<   2012年 01月 ( 55 )   > この月の画像一覧

千羽海崖コースタル・トレイルランニング レポート(その2)

真ん中くらいと思われるところからのスタート。
スタートして公園内を山道に向かって走り出す。そして山道へ。
山道は狭いためいきなりの渋滞、
そして千羽海崖名物(?)と言われる擬木の階段が早速登場した。
最初混み合っているということもあってか、
階段では走ることは出来ず、前の人に付いて歩いている状態がしばらく続いた。
そして少し平坦なところでは走る、
下りは走るまではいかないまでも駆け足くらいで駆け下りる。
そしてまた上りでは歩き、

基本的にはこの繰り返しがしばらく続いた。

当初段階での目標は、

第一関門(エイド)の突破、

スタートから1時間45分後の閉鎖は結構厳しいというのを聞いていたので、
まずはこの関門を突破出来るよう前へ向かう。
もう一つは、

前の人との間隔をあまり開けないこと、

一部区間を除き、ほぼ一列になって走ることが多いため、
しばらくは前の人に付いていこうと頑張った。
距離表示は無く、主催者曰く、
プログラムについているコース図などを参考にして欲しいとのことだった。
しかし、初トレランの自分としては今どの辺りなのか、
ほとんど見当がつかない状態だ。
しばらくは山の中を走っている感じが続いていたが、
左手に海が広がるのが見えた。
時々ランナーがコースから少し外れ写真を撮っていた。
時折見える海に朝日が射しこむ風景は美しく、

まだ序盤ということもあってか、元気になれた。

時折後から抜かれることもあったが、一定ペース、
きれいな風景を1枚写真に収めておこう、
そういや、ちょっとずつしんどくなってきたなあ、
アップダウンも激しくなってきており給水もしときたいなあ、
そんな思いが交錯して、脇に寄って撮影と給水を済ませた。
序盤の元気なうちに撮った写真
c0034228_2152538.jpg

脇に寄っている間に、随分と抜かれた。

まだ後も結構走っているようだった。

適当なところで列に入り、走りを再開、
下りが続いているところだったが、なかなか急な下りのため、
慎重な走りになり、思うようなスピードでは下れない。
前が徐々に空いて後のランナーが勢いがある感じであれば、
そっと脇に寄り道を譲った。
さっき写真を撮ったのが8時50分過ぎ、
あれから結構走っているので、もうそろそろエイドじゃないかなと思ったが、

エイドらしき物が全然見えてくる気配が無い。

一度声がしたので、エイドかなと思いきや、
コース上の誘導員がランナーに声援を送る声だった。
最初のエイドは7km地点にあるが、
もう10kmはゆうに走ったんじゃないかという感覚でいた。
そこから上り・下りが続き、
とても長い下りの階段を下った後、下り基調の道が続く。
カメラマンが撮影していた。
ランナーが皆ほぼ同じ間隔で走っており、

ここで歩くわけにはいかないと思い、

前のランナーに続いて走り続けた。

「この道、どこまで続くんや~!」

と思っていると、
最後坂を下ったところにテントが見え、
第一関門・エイドのある白沢に到着した。
白沢エイド
c0034228_2153107.jpg

時間はもうすぐスタートから1時間30分になろうかというところ、
ここでスポーツドリンク、水、焼餅、果物をいただく。

特に焼餅が温かくて美味しかった。

まだ序盤、
「ここからは今までよりはましな(コース)よ。」という声を聞き、
少しホッとしながら先へ進む。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-31 21:54 | マラソン | Trackback | Comments(0)

千羽海崖コースタル・トレイルランニング レポート(その1)

※比較的早くに記事にしようと思いつつ、やっぱり遅くなってしまいました。
写真等は、後で記事に挿入するか、別途記事にして出したいと思います。

(前日)
15時少し前に、自宅を出発、松山道~徳島道と高速をひた走る。
途中吉野川SAで休憩するも、高速の運転に疲れてきたこともあって、
徳島ICの一つ手前の藍住ICで下り、そこから市内へ向けて車を走らせるが、
まだ徳島市に入る手前から混雑が始まっており、
徳島市内の192号線~55号線にかけては完全に渋滞にはまってしまった。
週末とあってか、この渋滞がえらい長く、
徳島市内から小松島市に入ってもまだ続いており、
55号線バイパスでやっと渋滞を抜けた感じとなった。
バイパス沿いのコンビニで休憩し、一路日和佐へ。
阿南市から日和佐に入ろうかとするくらいから日和佐道路が開通していて、
少しは時間短縮になった。
18時半頃に到着するかなと思っていたが、結局19時頃ホテルに到着した。
前日受付にぎりぎり間に合うかなとも思ったが、
既に辺りは暗くなっており、当日受付をすることにした。
ホテルに到着後は、
近くの薬王寺温泉に入りに行き、駅近くの店で夕食。
お店の方から、

「明日走られるんですか?頑張ってください。」

と声援を受ける。
この大会、

思っていた以上に地域にも浸透しているようだ。

明日は早いので、22時過ぎ早めに就寝した。

(当日)
朝5時過ぎ、目覚ましで起床。
早速朝食に前日コンビニで用意していたおにぎりなどを食べる。
身支度をして、6時30分少し前にホテルを出発。
コンビニに寄ってから駐車場のある日和佐グラウンドへ向かう。
辺りはまだ暗かったが、もうだいぶん車が停まっていた。
スタート地点である竜宮公園までの送迎バスに乗る。
自分が初めてトレイルランに参加するというのもあると思うが、

周りのランナーが皆すごい人に見えた。

ほどなくしてスタート地点到着。
竜宮公園のスタート地点
c0034228_23165343.jpg

公園隣の体育館で受付を済ませた後、館内でゼッケン取り付けなどの諸準備を行う。
寒いことは寒いが、走っていれば温もるだろう。
エイドが1箇所(2回通過)のため、途中で水分補給が必要になることから、
小さめのリュックにスポーツドリンク(500ml×2本)、菓子などを入れた。
7時30分から外で開会式、
主催者挨拶に続き、

ゲストランナーの鏑木毅さん登場!

