<   2012年 04月 ( 40 )   > この月の画像一覧

久留米ラーメン 光屋(今治市)

マラソンネタが続いたので、久々のグルメネタを書きたい。
今治に美味しいラーメン屋があるという情報を聞いていたものの、
なかなか行けてなかったが、ようやく行くことが出来た。
国道196号線から317号線に入りしばらく走ると、JR高架の近くにある。
この看板が目印だ。
c0034228_2241586.jpg

今治ラーメンの幟
そう、当初の目的は、
ご当地グルメである今治ラーメンを食べることだったのだが、
店に入ってメニューを見ているうちに、
やっぱり久留米ラーメンの豚骨味に惹かれて
特製チャーシューメンを注文した。
店の混雑ぶりからラーメンの写真はないが、期待通りの濃厚な味を堪能できた。
そういや、出される前にガスバーナで
チャーシューを軽くあぶっていたのが印象的だった。
c0034228_2242273.jpg

店の外観
お昼時とあって、次々に客が入ってきていた。
次は今治ラーメンを食べに来たいものだ。
c0034228_2242837.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 22:04 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

特保のコーラ

最近話題になっている「特定保健用食品」のコーラ。
物は試しにと買って飲んでみた。
c0034228_223348.jpg

実際飲んでみると、普通のコーラの味だった。
c0034228_223104.jpg

あまり飲み続けるのも健康にはあまり良いとは思えないのだが、
果たしてその効果は如何に?
c0034228_2231755.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 22:03 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

向かい風にもちょっとは慣れたか?

雨の合間を縫って、ランニング。
雨に濡れることはなかったが、向かい風が強かった。
春らしい風景を撮りながら行く。
練習なので寄り道してもいいだろう。
c0034228_2215711.jpg

向かい風と言えば、先週のとくしまマラソンを思い出す。
さすがに今日はあそこまでの風はない。走っていてもしっかり前へ進んでいる感じがした。
青函連絡船 羊蹄丸
この写真を撮るのも目的だったが、えらく小さいな。
c0034228_222390.jpg

自販機にて給水。抹茶入りのコーヒー
おしゃれなデザインに惹かれて買った。
c0034228_222948.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 22:02 | マラソン | Trackback | Comments(0)

とくしまマラソン2012 レポート(その5)

朝車を停めた臨時駐車場付近まで来て長い下り坂、
しばらく走ると残りあと1kmだった。

本当に凄いコンディションだったが、何とか完走出来そうだ。

下り坂の勢いを残しながらゴールへ向かう。
信号を右折し、競技場までの最後の直線、沿道の声援も賑やかになる。
「もうすぐだ、頑張れ!」「もう向かい風は気にしなくていい。」と自分に言い聞かせながらラストスパート。
最後こんなに走れるのなら、もうちょっと途中頑張っとけなんて声が聞こえてきそうだが、
あの時はそれが精一杯だった。
なかなか見えてこない陸上競技場への案内板、

この直線が意外と長い。

やっとのことで左折、沿道から「(4時間)12分台まだいけるよ!」との声援、
最後の力を振り絞るように走る。
トラックに入り、直線を走って両手を挙げてゴール!

過酷なコンディション、

そして途中で負けそうになっていた

自分との長い戦いがようやく終わった。


ゴール後は、完走証・メダルを受け取り、ドリンクをいただく。
タイムは、速報にも掲載したが、
4時間12分59秒(グロス)、
4時間10分22秒(ネット)であった。
着替え場所に行こうとすると、
ブログ等を通じて交流のあるストレートマンさんに久々にお会いすることが出来た。
今回この大会規模でお会いすることが出来たのは、

お互いの普段の行いが良いからなのか、

それとも縁なのか、

はたまた運命なのかはわからなかったが、

とにかくお会いできて良かった。


手のひらを披露した後、互いの健闘を称えあった。
サブ3.5をコンスタントに出すストレートマンさんだったが、
今回はサブ4で後半は苦しい走りになったとのこと。
まだ雨も降っていたので、あまり話は出来なかったが、
今後もどこかではお会い出来ると思う。
その後は着替えをしてコーヒーやうどんをいただく。

