<   2005年 07月 ( 32 )   > この月の画像一覧

温泉情報~星乃岡温泉(松山市)~

c0034228_23343444.jpg

以前書いた星乃岡温泉千湯館の前に位置する。
千湯館がちょっと露天風呂・源泉風呂・ヒーリングストーン等
凝っているのに対し、
気さくに入れる大衆浴場的な雰囲気である。
(千湯館の雰囲気や湯質も好きではあるが)
地下1,000mからの天然温泉は、
ナトリウム、炭酸水素を多く含む温泉と成分表にある。
大浴場・岩風呂・サウナ(結構広い)・水風呂(2つある)と
施設もなかなか。
かなり昔から親しまれているような
何だか町の銭湯に近い、ほのぼのとした雰囲気を感じる温泉であった。

入浴料 450円 石鹸・シャンプー等は持参のこと。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-31 23:42 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

歌仙の滝(今治市菊間町)

c0034228_23291453.jpg

霧合の滝から少し下ったところにある。
こちらは道沿いではなく、少し歩かないといけない。
もともと水量の少ない滝で知られている。
山の木立の中の滝なので、水の流れを捉えて撮るのが難しい。
水量は少ないが、影が多いためこちらの方がひんやりできたかな?
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-31 23:32 | 風景 | Trackback | Comments(0)

霧合の滝(今治市菊間町)

c0034228_23204484.jpg

少し前から滝を見に出掛けている。
毎日暑い夏の日に、少しでも涼を求めてという気分になっている。
ここ霧合の滝は、国道196号線から約6キロほど道なりに上がったところに
道路沿いから見ることができる。
この日は午前中雨が降ったこともあり、
水量が増えているだろうと期待して行ったのだが、正解だった。
辺りは滝の音と虫の声、
涼よりも太陽が照りつけて蒸し暑かったが、
滝の風景としてはまあまあだったと思う。
c0034228_23205811.jpg

おまけの1枚
道路から階段を下りると前面から見られる。
ズームを使うと水の流れに迫力が出る。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-31 23:27 | 風景 | Trackback | Comments(0)

町を掃除して思ったこと

今日は朝から市民一斉清掃に参加した。
車通りの多い通りの歩道を歩き、ごみを拾う。
以前参加していた海岸沿いほどのごみの量ではなかったが、
今回多かったのは、タバコの吸殻である。
車の窓から投げているのか、はたまた通りを歩いていて捨てているのか、
際限ないほど捨てられていた。
きっと捨てている人はちょっとくらいという気持ちなのだろうが、
ちりも積もれば…で、ごみは増えていくばかりである。厳しい現実だ。
タバコだけではなく、空き缶もそこそこあった。
清掃時間は長くなかったものの、
一人一人のまち美化意識が積み重なってこそ、
ごみのない通り、町ができるということを
感じさせられたひとときであった。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-31 23:19 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

にいはま納涼花火大会にて

c0034228_084077.jpg

先日開催されたにいはま納涼花火大会にて、撮影。
四国最大級、約5,000発の花火が夜空を美しく輝かせる。
で、肝心の写真であるが、シャッターを押すタイミングが難しい。
ここぞという時に写真を押すと消えかけたものになる。
光の「芸術」は「一瞬」を捉えなければならない。
うかうかしていると逃げられてしまうのは、恋や夢と同じなのだろうか?(笑)
何かちょっと儚い気もする。
このブログは、花火のように美しく、そして儚く終わるのではなく、
図太く長く続けたいと思う。

c0034228_013578.jpg

花火大会の名物、ナイアガラの写真である。
ナイアガラの滝をイメージした、拍手喝采が起きるほどの美しい光景なのだが、
この写真ではイメージできない、残念である。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-31 00:16 | 風景 | Trackback | Comments(0)

清滝、水量少なし…(新居浜市)

c0034228_21381754.jpg

別子ラインに位置している、
市内では最も有名な滝であるが、
この日は水量が少なかった。
写真を見るとどこに水が流れているのかすらわからない、残念。
もっと水量の多い日を見計らって来るべきだったかな?
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-28 21:40 | 風景 | Trackback | Comments(0)

キレンゲショウマ(新居浜市別子山:筏津山荘)

c0034228_21332438.jpg

高山植物の一つである。
本来登山の途中に見掛ける花であるらしいが、
もっと身近に見てもらおうとのことで、車でも来られる山荘に植えている。
花が咲いているのはきれいではあるが、
写真を撮る際に、映える写真を撮るのは難しい。
(実は上の写真も撮った写真の一部を切り取っていたりする。)
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-28 21:37 | 風景 | Trackback | Comments(0)

鉄道について

そういや、鉄道を利用していない。
旅行にも出ていないということもあるが、最近乗ったのはいつだったか?
そんな話を周りの人としていた。
私の住んでいる四国は「車社会」の強いところであると思う。
JR、バスその他公共交通機関の便ははっきり言ってよくない。
そのため、どこかへ行くという際、車の利用が圧倒的である。
車を持っていなかった頃、よく鉄道を利用した。
駅などで鉄道の写真もまあ撮った方ではないだろうか?
最近そんな機会も無い。
最近の電車は性能はいいだろうが、何か無機質というか、
鉄道の持つぬくもりが薄くなりかけているような気がちょっとしている。
じゃあどんなんが、ぬくもり、鉄道らしいのと言えば
かつてよく走っていた旧国鉄色である。
最近はめっきり少なくなっているが、たまに走っているらしい。
よし、久々に鉄道の写真でも撮るとするかな!

おまけ
特急おき(小郡駅:当時、現在は新山口駅 にて)
懐かしい旧国鉄色である。

c0034228_23204295.jpg

[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-27 23:21 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

このブログに対する声とその答えについて

年始からこのブログを開始したわけであるから、
もう既に半年が経過したことになる。
私の経験から言うとよく続いている方ではないかと思う。
このブログについては、知り合いの人にちょこっと言ったことはあるが、
多分まだ知らない人も多い。
そんなブログであるが、周りの人からいろいろと言われることもある。
基本的には、
「私がぼちぼち書いているんだから要望言われても知ったこっちゃない!」
と声を大にして言いたいところだが、
半年余りを経過したこともあるので、
声とそれに対する答えについてちょっと書いてみたい。

声1 なぜ毎日更新しないのか?ブログ=日記なのだから、
毎日更新するべきではないのか?

答1 ブログの趣旨については理解しているつもりであるが、
仕事が忙しかったり、疲れていたりでなかなかかけない日も多い。
それにもともと私は日記はまめにつけるタイプではない。
(昔の日記帳の部類、嫌いな方です。)
そのため、このブログの名前にも「ぼちぼち」などと付けたりしている。

More
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-27 23:08 | 雑感 | Trackback | Comments(0)

翠波高原のコスモス

c0034228_23495116.jpg

四国中央市の翠波高原にて、コスモスが咲き始めている。
見頃は、8月~9月ということだが、
今の時期でも十分見ごたえはある。
通常コスモスは漢字で「秋桜」と書くように、
秋の花というイメージがあるが、
高地では夏から初秋にかけて早く花を咲かせるのである。
ピンク、白などの鮮やかな色合いがどんどんシャッターを押してしまう。
私の家から車で約1時間、
時間があれば満開の時期にでもまた来たいものである。

ちなみに、全景はこんな感じである。
この写真の第1庭園以外にも第2、第3庭園がある。
c0034228_2350995.jpg

[PR]
by fujitaka_1 | 2005-07-25 23:55 | 風景 | Trackback | Comments(0)