<   2013年 12月 ( 32 )   > この月の画像一覧

今年を振り返る

気が付けば、今年もあと6時間を切ったところ。
今年一年、本当にお世話になりました。
今年際立ったことを考えてみると、
このブログやFBで知り合った人と、実際にお会いすることが出来たというのが大きいです。
個人的には、ネット上の付き合いも有りとは思いますが、
やはり実際にお会いして話をして、という方向性でいきたいと思っています。

皆さんが積極的に投稿されているこの時、
実は大晦日だというのに、何か体がだるく、しんどい状態だったりします。
動き過ぎ?走り過ぎ?いや、言うほどでもないのですが…。
そんな訳で来年当初はおとなしくしとこうと思いますが、
早く体調を元に戻してエネルギッシュにいきたいと思います。

来る平成26年も引き続きよろしくお願いします。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-31 18:12 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

こんなん出てきましたが…

ひゃ~~~っ!
汗見川清流マラソンの参加賞 しそジュースじゃないかい!
どこかに置いたはずとは思っていたが、まさか掃除している時に出てくるとは!!
さて、飲めるんかいな?恐る恐る試してみることにしよう。
c0034228_2235382.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-30 22:36 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

14年ぶりのコーヒーチケット

縁があって14年ぶりに訪れた市内の喫茶店
以前買ったコーヒーチケットが、何と何と、まだ残ってました!
今は別タイプのチケットになっているとのことだが、
お店の人、
「まだ使えますから、早く使ってくださいね。」とのこと。
値上がりは大丈夫なのだろうか?そういや、値段聞くのを忘れてた。
うん、来年早いうちに使います…。
c0034228_22314488.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-30 22:33 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

プロテイン 効果はいかに?

どこかのマラソン大会の参加賞に入っていたものだと思うが、
まだ賞味(消費?)期限まで日があったので、
普段の練習のスタート前・ゴール後に飲んでみた。
c0034228_22275828.jpg

さて、効果はいかに?
ん?一日飲んだくらいでは難しいかな~。
c0034228_2228492.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-30 22:29 | マラソン | Trackback | Comments(0)

写真で振り返る加古川マラソン

もう1週間経ってしまいましたが、
忘れないうちに、記事にしておきたいと思います。

朝一番のホーム 時刻は午前5時
こんな時間にホームに立つこともそうそうないなあ。
しかし、寒い!!
c0034228_2245694.jpg

姫路駅新幹線ホームから姫路城
大修理はだいぶん進んでいるのだろうか?
c0034228_225265.jpg

会場にて 多くの人で賑わっている。
c0034228_225852.jpg

今年初お目見えの幟
加古川は、黒田官兵衛の妻「光(てる)」のふるさとだそうだ。
c0034228_2251315.jpg

フィニッシャータオル
c0034228_2252463.jpg

プログラム・完走証 今年はクリアファイル付きだった。
c0034228_2291552.jpg

姫路駅新幹線ホームで見た灘のけんか祭り 松原屋台
何度も通っているはずなのに、じっくりと見たのは今回が初めて。
c0034228_2253693.jpg

8両編成のさくら 鹿児島中央行き
何本か姫路停車の列車はあったが、
九州新幹線だったことと、
8両編成のため、自由席までそんなに歩かなくてもいいという理由で選択。
走って疲れた足には16両編成の前3両のところまで行くのはきつい。
c0034228_2254251.jpg

岡山で乗り換え 帰りのしおかぜはアンパンマン列車
c0034228_2254866.jpg

以上 日帰りの少し長丁場の旅でした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-30 22:06 | マラソン | Trackback | Comments(0)

加古川マラソン レポート(その4)

ラスト7kmの向かい風は、
今となっては「加古川名物」として
ランナーの間でもおなじみになっているほど。
最初に出た時は、強い向かい風が吹いており、
その存在を知らなかったものだから、
それこそかつての「太陽にほえろ」ではないが、

