<   2008年 07月 ( 49 )   > この月の画像一覧

高知・本山 汗見川清流マラソン レポート(その3)

大会パンフレット
c0034228_23462861.jpg

マラソンコース(略図)(全体図)
c0034228_23464747.jpg

マラソン大会に参加したことある人なら、
たいていの人はペース配分を考えながら走ると思うが、
スタート直後はどんな走りをするだろうか?
最初から距離を稼ぐべく思いっきり飛ばす人、
最初はゆっくりと、だんだんとペースを上げていく人、
最初から最後まで一定ペースで走る人など様々だと思う。
ちなみに私は、最後に書いた「一定ペース」派である。
いや、「一定ペース」派を標榜するだけで、実際は歩いていたりもするのだが…。
スタートしてからしばらくは比較的平坦である。
c0034228_2347548.jpg

スタート直後、
おそらくほとんどのランナーが思いっきり速いペースで駆け出し、
のんびり走ろうとしている私を次々と抜いていった。
いくら10kmコースとは言え、
このスタートのペースは、

速い、速過ぎる!

正確に数えている訳ではないのだが、
おそらく最初の1、2kmで何百人というランナーに抜かれたように思う。
走りながらふと思った。

もしかして、

このまま最後のランナーになってしまうんじゃないか?


おかげで10km走っている途中、
一度も後ろを振り向くことができなかった。
本当に「周りにのまれていた」状態であった。
この「周りにのまれる」という状態は、
小豆島でも経験しており、四国カルストの時は抑えることができたのだが、
ついついオーバーペースになってしまいがちだ。
「焦らずにゆっくりと」とは思うのだが、なかなか思い通りには走れない。
自分の学習効果の無さに半ば呆れてしまう。
そして予想はしていたが、

とにかく暑い!

そりゃ歩いていても暑いのに、走っている、
しかもオーバーペースで走っているのだから余計に暑く感じる。
日差しも強いし、路面からの照り返しというか、
もわっとした空気が流れている。
また、コース図では給水所は6箇所あるのだが、
スタートしてから最初の給水所までが結構長い。
そうこう走っている間にもどんどん抜かれた。
これはえらいマラソンに来てしまった…3km辺りではそう思っていた。

今日のランニング:国領川河川敷等 7.7km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-31 23:47 | マラソン | Trackback | Comments(2)

高知・本山 汗見川清流マラソン レポート(その2)

辺りをぶらぶらした後、再び建物の中に入る。
受付時にもらった大会冊子を再度見てみる。
今回のマラソンのコース図が書かれてある。
今回出場するコースは10kmコース、実際の距離は9.7kmである。
吉野川の支流である汗見川を上流に向かって上るコースだ。
事前に収集した情報によれば、前半より後半の方がきついとか。
確かにコース図を見ても、6km地点から上り坂8%、10%などという表示がある。
一体どんな坂が待ち受けているのだろう。
少し不安になるが、全体で10km、普段練習してきているし、
先週の四国カルスト高原マラソンでの苦しさを思い出せば、
今回はまあ大丈夫かなという気で時間が過ぎるのを待っていた。
初参加なので、目標は設定しにくかったが、50分で走れればという気持ちはあった。
10時少し前に、ゴール地点行きのトラックに荷物を預ける。
c0034228_081887.jpg

汗見川、この川を上流に向かって上る。
c0034228_092421.jpg

スタート地点は早明浦ダムの真下付近だ。
c0034228_093258.jpg

土佐町と本山町の町境を橋が通っている。
c0034228_09464.jpg

c0034228_095924.jpg

受付場所の吉野クライミングセンター
c0034228_01088.jpg

さすがに時間を持て余すだけというのもまずいかなと思い、
準備運動をした後、何人かが走っているセンター裏のグラウンドを軽く走った。
グラウンドは隅のわずかな部分しか影がなく、日差しの強い中を走った。
う~暑い。軽く走っただけで汗が吹き出てきた。
あと数十分でスタートする本番はもっと暑いんだろうなあ。
そんなことを考えながらスタート地点付近にいた。
スタート1分前になると、付近の影から続々と選手がスタート地点に出てきた。
少し前から集団の前の方にいたので、何と最前列からのスタートとなった。
まあいつものようにマイペースで行こう、
そう考えているとカウントダウンが始まり、スタートの号砲が鳴った。
c0034228_084117.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-31 00:10 | マラソン | Trackback | Comments(2)

