<   2010年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧

第53回にいはま納涼花火大会(その3)

花火大会のメインプログラムの一つ、ナイアガラの滝
クレーン車を用いて、水が流れる滝のような花火を演出する。
その長さもほぼ橋と橋との間、大体400mくらいになる。
観客が注目、そして歓声を上げる瞬間だ。
c0034228_094435.jpg
c0034228_095191.jpg
c0034228_095790.jpg

ナイアガラの滝の後、華々しく打ち上げ花火が上がる。
c0034228_010449.jpg

今年もあっという間だったが、夜空に輝く光の芸術を楽しむことが出来た。
c0034228_0101469.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-31 00:10 | 風景 | Trackback | Comments(0)

第53回にいはま納涼花火大会(その2)

会場にて
写真を撮りながら、光と音の芸術にしばし見とれていた。
後で見てみると、
打ち上げ花火にもいろんな色・姿・形があることがわかる。
それぞれに趣があって良い。
アップで撮っていると、一部切れていることも多く、
花火全体を撮るのもなかなかだ。
いつもの?「数打ちゃ当たる」作戦を今年も敢行。
c0034228_083096.jpg
c0034228_083694.jpg

チラシ等では四国最大級で9,000発とある。
打ち上げ発数もかつては5,000発~6,000発で推移していたように思うが、
ここ最近でだいぶん増えたようだ。
確かに最後の方を中心に、かなり華やかに打ち上げるよなあと感じていた。
c0034228_084271.jpg
c0034228_084935.jpg

今年一番きれいにとれたのは、この写真かな?
c0034228_085658.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-31 00:09 | 風景 | Trackback | Comments(0)

第53回にいはま納涼花火大会(その1)

夕方、仕事から帰るのに、花火大会の会場を通らないといけない。
帰宅する頃には人の波で、自転車もなかなか思うようには進まなかったが、
混雑の中、いつもの1.5倍くらいの時間で帰宅。
しばらく家のベランダから見ていたが…。
c0034228_045625.jpg

今年は久々に思い切って会場まで歩いて行くことにした。
c0034228_05286.jpg

家で見るのもいいが、近くで見るとより迫力がある。
c0034228_053576.jpg
c0034228_054238.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-31 00:05 | 風景 | Trackback | Comments(0)

にいはま納涼花火大会(準備編)

2日連続、通勤途中に同じ箇所から撮影です。
しか~し、今日は昨日と違って天気もよい。
そして河川敷に機材や人がぞろぞろと…。
そう、今日は地元の花火大会の日で朝から準備を始めている。
c0034228_033253.jpg

朝はまだ静かだが、
夜には人も集まり、花火と音と光とともに辺り一帯が賑わう。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-31 00:03 | 風景 | Trackback | Comments(0)

雲に乗りたい

通勤途中の風景
今日は雲が一段と低い位置にあるようだ。
もっと雲がかかっていれば、「雲海」と呼べる風景だったかもしれない。
こんな時、そのうち雲がもっと低い位置になって掴めるんじゃないか、とか、
雲に乗ってどこかへ行けないかな、なんて想像してしまうのは
fujitaka_1だけだろうか?
c0034228_23504819.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-29 23:50 | 風景 | Trackback | Comments(0)

パソコンを選ぶ?

仕事帰りに近所にある大型電器店へ。
パソコンのコーナーを覗いてみる。
仕事でもパソコンを使っているからか、
最新のWindowsパソコンを見ても、どうも目新しい感じがしない。
10年以上前に初めてパソコンを買った時には、どのパソコンも新鮮な感じがして、
わくわくしていたはずなのに…。
時の経つのが早いのか、コンピュータの進化が早いのか。
機能・アプリケーションもどんどん増えているはずなど、
心をそそる要因は他にもありそうなはずなのに…。
あまり使いこなせていないからかな?
それどころか、パソコンを見ると、
時々「家でも仕事しなさい!」なんてパソコンに語り掛けられそうで、
正直テンションが下がりそうになる。
う~ん、こうなると昔記事にも書いたMacがいいのかな?
c0034228_23393756.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-29 23:39 | 雑感 | Trackback | Comments(3)

汗見川清流マラソン大会 レポート(その1)

久々のレポートです。
まだ書ききれてない大会の分もありますが、
よく覚えているものから書いていこう…。

(前日まで)
暑い時期のマラソンでおなじみ、
汗見川清流マラソンの申込書が送られてきたのが5月の中旬、
それ以前から、今年はハーフの部が新設されるという情報をちらりと得ていた。
「あのコースでハーフか…。」

正直考えただけで汗が出るほどだ。

でもこの時期のハーフマラソンは数が少ないのと、
自分の仕事の都合で出られる大会がある程度限られていることもあって、
締め切り直前に申し込みをした。
仕事の都合で走れない日が続いていたが、
少し落ち着いた頃から「少しずつでも走っておかなければ」と夕方走ったが、
長いこと走ってなかったことによる体のなまりは
ある程度覚悟はしていたものの、予想以上であり、

全く思うように走れない。

まずスピードが上がらない。
ちょっとスピードを上げると息が上がる。
おまけに大会前1週間は梅雨明けしたこともあってぐっと気温が上がり、
走るにはあまり適さないような天気となる。
休みの何日かは昼間に走ったが、
かつて走っていた半分の距離でも、走り終わった後はバテバテの状態。