「何じゃこりゃ~~!」

と叫びたくなるほどだったことを覚えている。
そんな向かい風があることを知りながら、
参加するランナーが増えているのだから、それはそれでまた面白い。

さて、今日の風はどうだろう。
少し走ったところで向かい風を感じるが、心配していたほどではない。
最初出た時は、帽子が飛ばされそうになるくらいの風だったが、
それに比べれば至って普通の風である。

「よし、風もそんなにないし、

このままペースを維持して行くぞ。」


と心に誓いながら走り続ける。
1kmごとの表示はなかなか思うようには現れず、きつく感じることもあるも、

「最後まで走れればおのずと記録は出る!」

と自分を鼓舞しながら走る。
37km過ぎで給水所、あと5kmの看板発見、

何とかサブ4は達成出来そうだ。

でもサブ4は他の大会で何度か達成している、
「出来るだけ速いタイムを目指さないと。」と思い直し、

心の中でペースアップ。

39km過ぎで最後の給水所、
後半は給水所ごとにしばし止まり、何らかいただいている。
寒かったり汗をかいたりだが、やはり水分は結構出ていることを思い知らされた。
残りの距離とペースを計算しながらゴールの予想、
3時間55分くらいかと思い、周りのランナーを少しずつ抜きながら走る。
それでも正直今よりペースアップは難しい。
あと1kmの地点、ここからが意外に長い。
そろそろゲートが見えてきてもいいはずなのに、なかなか見えてこない。
毎度のことながら
ゲートが南に移動しているんじゃないかと思っていると、ようやく現れた。
ラストスパートまではいかないが、最後まで走り切りゴール!

最後までペースを維持して走り切れた。

ゴール後、ドリンクをいただき、完走証を受け取る。
3時間55分51秒、
コンディションが良かった割には何とかサブ4という感じではあるが、
それでも最後まで走りきれたのでとりあえずは良しとしなければいけない。
その後は、ぜんざいをいただき、防災センターで着替えを済ませ、
駅前にて加古川名物「かつめし」のはしごをした後、帰途についた。

次のフルマラソンまでは約2ヶ月、
パワーアップした走りが出来るよう頑張っていきたいと思う。

長文ご覧いただきありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-29 21:54 | マラソン | Trackback | Comments(2)

加古川マラソン レポート(その3)

周りのランナーの多くが結構スピードを維持して走っているというのに
刺激を受けたというのも大きかった。
ランナーが増えたことのメリットがここに来て出てきていた。
4時間ランナーの前にはいたが、
ここでもちょっとした集団が出来ていた。
折りしも25km過ぎ、
フルマラソンの25km以降という

まさに「正念場」の区間に差し掛かっていた。

スタート前はあんなに寒い寒いと言っていたのに、
暑ささえ感じ始めていたので、手袋を外してしばらく持って走った。
29kmの関門、2時間40分過ぎ、記憶している限りでは今までで一番速いペース。
しかしこの後の向かい風のことを考えるとまだまだ気は抜けなかった。
30km通過後、しばらくしてトイレに立ち寄る。
河川敷常設型のトイレでロスは少なかった。再び走り出す。
加古川大堰が再び見えてきた。

「ここまで帰ってきた。」「ここからが勝負!」

両方の思いが交錯しながら頭をよぎる。
加古川大堰を渡ったところで、オールスポーツの撮影をしていたが、
ランナーが多かったのと、無心で走っていたこともあって、
あまりポーズを決められなかった。
坂を下って35km地点で給水所、塩分・水分補給、
ラスト7kmをゴールに向かって南向きに走る。

ここからが本当の「正念場」の区間だ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-29 21:44 | マラソン | Trackback | Comments(0)

加古川マラソン レポート(その2)

