<   2005年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

私はよく出掛けていると言われるものの…

このブログを読んで頂いている方々から
普段からよく出掛けているとか、休日には家にいたことがないまで
言われることが多いものの、
家にこもりっきりの時もあるし、出掛けても市内という日も結構ある。
それに出掛けても四国内が圧倒的、
橋を渡り、本州に出ることはほとんどない。
ちょっと職場で回りを見渡せば、
ヨーロッパに出掛けている人、
愛地球博、下呂温泉、霧島温泉郷など、あちこち車で行っている人、
昔は鉄道研究会に所属し全国の鉄道を撮影している人(最近停滞気味か?)、
テニスの合宿に参加するほど熱心な人 などなど
私が行ったことのないところに行きまくっている活動的な人であふれている。
まあ車を走らせ、時に列車に乗りながら出掛けることは
いい気分転換になっていることは間違いないので、ぼちぼち行こうと思う。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-30 23:40 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

若手芸人のギャグ

テレビCMや一瞬だけしか見ていないかもしれないが、
個人的にはなぜうけているんだろうか?というものも結構あったりする。
その一例を紹介すると、
レイザーラモン住谷の「フォー!」という叫び。
あの姿格好とともにうけているらしいが、単に叫んでいるだけじゃんとも思ったりする。
ちなみにレイザーラモン住谷という名前がなかなか出てこなくて
検索で「フー!」とか「フー!、芸人」などと検索していたらやっと出てきた。
職場で昼休みに話していたら結構知っていてびっくり。
あと、安達祐実と結婚した井戸田潤のいるスピードワゴンの
「あま~い!」とかいうネタ。
これはCMで一瞬聞いたが、
あまいとは、甘いものを食べて言っているのか、
それとも未熟な行動を指して言っているのか、よくわからない。
使い方知っている人いたら教えてください。

ちなみに個人的に波田陽区の
「~って言うじゃない!でも~ですから!残念!~斬り!」
かなり好きで実はCDまで購入したりしたのだが、
最近あまり出ていなくて密かに残念に思っている。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-29 00:04 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

おみくじの思い出

何気なしに見ていた旅番組でおみくじをしているのを見て
ふと思い出したことがある。
普通おみくじで引いた結果と言えば、
良くて「大吉」、まあまあのところで引くことも多いのが
「中吉」「吉(小吉)」なのであるが、
何と私は過去に「凶」を2回引いているのだ。
2回とも京都で引いたもので、
1回は縁結びの神様と言われる「地主神社」でだ。
その時は、「京で凶を引いた」なんてギャグを思いついたりして
一緒に行っていた人に披露したりしたが、
披露の成果もなく、疲労させるだけであったことも
今となっては懐かしい思い出だ。
「凶」なんてもともと入っていないのではないかなんて言う人もいるが、
入っているものにはしっかり入っている。
もちろん「凶」のおみくじは持ち帰ったりせず、その場で木などに結んでおいた。
ある意味強運の持ち主かもしれなかったりしてと思ったりした一時であった。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-28 23:50 | 思い出 | Trackback | Comments(0)

東温市・見奈良のコスモス畑にて

c0034228_23211191.jpg

東温市見奈良、クールス・モール前のコスモス畑である。
ちなみに春は菜の花畑で有名なところでもある。
今年は先にやってきた台風14号の影響で
花が咲く前に木がだいぶんやられたようだ。
c0034228_23212247.jpg

これは2年前に訪れた時の様子、
コスモスが咲き乱れていた、美しい。
c0034228_23202413.jpg

たまたまカメラを向けたところに止まっていたので、
思わず撮影。
こんな風景に出会えるのは運か、偶然か。

ところでコスモスの名所は
先に紹介した四国中央市の翠波高原をはじめとして、
四国内には結構あるようだ。
ちょうど今頃から10月上~中旬にかけて咲くので、
時間があればコスモスの名所を訪れ、このブログでも紹介していきたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-26 23:27 | 風景 | Trackback(1) | Comments(0)

白猪の滝第2弾(東温市)

c0034228_2391914.jpg

前回の訪問から約4ヶ月、
久々に訪問してみることにした。
ここは滝まであと500mというところまで有料駐車場があるが、
今回も1kmあまり歩くことになる無料駐車場を選択。
登り坂がきつく、少々しんどい思いもするものの、
苦労して登った後に見る滝に感動したいというのも理由の一つ。
で、滝の全景。この日はカメラを構えている人が結構いた。
愛媛の滝の人気スポットの一つであることを証明するかのような光景である。
c0034228_2394410.jpg