高知・本山 汗見川清流マラソン レポート(その1)

7月27日(日)に開催された高知・本山汗見川清流マラソン大会に参加した。

当日朝5時半過ぎに起床、朝食をとって自宅を出発、
先週の四国カルスト同様の出発となった。
四国カルストよりだいぶん近いので、もうちょっとゆっくりできそうな気もするが、
受付時間が8時半までということや、
一緒に参加する人の自宅を回ったりしていると、
あまり悠長にも構えているわけにはいかない。
外はやや雲はあるものの、早朝から日差しが強く、
猛暑の中でのマラソンとなることを予感させるものであった。
付近にコンビニはないと思われたため、
新居浜出発前に高速インター近くのコンビニで食料を調達、
おにぎりとお茶を購入した。
大豊ICまで高速、そこから国道439号線などを走り、
一路受付の本山町吉野クライミングセンターへ。
インターを下りたところに早速案内看板があった。
私だけかもしれないが、
こういう大会の案内看板を見ると、自然と気持ちが高ぶってくる。
インターから20分程度で受付に到着、
近くの中学校のグラウンドに駐車し、受付を済ませた。
受付を済ませ、センターの建物に入り、
ゼッケンを付けたり、おにぎりを食べたりする。
受付からスタートまで約2時間もある。
アップするのもまだ早いし、
こんなことならもう少し受付を遅くしてもらってもいいのではないかと思った。
開会式が行われているようだったので、外へ出て辺りを撮影した。
c0034228_2348668.jpg
c0034228_23481693.jpg

選手宣誓も行われていた。
c0034228_2348273.jpg

ほどなくして開会式は終わったが、まだ2時間近くある。
辺りでは近くのグラウンドなどを走っている人、
ボ~ッと過ごしている人、談笑している人など様々だった。
それにしても暑い。こうして外で写真を撮っているだけでも汗が吹き出てきた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-29 23:45 | マラソン | Trackback | Comments(2)

四国カルスト高原マラソン レポート(その10)(おまけ編)

参加賞
オリジナルTシャツ
今回のものかどうかはわからないが、
このオリジナルTシャツを着て参加している人を見掛けた。
c0034228_23434296.jpg

お茶
蓋の部分に参加記念の文字が入っている。
梼原町はお茶の産地でも有名だ。
c0034228_23435485.jpg

大会プログラム
あれだけ苦しかったのに、終わってしばらくするとまた懐かしさが出てくるから不思議だ。
c0034228_23441075.jpg


長文レポートをご覧いただき、ありがとうございました。
続いて昨日参加した汗見川清流マラソンのレポートを書きたいと思います。

今日のランニング:国領川河川敷等 5.8km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-28 23:48 | マラソン | Trackback | Comments(2)

四国カルスト高原マラソン レポート(その9)

ゴールして、RCチップを外し、完走証を受け取りに行く。
タイムと順位が表示された完走証を受け取る。
2時間14分39秒、自分では結構歩いた区間も多かったため、
タイムも小豆島くらいかなと思っていたが、思ったより速かった。
でもここまで来たら速いも遅いもない、
とにかくアップダウンの激しいこの大会コースを
完走したことに対する充実感が体全体に広がっていた。
荷物を受け取り、昼食をとる。

ゴール地点にて
c0034228_23403254.jpg
c0034228_23404162.jpg

弁当の蓋を開けて早速食べようとするが、なかなか喉を通らない。
走り終わった後は、たいていこのパターンである。
お茶を飲みながらゆっくり食べるが、
一緒に来ていた人にも待ってもらって申し訳ないので、
残りは帰りに食べることとした。(後に完食しました。)
その後、駐車場までのバス乗り場まで300mほど坂を上り、
バスを待つもなかなか来ない。
後でバスに乗っていてわかったのだが、
狭い道の上に、車が多くて離合に時間が掛かっているようだった。
14時30分頃駐車場に到着し、帰途についた。
あのアップダウンは今でも忘れることができない。
思い出に残る大会となった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-28 23:42 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四国カルスト高原マラソン レポート(その8)