今日はコンディションも良さそうだ。
当面の目標は、少し前を行く風船、4時間のペースランナーである。
しかしながら、ペースランナーと後を付いて行くランナーの集団で

なかなか前に出られそうもない。

12.5kmの給水所を通過し、いよいよ加古川大堰を渡る。
フラットなコースの中で堰へ向かう時がわずかな上りだ。
堰を渡って川の西岸へ。往復約20kmを走る。
給水所を通過するか、立ち寄るかで前を行く風船との距離が変わってくる。
15kmの給水所で2度目の給水、
普段の練習でもこの時期はそんなに給水しないので、このペースで十分だ。
ここを過ぎてしばらくして、広報車、先導車とすれ違う。
トップランナーがやってきた。別次元の走りだ。
だんだん集団のペースが上がってきたように感じた。
でもこのくらいなら走れないペースではない。この辺りでふと考える。

「この集団に付いて行くのも一つの手だが、

この先給水回数が増えること、トイレに行くことも考えれば、

集団より前にいる必要があるんじゃないか?」

「集団の前にいつ出るの?」

「今でしょ!」


という心の葛藤後、20kmの給水所を通過するかしないかの地点で、
集団の外側から自然とペースを上げて前に出ていた。
もっと早くに前に出ておくべきとも思うが、今はあれこれ考えられない。

無心で走るだけだ。

じぇじぇじぇ!
「あまちゃん」にあやかって

海女の格好をしたランナーも近くにいた。

この大会は時期柄サンタの格好をしたランナーは多いが、海女は初めてだろう。
「せっかく前に出たのだから、この勢いを持続しないと!」
中間地点通過、1時間55分くらい、まだいける。
22.5kmの給水所、
前の20km地点の給水所からドリンクに加えて
パン・飴・バナナなどの食べ物が出るようになっていた。
本当は前の給水所で取っておきたかったが、
集団の前に出ることに必死だったため、ここでパン・バナナを取っていただく。
まだ先は長いのでエネルギー補給は必要だ。
山陽新幹線の鉄橋を渡りしばらく走ると、高砂折り返し、24km地点までやってきた。

ここからペースを持続して走ることを意識した。

4時間ペースランナーと集団とはまだそんなに差が空いていない。
再び抜かれないように頑張って走る。
25km地点給水所、折り返してからは給水所に寄る回数も増えてくる。
ちょっとずつでも水分補給をしておく。
今まではこの辺りから自然とペースが落ちてきていたことを覚えているが、
今日はこのペースでいけそうだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-29 00:08 | マラソン | Trackback | Comments(2)

加古川マラソン レポート(その1)

昨日飲み過ぎで、ようやく調子が戻りつつあるfujitaka_1です。
いやいや、飲み過ぎはいかんですね。
渇を入れるとまではいきませんが、夕方ちょっと走ってきました。
さて、ようやく加古川レポート掲載します。

(前日)
毎年12月23日に開催される加古川マラソン、
昨年は仕事の都合で出られなかったが、
それまで4回出場と県外大会ながら出場回数では最多の大会。
そして、年末に開催されるとあって「有終の美」を飾るのにふさわしい大会。

たとえ有終を飾れないにしても、

今年の締めにはなる。


距離は11月思うように走れなかったものの、そこそこ距離走も出来たかと思う。

(当日)
朝4時過ぎ起床、身支度をして4時半に自宅を出てコンビニに。
朝食を買い込み、前日に予約しておいたタクシーを待つ。
タクシー車中で、「こんなに早く、どちらまで?」
そりゃそうだ。こんな早朝からタクシーに乗る人も珍しい。
駅到着、行きの切符はあらかじめ前日に買っておいたので、始発の電車を待つだけだ。
こんな時間から乗る人なんているのかと思いきや、5、6人いて驚いた。
岡山までは朝食をとったり、本を読んだりして過ごす。
香川県に入ると、どうもマラソン参加者と思しき格好をされた方が乗ってきた。
岡山で乗り換え、7時ちょうど発ののぞみ号、