これは、シャッター速度を遅くして撮ったものである。
ちょっと滝に近づいて撮ったものである。
水の流れの写り方がだいぶん変わってくる。
ちなみにシャッター速度を早くして水しぶきを撮りたかったのであるが、
光量が足らなかったとみえて、後で見てみると真っ暗であった。
写真に詳しい知り合いのアドバイスももらったし、また撮りに行くこととしたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-26 23:20 | 風景 | Trackback | Comments(0)

彼岸花、秋を感じます!

c0034228_032811.jpg

秋の花、彼岸花である。
田んぼの近くによく咲いていることが多い。
「暑さ寒さも彼岸まで」というが、朝晩は本当に涼しくなった。
いっぱい咲いているのも写真に収めるのにはいいが、
道端にちょこんと咲いているのもまたいいものである。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-26 00:04 | 風景 | Trackback(1) | Comments(0)

温泉情報~天然の湯 ながおか温泉(高知県南国市)~

c0034228_23514457.jpg

高知道南国ICから車で5~6分程度の近場にある温泉。
温泉付近の案内板はちょっと小さいので、見逃さないようにしたいものである。
プールと共用ということで入浴料900円は高いが、
駐車場を見る限り、結構お客は入っている。
大浴場、サウナ、露天風呂、ジェットバス等設備はまあ充実。
愛媛ではめっきり見なくなった打たせ湯も健在である。
湯は、ナトリウム、塩化物温泉で、高温源泉である。
どちらかといえば、無色透明のさらさらした感じであると思われる。
(ナトリウムはぬるぬるしている場合も多いのだが。)
畳の休憩室等、施設は木を基調にぬくもりを感じさせるものである。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-25 23:58 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

高知のモーニングの不思議

ところで高知と言えば、朝の喫茶店等で提供される「モーニング」に特徴がある。
もともとモーニングが盛んな土地でお客も多いのであるが、
トーストセットを頼んでも何と味噌汁が付いてくるのだ。
何か得した気分であり、不思議な気もする。
この間立ち寄ったところでも、トーストセットを注文したら
トースト(半切れのものを2枚:ジャム・バターが塗ってある)、
コーヒー、サラダ、フルーツ3種類(何とメロンまで!)に味噌汁が付いていた。
そういや昔、和食にコーヒーなんて某コーヒー会社のCMがあったが、
何とも言えない取り合わせである。
誰かこの不思議の発祥等ご存知でしたら教えてください。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-25 23:51 | 雑感 | Trackback | Comments(2)

須崎名物、鍋焼きラーメン

c0034228_23434940.jpg

須崎名物と言えば、
もう全国的に有名であろう、鍋焼きラーメンである。
鍋焼きうどんの「うどん」の部分がラーメンなのである。
市内には鍋焼きラーメンを食べることのできる店が数多くある。
上の写真がそのチラシ。
土鍋に盛られたラーメンは蓋を開けるとスープが沸騰した状態で出てくる。
麺は細麺で最初は硬めであるものの、
食べていくうちにちょうどいい頃になる。
具は鶏肉、ねぎ、生卵、ちくわとあり、かなりボリュームがある。
この特徴は、チラシに書いてある「7つの定義」の中にあるので、
鍋焼きラーメンの店ならどこでもこの特徴通りのラーメンが出てくるのではないだろうか?
近くを通った際は一度食べられることをおすすめしたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-25 23:44 | グルメな情報 | Trackback | Comments(0)

四国カルスト・天狗高原にて(高知県津野町)

c0034228_23413725.jpg

JAFの月刊誌に「秋を感じる風景」とやらで載っていたので、
行ってみようと思い立ち、天気の良い日を見計らって行くこととした。
朝晩は涼しくなったものの、日中はまだ強い日差しで時折暑く感じる今日この頃、
高いところで避暑をと考えたのも行く理由の一つであった。
須崎市から国道197号線、国道439号線、公団林道、県道を経由して、
天狗荘に到着、窓を開けると爽快な空気が私の体に心地よく吹いてきた。
c0034228_23414982.jpg

ここで昼寝したら気持ちいいだろうねなんて言っている人がいたが、その通りだと思った。
日本三大カルストの一つ、四国カルストの拠点であるここ天狗高原は、
標高1400~1500mと高地に位置している。
c0034228_2342830.jpg

石灰岩台地であるカルストの珍しい光景、秋を感じさせるススキ、
高原内を張り巡らせた遊歩道を歩きながら
季節はもう秋に変わっているんだと実感させられた。
そして普段の生活では決して体感することのないであろう、
心地よい空気を胸一杯吸い込みながら帰途についた。
c0034228_23421896.jpg

[PR]
by fujitaka_1 | 2005-09-25 23:42 | 風景 | Trackback | Comments(0)