折り返し地点を過ぎ、あと7.5km、
大体いつも走っている距離だと思えば少し気は楽になった。
ここからは下り基調、まず

「上りで歩いた分を取り返すぞ!」

と意気込んで、ペースを上げようとする。
しかし、足が思うように前に出ない。
下り基調で前半走ったり歩いたりして上った分は、
帰り下りで何とか走ることができるのだが、
前半下ってきたところは帰りは上りになり、
途端に足が止まって歩いてしまう。
15kmくらいまでの上りはかなり歩いていたと思う。
前半苦しんだ坂の頂上まで上ると、
あとは下りか平坦な道、力を振り絞って走った。

「もうちょっとだ。」

「前半歩いたのだから、後半くらいは頑張れ!」


と自分に言い聞かせながら走った。
16、17kmと来た辺りから「あと○km」の表示に変わった。
「ここは前半歩き始めたところだったかな」とか思いながら走った。
あと1kmの地点付近でほぼ同じペースで走ってきた方と走りながら話をする。
この大会は今回で3度目だとか。
このアップダウンの激しい大会に3度も出るとはすごいと思った。
あと500m辺りで国道440号線に合流、
やっとここまで帰ってくることができた。
最後力を出し切るように走り、ついにゴール!
自分との長い戦いが終わった。

ゴール地点の地芳峠
c0034228_23375757.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-28 23:38 | マラソン | Trackback | Comments(0)

高知・本山 汗見川清流マラソン大会~速報~

まだ先週の四国カルスト高原マラソンの記事も書ききっていないのだが、
今日は、高知県本山町で開催された
高知・本山 汗見川清流マラソン大会に参加した。
コースは10km(実距離9.7km)であるが、
後半を中心に上り坂が続くコースである。
おまけに猛暑の中を走るため、10kmと言えどもきつい大会となった。

スタート地点 到着した時から日差しが強く、
これからのレースがきついものとなることをうかがわせるものであった。
結果は、1時間を何とか切ることができた。
c0034228_2323490.jpg

汗見川渓谷 大会の名前どおり清流である。
ちなみに下の写真は、帰りのバスから撮影。
c0034228_23231364.jpg


詳細レポートは、四国カルスト高原マラソンのレポートを書ききってから
ぼちぼち掲載することとしたい。

今日のランニング:高知・本山町 汗見川渓谷 9.7km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-27 23:37 | マラソン | Trackback(2) | Comments(2)

四国カルスト高原マラソン レポート(その7)

10kmを過ぎた。
あと半分だが折り返し地点まで来ていないため、
まだまだ油断は出来ない。
時計を持っていなかったので、道端で警備をされている人に時間を聞いてみる。
11時55分、スタートから1時間15分程度とのことだ。
上り坂ではかなり歩いたので、
相当時間が経っていると思いきや、思ったほど経っていなかった。
アップダウンを繰り返して、給水所、
その後、それまで走ってきた道から分岐するような形で上り坂が続いた。
どうやらこの先に折り返し地点があるようだ。
かなり傾斜もあったと思うが、
せめて折り返し地点までは走って上ろうと思い、踏ん張って上る。
普段なら絶対に諦めて歩いている坂もこういう時は上れる。
後で振り返ってみると、実力以上の力が出ていたように思う。
こうして12.5km、折り返し地点に到達した。
まだゴールまでは7.5kmあるが、上りきったという達成感があった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-26 23:49 | マラソン | Trackback | Comments(0)

にいはま納涼花火大会(その2)

昨年も書いたが、前の電線がなければもっと広い範囲が撮れたと思う。
c0034228_23595396.jpg
c0034228_00127.jpg
c0034228_001054.jpg
c0034228_00221.jpg

今年も地元の夏の風物詩を堪能することができた。
c0034228_003349.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-26 00:00 | 風景 | Trackback | Comments(0)

にいはま納涼花火大会(その1)

(参考)<速報>にいはま納涼花火大会(2007年7月27日投稿)

昨年も掲載した花火大会の写真、
今年は会場まで見に行ってみようかなあとも考えたが、
ここ最近の猛暑と人混みでさらに熱気でムンムンしていることが予想されることから、
今年も家のベランダからの観覧となった。
音も会場並みに聞こえることから、臨場感はあるように思う。
途中まで1階にいて慌てて上がったので、今年もコンパクトカメラ(花火モード)で。
c0034228_23562863.jpg
c0034228_23564651.jpg
c0034228_23565497.jpg
c0034228_2357487.jpg
c0034228_23571398.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-25 23:59 | 風景 | Trackback | Comments(0)