<   2009年 07月 ( 30 )   > この月の画像一覧

<速報>第52回にいはま納涼花火大会(その3)

花火大会が最高潮に達する頃、
「ナイアガラの滝」と呼ばれる仕掛け花火が河川敷いっぱいに広がって催される。
我が自宅のベランダからもほんの一部分ではあるが、見ることができる。
「ナイアガラの滝」の後は、華々しい打ち上げ花火である。
c0034228_23445123.jpg
c0034228_23445682.jpg

夏の風物詩の一つ、花火、
昨年は夏真っ盛りに開催されたが、
今年は今日やっと梅雨明けしたところだ。
これから本格的な夏が始まる。
合間合間で夏の風景を撮ってみたい。
c0034228_2345361.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-31 23:45 | 風景 | Trackback | Comments(2)

<速報>第52回にいはま納涼花火大会(その2)

一瞬の華やかさを求めて…。
c0034228_23431799.jpg

会場が近いこともあり、花火の音もかなり大きかったりするが、
それでも打ち上げ花火には魅せられるものがある。
c0034228_23432437.jpg

一つ一つのプログラムが終わった後の静けさもまたいい。
「祭りのあと」、物思いにふけるもよし、
次のプログラムを想像するもよし、だ。
c0034228_23433091.jpg

だいぶん終わりに近づいてきた。
c0034228_23433613.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-31 23:43 | 風景 | Trackback | Comments(0)

<速報>第52回にいはま納涼花火大会(その1)

今日、地元では花火大会があった。
最近は自宅のベランダが定着している。
毎年、来年は会場に行こうと思っているにもかかわらず…。
だんだん出不精になっているのだろうか?
花火の写真って難しい。
「いい感じ」と思ってシャッターを押しても、
後で見ると、「えっ、ほとんど写ってないじゃん?」と思うこともしばしば。
今年も振り返ってみてあまりいい感じには撮れていないものの、その分

どこよりも速く

をモットーに写真を掲載していきたい。
c0034228_23364040.jpg
c0034228_23364677.jpg
c0034228_23365287.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-31 23:36 | 風景 | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その5)


折り返しを過ぎてしばらくは今まで上ってきた坂を下る。
体が熱を帯びてきて、放出したがっている感じになったので、
半袖の袖の部分をまくってしばらく走った。

ランシャツのような格好になった。

前半下ってきた部分が後半上り、
もう残りの距離もだんだん少なくなってきているので、
走りきりたい気持ちはあったが、

足が付いていかなかった。

そして一度歩きが入ってしまうと、どうしても意志が弱くなる。
昨年もこの坂でだいぶん歩いた、
「もう歩いても完走できる。」なんて思っていた、
だから、今年も

「もういいんじゃないか?」

と心が折れかけたが、
そこで大会前に頂いた励ましの言葉の一つを思い出した。

「初出場の昨年と違い、コースもわかっているので、

昨年の記録を上回るのは当たり前だ。」


何か厳しいこと言うなあと思っていたが、その言葉がふと頭をよぎった。

「このままではいけない。走らなきゃ駄目だ。」

昨年歩いた上り坂を走る。
歩いた距離はだいぶん少なくなっていた。
給水所を経て前半も来た坂の頂上、
頂上に達した時に、

「よっしゃ、ここから下りや。」

という言葉が口に出ていた。
そこからは長い坂をひたすら下った。
昨年よりも速いペースだと自分でもわかった。

まだ走る力は残っていた。

坂を下りながら、「前半の上りはやはりきつかったんやなあ。」
と自分を振り返っていた。
あと1kmの表示、周りの景色も見渡すことができた。
この当たりになると前後のランナーも格段に少なくなる。

ほぼ単独行の状態だ。

最後500m当たりのところに給水所があるはずなのだが…と思っていると、
係員が道路の反対側で手に持ってくれていた。
もう少し、最後の力を振り絞る。ゴールマットが見えた。

ゴール地点の地芳峠
c0034228_02828.jpg

自分なりの全力疾走で最後両手を挙げてゴールした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-29 00:03 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その6)