温かい物がとてもありがたかった。

その後はバスに乗って駐車場まで戻った後、帰途についた。

記録は平凡であったが、
嵐のようなコンディションの中を走ったことで、

「記録」よりも「記憶」に残る大会になった。

フルは2月~4月にかけて4本出るなど、
連戦になり後半はきつかった。
次期に向けてまずは練習をしっかりしようと思う。

※いつもながらの、
そして遅れ馳せながらの長文をご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 00:13 | マラソン | Trackback(1) | Comments(2)

とくしまマラソン2012 レポート(その4)

この辺でQちゃんこと高橋尚子さん登場!
タッチをして「頑張ってください。」との励ましを受ける。ここは元気だった。
ペースダウンしているのは何となくはわかっていたが、
しばらく時計を見ていなかったこともあって、今のペースが把握出来てなかった。
ちょうど1kmごとに表示があるので、この機会に測ってみようと26km地点で計測開始。
1km走って27km地点で再び時計を見ると、
どうやら何とかキロ6分は切れていることがわかり、少しだけホッとする。
西条大橋で抜かれたタボさんの後姿を目標に走っていたが、もう姿が見えなくなった。
27kmエイド、給水したかどうかはもう忘れてしまったが、
前回参加時と同様、大会長の飯泉知事がおられたので、またまたタッチ。
スタッフの方も本当に大変だと思う。
それにしても止むどころか、ますます激しくなる風、雨、

スピードが全然上がってない。

走りながら

「進まん~~!」と大声を出していた。

それでも何とか30kmまで到達、2時間51分台、
ここからのコンディションにもよるが、サブ4は厳しい状況、

それでも走り続けるしかなかった。

あと12km、普段練習でも走っている距離でもあるので
まあ何とかいけるだろうとは思ったが、
相変わらずの暴風雨である。
こんな中でも応援していただいてる人がたくさんいて、本当にありがたかった。
どこかの地点で「風、ちょっとはやまったよ。」と教えてくれた人がいた。
土手下から上に上がっており風はあるものの、確かに少しは収まっていた。

わずかながらにスピードを上げることができた。

32km地点、オールスポーツの撮影、
両手に「とく」「しま」と書いた手を見せる、

「手のひら大作戦」を敢行した。

時々コメントをいただくカメラマンのTOMMYさんにも気付いてもらえて、何とか成功した。
過酷なコンディションの下で、撮影も大変だと思う。
それからは「ゴールに早く辿り着きたい」この一心だった。
一旦収まっていた風が再び勢いを増し、雨が体を叩きつけるように降っていた。
正直、

降りしきる雨で体が「痛い」と思いながら走るのは、

初めての体験である。


「雨に打たれる」とはこういうことをいうのかを真に身をもって体感した。
一昨年の10月に参加した
馬路村の「おらが村 心臓やぶりフルマラソン」でも豪雨だったことがあるが、
山間とあって今日ほどの風ではなかった。
後で見る他のランナーさんのブログによると、時折風速20mを超えていたようである。
あまりの風の強さに真っ直ぐ走ることができない時もあった。
風に流されて斜めになってしまうし、足同士が当たってしまうこともあった。
再びトイレに行きたくなっていたのと、この風の影響で体が冷えたのか、
どうも体の調子もいまいち、
35km過ぎのエイドに併設されたトイレで2回目の用を足すが、
どうもお腹がすっきりしない。
うん、次の給水所でもお世話になりそうだ。
次の給水所まで持つかどうか、四国三郎橋を見ながら右折していると、
コースを不思議に覚えていて何とか大丈夫そうな感じだ。

2回目の参加というのはこういう時にとても助かる。

何とか体調を回復させ、強烈な向かい風から少しだけ除けられる区間を走る。
鮎喰川に架かる沈下橋、あったあったこの区間、
ここから坂を上って再び向かい風の強烈な区間に入る。
それにしてもこんなコンディションで、
皆もっと歩いているものかと思っていたが、

歩いている人の割合が思いのほか少ない。

自分もそうだったが、「こうなれば早くゴールしたい。」との思いが沸き、
皆走り続けているのだと思う。
ゴルフ場を下に見ながら、40km地点通過、ちょうど4時間くらい、
サブ4は達成出来なかったが、

ここまで来たら走り続けるしかない。

そう思って残りの区間を頑張ることにした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 00:12 | マラソン | Trackback | Comments(2)

