

それでもだんだん空は明るみを帯び始めていた。
そして知り合いのランナーさんにも次々お会いするようになる。
トイレを済ませると、スタート地点で主催者の海宝さんの説明が始まっていた。
c0034228_2315938.jpg


ところどころに笑いを誘うような説明で、場も和む。

今日は予報では曇り、しかし気温は結構高くなりそう。
とにかく「完走」だけを目標に、出来るだけ走り続けようと思っていると、
スタートの合図があった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-23 23:01 | マラソン | Trackback | Comments(0)

新型「いしづち」車両展示会

月曜日から運行開始の新型「いしづち」8600系車両の展示会が
県内でも開かれるということで、早速行ってきた。
新居浜でも開催されるのだが、生憎用事が入っていたので、
前日開催の今治駅まで行くことに。
c0034228_2254541.jpg

3番線ホームに停車していた。
訪れたのがだいぶん遅かったのだが、それでも結構人がいた。
きっと入線時には、もっと賑わっていたことだろう。
c0034228_22541519.jpg

ドアも斬新だ。
c0034228_22542370.jpg

ここから写真を撮る、なんてこともそうそう出来ない。
c0034228_22543149.jpg

号車・停車駅等の表示
c0034228_22543896.jpg

座席はこんな感じ。
c0034228_225446100.jpg

早速座ってみたりした。
c0034228_22545595.jpg

おっと、自販機もあるじゃない!
そしてデッキスペースが広く取られていた。
c0034228_2255545.jpg

指定席はこんな感じ。
c0034228_22551936.jpg

列車を降りて反対からも撮ってみた。
c0034228_22552819.jpg

そんなに長い時間ではなかったが、新型車両を堪能。
乗車したらまた違った感想を持つかもしれない。
さて、乗り心地はいかに?乗車レポートはまた後日。
c0034228_22553828.jpg

c0034228_22554730.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-22 22:55 | 風景 | Trackback | Comments(0)

新型「いしづち」を見た!

仕事帰りに、来週から運行開始予定の新型「いしづち」発見!
試運転中のようだ。
次は走行しているところを撮ってみたい。
c0034228_22413622.jpg
c0034228_22414569.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-16 22:42 | 風景 | Trackback | Comments(0)

久しぶりの池田池

昨日夕方、池田池ラン。
久しぶりだな~と思って、いつからだろうと考えてみると、
おそらく4月の池田池マラソン以来。
c0034228_22363529.jpg

菖蒲が見頃だった。
夕方でも菖蒲園を訪れる人が結構いた。
c0034228_22364797.jpg
c0034228_22365539.jpg

菖蒲ももちろんきれいだが、
周りに咲くあじさいも、個人的にはお気に入りだったりする。
c0034228_2237390.jpg
c0034228_22371262.jpg

さて、ランの方は当初5周の目標が、写真撮影に夢中になり4周という結果。
次はランをもっと頑張ろう。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-16 22:39 | 風景 | Trackback | Comments(0)

週末乗り放題の旅(その12)

20時27分 松山駅到着
次の列車も同じ3番線から出発するのだが、まだ入線してないようだ。
c0034228_2292914.jpg

夜の松山駅
c0034228_2293519.jpg

隣の2番線には貨物列車が停まっていた。
c0034228_2294132.jpg

10本目の列車 いしづち104号
c0034228_2294844.jpg

車内検札やら駅の検札やらでこんなに印のある切符も珍しい。
c0034228_2295495.jpg

21時41分 新居浜駅到着。
ほぼ乗りっ放しだったが、何とかプチ四国一周達成。
1日に列車にこんなに乗ることもそうそう無いかも?
そう考えると、いい思い出だ。
c0034228_2210276.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-16 22:10 | 風景 | Trackback | Comments(0)

週末乗り放題の旅(その11)

9本目の列車 宇和海26号
宇和島駅での乗り換え時間はわずか3分。
「間に合うのか?」と不安になったが、階段を渡ってではないので、
早歩きで何とか間に合う。
慌てながらも写真を撮る余裕も。
c0034228_227279.jpg

写真を撮っていて遅れるわけにはいかないので、そろそろ乗ろう。
c0034228_2273536.jpg

アンパンマン列車で運転だ。
c0034228_2274426.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-16 22:08 | 風景 | Trackback | Comments(0)

週末乗り放題の旅(その10)

乗り換えのために跨線橋を渡っている間に1枚。
c0034228_222354.jpg

日はだんだん長くなっていた頃だったが、
そろそろ夕方を迎える。
c0034228_2224236.jpg

8本目の列車 予土線 宇和島行
トイレが無いので、待ち時間を利用して先に行っておく。
もっとも途中の行き違いの時にトイレに行けなくもないのだが…。
c0034228_2224781.jpg

列車は、川沿いの四万十川桜マラソンのコースの上を走る。
c0034228_2225440.jpg

打井川駅 桜マラソンはこの駅で第一折り返しがある。
c0034228_2233923.jpg

土佐大正駅 行き違いで「ホビートレイン」を見ることが出来た。
c0034228_2234534.jpg

四万十川を眺めながらの1枚。
c0034228_2235468.jpg

おそらく芽吹手沈下橋。桜マラソンの名スポットの一つ。
c0034228_224016.jpg

菜の花がきれいだった。
c0034228_224728.jpg

ロケーション的に、四万十川ウルトラマラソンでおなじみの半家沈下橋だろうか?
c0034228_2241239.jpg

だんだん日が傾いてくる頃。動いている電車の中からの写真は厳しいかな。
c0034228_2241865.jpg

半家駅にて
c0034228_2242748.jpg

真っ直ぐに伸びるレールが好きだ。
宇和島まで2時間余り、結構長かった。
c0034228_2243368.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-16 22:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

週末乗り放題の旅(その9)

ちょっとペースアップしての更新です。
早く次のしまなみウルトラのレポートを書かなければ…。

あ、しまなみウルトラの筋肉痛は土曜日開催だったのと、
湿布などで、実は今はほとんど収まってます。
ただ、右親指に若干の痛みがあるので、ぼちぼち行くことにします。

さて、乗り放題旅の続き。
高知駅 木を利用した駅舎にぬくもりを感じる。
c0034228_2239630.jpg

次の列車まで少し時間があるので、駅の外に出てみる。
c0034228_22391219.jpg

高知駅
c0034228_22391742.jpg

駅前おなじみの三志士の像
高知龍馬マラソンの時以来かな。
左側の武市半平太の像は補修中だった。
c0034228_22392281.jpg

7本目の列車 あしずり5号で窪川まで。
c0034228_22392862.jpg

駅の売店で買った駅弁を食べる。
はちきん地鶏入りの母子(おやこ)弁当。
c0034228_2239326.jpg

須崎を出てしばらく走ったところで新荘川を渡る。
この辺りで少し眠くなってきたが、寝過ごしは出来ない。
ある意味、一周の「ヤマ場」である。
c0034228_22393868.jpg

高知から1時間余り、無事、窪川で下車することが出来た。
c0034228_22394351.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2014-06-10 22:41 | 風景 | Trackback | Comments(0)