トレランの世界ではかなり有名な方なのだとか。
景色を楽しみながら走ってくださいとの挨拶。
c0034228_23172197.jpg

ふと周囲を眺めていると、事前にこの大会に出ると聞いていたネットでの知り合いの方発見、
スタート時間が近づいていたが、挨拶させていただいた。
トレランレースは初めてらしいが、練習はされているようだった。
互いの健闘を誓い合い、スタート地点へ。
スタート近くなって、風が強くなっていた。
1枚羽織るものを念のためリュックには入れていたが、どうしようかな、
まあ、走っていて寒くてたまらなくなれば着ればいいや。
今日はタイムどうこうは意識せず、完走が目的である。
走れるところは走ろうと思っていると、スタートの合図があった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-30 23:17 | マラソン | Trackback | Comments(0)

プチは24種類(その1)

コンビニの菓子売り場を眺めていて、ブルボンの「プチ」を発見!
表示の下の方にある「プチは24種類」という表示を見て、なぜか熱くなった。
「よし、ここは一つ制覇するか!」という気になる。
結構人気のある種類しか置いてなかったりすることも多いこの商品。
さて、どこまで手に入れることが出来るだろうか?

1種類目 チョコチップ
c0034228_23193982.jpg

2種類目 ホワイトチョコラングドシャ
c0034228_23194618.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-30 23:13 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

四万十川 川下り

最後の清流と言われる四万十川
見たり、沈下橋を渡ったりしたことは何度かあるが、
屋形船での川下りは初めての体験である。
屋形船
一般的に夏のイメージが強く、
冬は吹きっさらしになるんでは?と心配していたが、
窓が付いていた。
c0034228_2251719.jpg

四万十川に架かる沈下橋
このような橋が20余りあるのだとか。
c0034228_2252566.jpg

川の流れも緩やかでという印象だが、
雨で増水した時などは激しい流れになったり、
増水が橋を越えて、上の道路付近まで来ることもあるのだとか。
c0034228_2253217.jpg

底が見える。清流たるゆえんである。
約50分、清流や自然をしっかり堪能することが出来た。
c0034228_2253973.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-28 22:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)

四万十市内

ホテルの部屋からの眺め
ちなみに四万十川ウルトラマラソンの前夜祭の会場でもある。
ゴール地点もこの近くである。
2009年10月に60kmの部で完走を果たしたところだ。
ちなみに昨年は抽選で外れ、今年はおそらく仕事で出られない。
でもいつかはここの100kmの部を完走したいなあと思っている。
c0034228_224755.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-28 22:04 | 風景 | Trackback | Comments(0)

はなちゃん

中村駅近くにて、
どこかで見たことのあるキャラクターが描かれているバスを見掛けた。
ちょうど駅前に入っていくところだったので、追いかけて確認。
c0034228_23244665.jpg

四万十市のお隣、宿毛市で3月に開催予定の
宿毛花へんろマラソンのイメージキャラクター、「はなちゃん」でした。
今やすっかり有名人!
はなちゃん列車があるというのは聞いていたが、
まさかバスにも登場しているとは思っておらず、これまたびっくり!

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-27 23:27 | 風景 | Trackback | Comments(0)

高知駅

高知駅到着
列車切り離し作業等で15分停車とのこと。
15分あるなら、外の空気でも吸いに、とホームに出てみた。
しまんと号 高知までの運転
c0034228_23233919.jpg

南風号 引き続き終点中村まで行く。3両編成になる。
c0034228_23234731.jpg

上を見ると、屋根に木が使用されている。びっくり!
c0034228_23235510.jpg

駅前の像、確か坂本龍馬の像だったっけ?あと2人は?う~ん?
(後で調べてみたところ、武市半平太、中岡慎太郎のようです。)
ホームの上ということで、後から撮ります。ごめんなさい!
c0034228_2324362.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-27 23:24 | 風景 | Trackback | Comments(0)

雪景色

昨日、今日と行っていた出張の道中の様子、
時折は携帯からの更新で記事にしていましたが、
携帯から更新出来なかった部分について、ぼちぼち書いていきたいと思います。

昨日
土讃線の特急南風号に乗り換え、
香川県から徳島県に入った辺りで雪景色に変わった。
「トンネルを抜けると、そこは雪国…」なんてまではいかないが、
それに近い景色が辺り一面に広がった。
c0034228_23221690.jpg

間もなく阿波池田に到着する頃の窓からの景色
c0034228_23222469.jpg

大歩危駅にて
c0034228_23223249.jpg

ここからしばらくが一番雪が積もっていたように思う。
空にはどんよりとした雲、同じ四国なのか?と感じるほどだった。
c0034228_23223934.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-27 23:22 | 風景 | Trackback | Comments(0)

おはようございます!

c0034228_22484190.jpg

おはようございます。
宿泊しているホテルの窓からの一枚です。
早朝ランを出来るかなとラングッズも持参してましたが、
昨日久々に飲んだこともあり、残念ながら出来ず。 まだまだ意志が弱いです。
こちらは今ようやく日の出を迎えてます。
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-27 07:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)

四万十

c0034228_22493880.jpg

土佐の小京都、中村に来ました。
南国土佐とは言いますが、こちらも風が冷たいです。
[PR]
by fujitaka_1 | 2012-01-26 12:15 | 風景 | Trackback | Comments(0)