ゴール後のひととき
c0034228_029126.jpg

ゴール後は飲み物をいただき、しばらく座り込む。

もう何も考えることができなかった。

しばらくすると雨がぱらぱらと降り出したが、お構いなしであった。
そして完走証を貰いに行く。
2時間5分50秒、昨年より約9分短縮することができた。

完走証
c0034228_0292667.jpg

やはり歩こうかなと思ったところで走っておいて良かった。
そして最後の激走も効果があったと思う。
弁当も取りには行ったものの、まだ食べられない。
他のマラソンでは結構すぐに弁当など食べられるのだが、
この大会の後は、ボリュームのある弁当なのだが、
しばらく食事が喉を通らない。

それだけコースが過酷ということだろうと思っている。

受付場所までの送迎バスは今年も結構待ったが、
それでも戻ってきた時間は昨年より速かった。
駐車場にて涼しい風に当たると、食欲も出てきて弁当を食べ、帰途についた。

※更新が遅くなりましたが、ご覧いただき、ありがとうございました。

おまけ
国道440号線沿い、途中にある「ごうかく」駅
今回の走りは、合格だったかな?
c0034228_0301347.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-29 00:03 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その4)


下り坂の途中で給水所、
昨年はここでえらく給水した記憶があるが、
今回はコップ1杯で間に合った。

やはり走りやすいのかな、と思う。

折り返しのランナーが少しずつ増えてきているが、
この時点ですれ違うランナーは速い。
折り返しは上り坂のはずなのにぐいぐい上っている。
坂を下ると、
5km過ぎからの上りほどではないものの、アップダウンがある。
ぐいぐい走るというところまでは出来ない。
とにかく

「一歩ずつ前へ」

の気概を持って走る。

12km、そろそろ折り返し地点じゃないかと思う頃に折り返しが見えた。
それは遥か上方を走るランナーの姿でわかった。

「うわっ、あんなところだったっけ?」

気が遠くなりそうだったが、もうすぐだ。
坂の手前の給水所で給水、
昨年はここで水を頭から何杯も被ったが、今年はあまり被らなかった。
そして、上り坂、ここは走って上った。

意地が残っていた。

12.5km地点、ここで12時のサイレンらしきものが鳴ったことを記憶している。
スタートから1時間20分経過していた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-29 00:01 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その3)

大会プログラム
c0034228_0264412.jpg

スタートして最初の5kmはほぼ下り基調、
昨年は初参加でコースがわからなかったため、かなり抑えて走ったが、
今年はコースもわかっているので、
この区間は調子を上げて駆け下りた。
途中2km過ぎの給水所の混雑も昨年よりは緩和、水をいただいた。
ゴール地点の地芳峠前を過ぎ、少し走った後、大野ヶ原方面へ。

いよいよ上り坂の始まりだ。

昨年かなり歩いてしまった上り坂、
今年はまずは「歩かず走る」ことを目標にしていたので、
この上り坂を

とにかく抑えて走ることにした。

一歩一歩しっかりとした足取りで前へ。
上り坂に入ってしばらくすると10kmランナーの速い人達が折り返してきた。
折り返しは下りなので、ものすごく速い。
一方、自分はまだ始まったばかりの坂、ゆっくりでも上る。
歩いているランナーもこの時点でもかなりいる。
気が付くと前のランナーのほとんどが歩いているような状態の時もあった。
意志が弱くなる。

「もうそろそろ歩いてもいいんじゃないか?」

自分の心の中に誘惑が入り込む。
でも折り返しまでは5kmもあるようなところ、

まだ負けてはいなかった。

7km地点で給水、水分が体に浸透する。
ところで去年は天気も良く日差しもきつかったが、
今年は雲も多く、湿気はあるもののコンディションとしてはまだいい方だ。
10kmの折り返し地点を過ぎてしばらくして8km地点、

一つの難所はクリアしたかなと思う。

時折勾配のさほどないところ、平坦に近い道もある。
9km、

あの長い坂に差し掛かる。

えい、えい、えい、上るぞ~と思うも、
心の中は「もう限界」、スピードが落ち、

ここで歩いてしまった。

この坂は本当に強烈な坂、一度走りきってみたいものだ。
その後は歩きと走りを交ぜつつ、坂のてっぺんに到達、ここから少し下り坂になる。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-28 00:06 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その2)

(当日)
朝6時前に起床、朝食をとって6時30分頃に自宅を出発、
松山までは高速、そこからは国道33号線、国道440号線を経由して、
一路受付場所の姫鶴平グラウンドへ。
今年はゆっくりめの出発で余裕をかましていたら、
国道440号線の最後のくねくね道で時間が掛かり、
到着したのが何と受付終了間際であった。