とくしまマラソン2012 レポート(その3)

こんな感じで、何とか20kmまで来た。
(12kmからいきなり20kmかい!手抜きか?と思われるかもしれませんが、
ごめんなさい。あんまりはっきりと覚えてません。)
前回は20km手前で折り返しがあったが、
コース変更に伴い今回はその道は走らないようだ。
そしてこの少し前から目指す西条大橋が見えてきていた。

とりあえず一区切りとなる地点である。

ただ実際は橋が見えてからが結構長かったりする。
20km手前か20km辺りでコース上の人口密度が増えた感じ。
一瞬、

「4時間のペースランナーと

その集団が前にいるからかな?」


とも思ったが、
この辺り若干コースが狭くなるからのようだった。
集団に付いていくように走っていたが、右端から少しずつ抜いていく。
強風の影響からか、胸部に付けていたゼッケンが一部外れていることに気付く。
安全ピンはあるので、少し停まって付けようとするが、
焦りもあってなかなか思うように手が動かない。
エイドの人に助けを求めて何とか付け直し、再び走り出す。
(エイドのスタッフの方、ありがとうございました。)
エイドではバナナをまるごと1本いただく。
本当はもっとゆっくりして、エイドにどんなものがあるか眺めながら堪能したいのだが、
ここまで結構時間が掛かっており、
先も苦しい走りになることが予想されたので、先を急ぐ。
少し狭い道が終わり、いよいよ西条大橋。
北詰の下り坂を思いっきり下り、阿波踊りの声援を受けた後、橋を渡る。
前回参加した時は、この辺り気分がすぐれず、歩きが入った走りになっていたが、
今日はコンディションがいまいちである割には順調に走れている。
それにしても左側から吹く風が一段と強烈になってきた。
「苦しいのは皆一緒」という思いもあるものの、

ここから先大丈夫かとの不安が先行する。

あ、ここで帽子を飛ばされそうになったので、途中から持って走ることが多くなった。
橋を渡り終える辺りでタボさんに再び抜かれた。
橋を渡って坂を下りしばらくは土手の下を走る。
第6給水所は通過、予想通りの向かい風、
北岸にいる時に、
「土手の下区間は風もそうでもないのでは?」
なんていう会話が聞こえてきたが、

そんなに甘くなかった。

普通に向かい風がビュービュー吹いている。


足は前に出ているものの、思うように進まない。
ペースを上げるどころか、今のペースの維持も難しいくらいだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-30 00:11 | マラソン | Trackback | Comments(0)

とくしまマラソン2012 レポート(その2)

さて、スタートしたといっても、1万人規模の大会とあって、
スタートラインまでにはしばらく時間が掛かりそうだ。
少し進んだかなと思ったらまた停まる。最初はこの繰り返しだったが、
前が空いてくるとゆっくりではあるが、だんだん走れるようになってきた。
ん?大きな大会にはスタートゲートがあるものだが、

「スタート地点に何もないじゃない?珍しいなあ。」

と思っていたが、後で聞くところによると強風のため撤去されたそうである。
おかげでロスタイムがどのくらいあったか、時計を見るのを忘れた。
主催者発表の天気によると、気温は14度とのことだが、

体感温度はもっと低く感じた。

スタート後しばらくはランナー同士団子状態のまま、道なりを行く。
徳島市内は何度も車で走っているが、ここは多分通ったことのない道だと思う。
左折すると、先に橋が見えてきた。
新コースの名所、完成したばかりの「阿波しらさぎ大橋」である。
高架にあるので坂を上らないといけない。
まだ混雑状態だったが、少しずつ前を抜きながら走る。
阿波しらさぎ大橋は広くてランナーもだいぶんバラけてきたが、
横からの風が半端ない。

容赦なく吹き付ける風に負けじと前に進む。

まだ向かい風でないだけましである。左右を見てみる。
左には昔のコースだった吉野川大橋、右には海が見えるが、雨・風で視界が良くない。
海・川共に白波が立っていて、

いかに風が強いかがわかる。

橋の途中で2kmの表示、ここで初めて時計を見る。
9時14分くらい、スタート時のロスタイムを考えればこんなもんかと思う。
長い橋を渡りきり、まずは吉野川の北岸を西条大橋まで走る。
南東からの風とあって、前半は追い風基調、