「えっ、こんな状態でハーフ走れるんかいな?」

と思いっきり不安になるが、
タイムを気にせずまずはマイペースで完走を目指そうと
気持ちを切り替えると少しは楽になった。

(当日)
朝6時過ぎに起床、朝食をとって自宅を7時前に出発、
2年前に参加した時より受付時間に若干の余裕があるので、
ゆっくりめの出発だ。
大豊ICで高速を下り、そこから国道を経由して
一路受付のある本山町吉野クライミングセンターへ。
車を走らせている道中、雲が出ていたことから、
今年はカンカン照りだった2年前に比べれば
走りやすいのではないかと予想する声もあったが、
それでも暑い夏であることには変わりなく、
走りやすいとまではいかないだろう。
ハーフコースの新設等により、参加者も大幅に増えているからか、
今年は駐車場が早明浦ダム下の河川敷になっていた。
だいぶん車も入っており、石がごろごろしたところに車を停める。
受付を済ませ、着替え等をするために吉野小学校体育館へ。
駐車場から受付会場へ向かう。
c0034228_23325756.jpg

参加者増に対応したものだが、案内表示がなく少々迷ってしまった。
事前に送付される案内をしっかり見てなかったのも悪かったが、
当日の案内板設置などもあればなあと思った。
ここまで歩いてきただけでももう汗をかいている。
着替え・ゼッケン取り付けなどの準備を済ませる。

おっ、ランナーズチップが入っている。

計測にチップを使うとはなかなか進化しているのでは?と思った。
準備を済ませ受付付近に戻った頃には開会式が終わりかけていた。
(タボさんの気合いの入った宣誓が見れなくて残念でした!)

荷物を預け、アップがてら受付会場の周囲を走る。
2年前に走ったグラウンドは今年はオープンカフェ等の
イベント会場になっているため、ロードを走る。
暑い中だったが、周りのランナーにペースを合わせるように走った。

アップがてら走った後、水分補給をしたり、
周りの人と決意表明しながら談笑していると、もうスタート10分前、
受付終了からスタートまで2時間余り過ごした2年前とは大違いである。
2年前はスタート1分前くらいで
やっとスタート地点に集まりだすほどの暑さだったが、
今年は暑いながらも思いのほか早くから集まりだしている。

2年前よりは暑さがましなのか、

それとも参加者の気合いが入っているのか、


個人的には後者の方だと思うが、
今年も気合いの入ったランナーに押し出されるように並ぶ。
2年前は最前列だったが、今年もかなり前の方に並んでしまった。

来年のパンフレットに載ったりするかなあ

という魂胆が出てしまった。(笑)
ちなみにハーフマラソンだからか、
以前より若干スタート地点が後ろの方になっているようだ。
スタート2分前、1分前のコールがある。
立っているだけで汗が出るほどの暑さだが、

久々の大会出場でこれから走りきれるかという

不安や緊張感の方が勝っていた。


午前10時、スタートの号砲が鳴り、ランナーが一斉に駆け出した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-28 23:26 | マラソン | Trackback(1) | Comments(0)

星越選鉱場付近の風景(1)

夜のライトアップの前に下見がてら訪れた時の写真を
記事にしていきたい。
星越トンネル
車で走っているだけでは気づかないところ。
昔ここを鉄道が走っていた。
c0034228_23245169.jpg

トンネルから東方向を臨む。
線路跡を眺めながら、鉄道が走っていた風景を想像する。
残念ながらfujitaka_1の生まれる前に、もう走ってなくて
実際に見たことはないのだが…。
c0034228_2325110.jpg

星越駅舎
c0034228_2325965.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-28 23:14 | 風景 | Trackback(1) | Comments(0)

高知・本山 汗見川清流マラソン(速報)

第23回 高知・本山 汗見川清流マラソン大会に参加した。
c0034228_23152430.jpg

2年前に引き続き、2回目の参加である。
今年は

新設のハーフの部に参加した。

同じ事を考えている人も結構いたようで、参加者が例年よりかなり多い。
2年前に出た時は、ほぼ上り一辺倒のワンウェイコースだったが、
今回はスタート・ゴール地点がほぼ同じで、
同じ道を上って下りてくるコースである。
予想は出来ていたが、

暑さにやられた。

給水所での水分補給はしっかりしていたのだが、暑さと湿気がきつかった。
途中地元の人が作ってくれたシャワーの下を通ったり、

水を何度もかぶった。

そのくらいしないと暑さはしのげない。
ここ最近まで走りこんでいなかったこともあり、上り坂を中心に苦しい走りとなった。
タイムは2時間1分12秒、夏のマラソンはまず完走という目標は達成できたが、
7~10km地点にかけて続く上り坂を中心に、
途中踏ん張りが利かなかったことが反省点である。
レポートはぼちぼち書いていきたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-25 23:15 | マラソン | Trackback(1) | Comments(4)

星越選鉱場(その2)

ライトアップは19時30分~21時まで。
暗闇の中に、選鉱場が光に包まれて浮かび上がるようなものを
イメージしていたものの、
選鉱場全体を回転する光が包むといった感じで、
撮った写真を見てみると、光の軌道のみが写っている感じになり、
思うように撮れなかった。
個人的にはもう少し明るいものを期待していただけに少々残念。
もう少し早めに来れば良かったのかな。
c0034228_23143239.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2010-07-25 23:14 | 風景 | Trackback | Comments(0)