隣の席の人がこれまたマラソン参加者、

「今日は天気で良かったですね。」「風はあるかもしれません。」などと話をする。
20分で姫路に到着、トイレを済ませ、在来線に乗り換えて加古川まで。
駅からバス乗り場まで多くのランナーと同様に歩いていく。
若干待ったものの、次から次へとバスは来ており、程なくして乗車、

この当たり運営がしっかりしていると感じる。

会場到着、受付を済ませ、防災センターまで行き、ゼッケン取り付け等の諸準備を済ませる。

それにしても今日は寒い。

Tシャツ1枚じゃ心もとないと思ったので、下にもう1枚着てから走ることにした。

それにしても参加ランナーが増えている。

いつもセンター2階で着替えをしていたのに、
そして、今日は結構早めに会場入りしたにもかかわらず、
2階は着替えるスペースが全くない状態。
やむを得ず1階の空いているところに位置取る。
準備を済ませ、荷物を預けた後、アップがてらコースを少し走る。
加古川ではいつも気になる最後の向かい風、今は感じない。
しかし、何気なく聞こえてきた開会式後の注意事項、

「向かい風は朝はなくても、午後から出ることが多いです。」

(↑ここ大事!)


とのこと。
向かい風は名物の一つにもなっているが、
出来ればあまり吹いてほしくないと思ってるのは自分だけではないはずだ。
スタート前、最後のトイレも済ませスタンバイしていると、
FBつながりの知り合いと初めて会うことが出来た。
レース中に探しながらとも思っていただけにホッとした。
9時45分スタート、いつもながら号砲は聞こえず、前の方の動作で何気なくわかる。
スタート後しばらくは例によって混雑していることもあり、
前の人に付いていきながら、わずかなスペースを見つけては
ペースを上げて前に出るという、この繰り返しが続いた。
ランナーが増えていることもあって、
スピードはだんだん上げられているものの、混雑状態が予想以上に長く続いた。
概ねキロ6分前後でしばし走る。
給水所は2.5kmごとに設置されているが、
序盤は毎回寄らずに、2つ飛ばしくらいで行くことにした。
河川敷を走るとあってほとんど応援がないのもこの大会の特徴だったが、
「盛り上げ隊」と呼ばれる地域の方々が序盤から楽器等で盛り上げていた。

やはりこういう声援は元気になれる。

スタート前は寒いとしか感じなかったが、
日も照ってきて走っていると結構汗をかくようになってきていた。

「余分に1枚着たの、大丈夫かな?」

まあ、今日はこれでいくしかない。
7km過ぎ、加古川大堰が見えてくると、

「ああ、今年も加古川に来た!」という気持ちになれた。

コースはここまで道いっぱいにランナーが広がっていたが、
ここからは折り返してくるランナーもいるため、左側通行、
少しばらけていたかなと思うランナーが再び固まるようになる。
道なりに走り、そろそろ折り返し、

「あの橋までは行かなかったよな~。」

「ん?待てよ。あの橋を越えてしばらくしたところが折り返しじゃ?」


5回目の出場とあってコースは概ね把握しているつもりだったが、
細かいところは怪しかったりする。
10kmの折り返し、56分くらい、最初の混雑を考えればこんなもんだ。
南向きに走るようになり、向かい風を心配したが大して吹いてない。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-28 23:56 | マラソン | Trackback | Comments(2)

しるこサンド

食べ物ネタが続きます。

知り合いの方からの紹介で、地元にも売っていることがわかり、
早速買ってみた「しるこサンド」。
c0034228_23461278.jpg

ビスケット生地に餡の層をサンドして焼き上げたもの
ちょっと食べてみる。
うん、なかなか止められないというのがよくわかった(笑)。
しかし、なかなかの高カロリーでもあるので、
しっかり運動した後にいただくか、
食べた後にしっかり運動するというのがいいのかなと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2013-12-26 23:48 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)