ここである程度スピードを上げておかなければならない。

橋の前後は信号を避けて河川敷を走る部分が多いからか、
坂になっていることが多い。
下り坂では思いっきりスピードを上げて走っていた。
ペースメーカーとなるようなランナーを見つけ、付いて行くように走る。
3.7km、最初の給水所があったが、通過。
今日は天気も悪いし、走っていることで水分は出ているとは思うが、
あまり汗もかかなさそうなので、給水は飛ばし飛ばしでいけそうだ。
で、最初の給水所を過ぎるか過ぎないかくらいから、
体が冷えたのか、あんなにまめにトイレに行ったのに、
早くもトイレに行きたくなっていた。
う~ん、でも序盤にあるトイレは並んでいることが多いし、
もう少し先までは行けそうなので、勢い付けていくことにする。
それにしても「嵐」のような天気だ。

「嵐」にちなんで、

頭の中は工藤静香の「嵐の素顔」が流れていた。

(古い!というツッコミはご勘弁を!)


道幅はある程度あるものの、折からの雨で水溜りもかなり出来ており、
中央線と両側1箇所ずつくらいしか走るところがない区間もあった。
いや、走ろうと思えば走れるのだが、
水溜りに足を突っ込むとシューズがびしょ濡れになる。
時折

「ここ空いているな~、抜いとくか!」

と思って
前のランナーを抜こうとすると、ビチョン!

「あ~やっちまった~!水溜りにはまった~。」

ということが何回かあった。
8.7km、第2給水所で給水、水をいただく。
ランナーの多いのにあわせて給水スペースも広く設けられているのが助かる。
晴れていれば吉野川や周りの風景も楽しめるのかもしれないが、
この雨・風では景色を眺めることも出来ず、

ただ心を「無」にして走るほかなかった。

10km手前辺りでスタート前にもお会いしたタボさんを再び発見。
この大会規模で何度もお会いするとは驚きだ。
今日はゆっくり走っているのか、
それとも後でスピードを上げていくのか、

「あれ、もっと前にいるものと思ってました。」

と声を掛ける。後半がきつくなりそうだとのこと。確かにそうだ。
今はまだ追い風の中だが、西条大橋以降は向かい風に変わるので、
スピードもぐんと落ちることが予想された。
ここで

「西条大橋を過ぎてから、

風向きが変わってずっと追い風にならんかな?」

という甘い考えを抱いてしまう。


きっとこんな考えを抱くのは私だけだろうか?いや少しはいるだろう。
第3給水所名田橋前後にあるトイレで、ちょうど出てくる人を見つけ、
待っている人もいなかったので、タイミングよくトイレを済ませることが出来た。
トイレを済ませ、先へ急ぐ。
橋の下をくぐった後、再び土手の上を走るために坂を上る。
この辺りでは変わらぬスピードが出せていた。まだまだ勢いがあった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-29 00:55 | マラソン | Trackback | Comments(0)

とくしまマラソン2012 レポート(その1)

いつもながらの掲載ペースになってしまいました。
ここのところ、マラソンネタが続いて申し訳ありませんが、ご覧いただければ幸いです。

(当日)
朝4時起床、あらかじめ買っておいたパン等で朝食を取り、
5時に自宅を出発、一路徳島を目指す。
高速をひた走るが、朝早いこともあって交通量は少ない、
いや、ほとんど走ってない。
「ん?マラソンの参加者の車が結構走っていてもいいはずなのに、
皆前泊しているのか?」ちょっと気になる。
そして前々から天気予報で言われていたとおり雨、
それだけではない。風が強い。
時々車が横に流されそうになり、ハンドルを握る手にも力が入った。
一層慎重に運転する。

「こんだけの強風で中止になったんじゃ?」

と思い、携帯サイトにつなごうとするが、
皆同じことを考えているのだろうか、繋がらない。
でもどうやら中止ではなさそうと思い、先へ急ぐ。
6時50分頃、徳島IC到着、コンビニに寄った後、駐車場へ。
マラソンコースの一部を車で走る。5km表示があった。
確か以前は3km表示だったと思うが、
今回から新コースなので、表示位置も変わっている。
7時過ぎに吉野川河川敷の駐車場に到着。
シャトルバスで徳島県庁へ向かう。
会場付近では一部渋滞していたが、約20分で到着、
職員会館にて受付を済ませ、
近くのホテルに設けられた更衣室で着替え・諸準備を済ませた。
スタート地点まで距離が結構あることもあり、ホテルにてトイレにも行っておくことに。
まあまあの行列だが、
大会ではどこも混雑するのは想定しておかないといけない。
トイレを済ませ、ホテルの玄関を出た途端、ピュ~ッ!