危ない危ない。

グラウンドに車を停め、まずは受付まで走って行き、手続きを済ませる。
今年は受付をはじめスタッフの方がお揃いのTシャツを着ている。
受付でゼッケン、RCチップ、参加賞などを受け取り、
車まで戻って準備を始めた。

開会式の様子
駐車している車付近から。随分と遠くからの撮影になってしまった。
c0034228_024333.jpg

開会式を見ながら準備を済ませる。
準備運動をしながらトイレに並ぶ。
昨年仮設トイレの台数が少なかったのに驚いたが、
今年は増設されていてスムーズに流れていた。

今年は雲も結構出ていた。
c0034228_0253640.jpg

ほとんど走る間もなく、スタート地点行きのバスに乗る。
急坂をエンジン音を上げながら上る。
スタート地点到着時点で10時、周辺を少し走ってみる。

上り坂は足にくる。

下り坂では快調に走れるが、足にきそうな坂だ。
ちなみにスタート地点から坂を下ったところにもトイレが増設されていた。
この当たり参加者に配慮して改善されている。
10時20分、5kmの部が先にスタート、勢い良く駆けていった。
スタートまであと20分、
参加者同士、四万十ウルトラマラソンに当たったとか外れたとか、
四国内のマラソン大会の話をしている人もいた。
私も何度か同じ大会に出た人ともお会いし話をした。
念のためもう一度トイレに行き、スタート地点に並ぶ。
とにかく完走を目標に、と思っているとスタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-28 00:05 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン大会 レポート(その1)

第23回四国カルスト高原マラソン大会~速報~(2009年7月19日投稿)

レポートを書く書くと言っておきながら、
すっかり遅くなってしまった。
なので、ペースを上げて書いていきたい。

(前日まで)
5月頃、そろそろ申込の時期かなと思い、
梼原町役場のページを開くも、なかなかマラソンのページが出ない、
と思いつつぼちぼち見ていると、
役場のサイトから専用のサイトへのリンクが出来ていた。

大会専用のサイト、

今年はここから申し込みもできるようだ。


締め切りも今年は少し遅めだったと思う。
参加料が1,000円アップしていたので、少し考えたが、
この時期の大会で適当なものが他になかったこと、
次の週の汗見川清流マラソンは別の用事で出られないことから、
締め切り近くに申し込みをした。

5月後半はふくらはぎの痛みなどで整骨院に通っていたため、
ほとんど走れなかったが、
ぼちぼちでもいいから走ってみようと走り出すと、何とか走ることができた。
6月は梅雨の時期ではあるが、
空梅雨で雨も少なかったことから、昨年よりは走れたと思う。
しかし、長距離は池田池5周が最高、

そして坂ランもやっていない。

大会前に不安材料だらけではあったが、

とにかく走るしかない。

そんな気持ちで前日の夜を過ごした。
 
人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-28 00:04 | マラソン | Trackback | Comments(0)

第148回TOEICテスト、受けてきました。

(参考)新TOEICテストに挑戦!(2009年5月22日投稿)

今日は早朝から清掃作業、
家から近いので走って行くも、出発した途端に土砂降りに…。

普段朝走らないのに、

走ったりするからかな?(笑)


集合場所に行き、ゴミを拾って早めに終了、
少し走っただけなのに、ずぶ濡れになって帰宅。

その後、しばらくして前に挑戦宣言をした
TOEICテストに立ち向かうべく、松山へ。
前回の受験から、

5年ぶりの受験となった。

c0034228_0115070.jpg

問題用紙も回収されるため、答え合わせが出来ないが、

頭を悩ませる問題、

続出でした…。


覚悟はしていたものの、
リーディングは最後の問題まで行き着かなかった。
最初の文法の問題で悩みすぎたかな、と終わってから反省。
リスニングは前半は自信を持って回答できた問題もあったものの、
後半は、聞いていて※&$#…な状態…、ほとんど勘で回答した。
ショートトークと言いながら、結構長いよ…。
詳細は、またぼちぼち書いていきたい。

まあ終わったので、まずは一安心?といったところか?
スコアが返って来るのが楽しみでもあり、ちょっと怖くもある。

今日のランニング:国領川河川敷等 2.0km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2009-07-27 00:21 | TOEIC | Trackback(1) | Comments(0)