「お~なんという強い風だ!」

「今日はこんなコンディションのもと、

走らないといけないのか!!」


テンションが一時低下する。
周りにいた人と「風強いですね~。」と話をしながらスタート地点に向かう。
おっと、県庁前でタボさんに出会う。
1万人規模の大会で、なかなかお会い出来ない人も多い中、
よくお会いできました。互いの健闘を誓い合い、先へ急ぐ。
かちどき橋を渡り、東へ向いて歩いていると、
時折ものすごい風が吹いているのがはっきりとわかる。
風の影響で雨も横殴りになっており、時折体を叩きつけるように降っていた。
周りの風景をカメラに収めていたが、カメラもこの時点でずぶ濡れ…、あらら。
拭けるところをさっと拭いて、荷物入れにまとめ、荷物預かりの車に預けた。
スタートはゼッケン番号順に整列するようになっており、
あらかじめガイドでは確認していたが、

実際に歩いてみてどうもだいぶん先の模様。

スタート時間が近づいていることもあり、小走りになっていた。
自分のゼッケンのブロック整列位置に到着、福島橋付近だった。
念のため、近くにあったトイレに並び用を足し、橋を渡って開会セレモニーの開始を待つ。
開会セレモニー、太会長である知事の挨拶に続いて
金哲彦さん、Qちゃんこと高橋尚子さんの挨拶があり、テンションが上がるが、
待っている間も雨は降り続いており、

だんだん体が冷えてくる。

途中から前の人を真似て足踏みしながら待っていた。
スタート2分前、1分前、30秒前とあって、次は…と思っていたら
スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-29 00:42 | マラソン | Trackback | Comments(0)

神戸マラソン、当たるかな?

昨年申込、抽選に外れた神戸マラソン。

(参考)神戸マラソン申込(2011年5月11日投稿)

今年も申し込みを済ませた。
当たらない確率の方が圧倒的に高いとはわかっていても、
申し込まなければ当たらないことは確かだ。
まあ、大阪との同時開催であっても、かなりの高倍率になりそうだから、
あまり期待せずに抽選結果発表を待つことにしたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-25 22:21 | マラソン | Trackback | Comments(0)

とくしまマラソン2012 ラップタイム

昨日参加した「とくしまマラソン2012」のラップライムが
ランネットで公開されていた。
なお、速報版であり、詳細なタイムはもう少し先に出ると思われる。
そういや、5kmごとにマットがあったのを覚えている。

10km   57:37
(参考:スタート地点通過からは55:00 :ネットタイムから算出)
20km 1:51:55 ラップタイム   54:18
30km 2:51:23 ラップタイム   59:28
40km 4:00:11 ラップタイム 1:08:48
ゴール 4:12:59 ラップタイム   12:48


こうしてみると、
途中からの向かい風にもかかわらず、
30kmまではまあ何とかペースを維持出来ていたものの、
30km~40kmの区間でペースダウンしているということが明らかである。
体が冷えてトイレに行ったりしたというのもあると思うが、
前に進むので精一杯の状態だった。
やはり「フルマラソンは30kmからをいかに走るか。」に尽きると思う。

ちなみに2年前に参加した、
とくしまマラソン2010 のラップタイムはこんな感じ。

10km   57:54(参考:スタート地点通過から56:16 :ネットタイムから算出)
20km 1:56:26 ラップタイム   58:32
30km 3:11:12 ラップタイム 1:14:46
40km 4:16:05 ラップタイム 1:04:53
ゴール 4:28:26 ラップタイム   12:21

う~ん、30kmから後は2年前より遅いか…。
2年前は、それまでの歩き交じりから
だんだん復調してきた10kmだったので、後半にしてペースも上がっていた。

さて、記憶が鮮明なうちに、そろそろレポートでも書き始めることとしますか…。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-04-23 23:31 | マラソン | Trackback | Comments(2)