カテゴリ:ちょこっと真面目な話( 22 )

個人情報保護法の影響で…

気が付くともうクリスマスイブを過ぎて、
クリスマスになっていました。
皆さん、イブはどのように過ごされましたか?
え~、fujitaka_1は、職場の先輩の笑顔(?)の誘惑に負けて買ったモスチキンと
市内洋菓子店で買ったケーキ(もちろん自分持ちです…)で過ごしました。
そういや、あまりイブの日に出掛けてはいないなあ。

で、昨日に引き続いてちょっと真面目な話を。
この間、レンタルCDショップにカードを作りに行った時のこと。
カードを作る際に、申込書に住所・氏名などを記入するのだが、
その前に店員さんから
この申込書で得ることになる個人情報の取扱についての説明があったのだ。
情報を得る目的、得た情報の使用等について詳細に説明を受けた。
個人情報保護法の関係と言っていたので、
家に帰って調べてみると
個人情報保護法(正確には、個人情報の保護に関する法律 という。)の
第18条に事業者の責務として、本人への利用目的の明示が掲げられている。
個人情報というのがかなりセンシティブに言われてから久しい。
確かに自分の知らないところで、自分の情報が使われていたら嫌だ。
でも今までは、「これに記入してくださ~い。」なんて言われると
何のためらいもなく記入していたので、
世知辛い世の中になったなあとも感じてしまう。
とはいえ、データの漏洩、悪用が絶えない世の中にあっては、
必要不可欠なものかもしれない。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-12-25 00:45 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(4)

待機電力に思う…

c0034228_23391164.jpg

冬は、夏同様、電力消費量が上がる時期でもある。
暖房器具の使用が圧倒的ではあるが、
日が短いために蛍光灯を付けている時間が長いというのもあるかもしれない。
よく電力消費量更新なんて新聞に書かれているが、
それをただ眺めているだけでいいのだろうか?
前に「待機電力」という言葉を聞いたことがある。
電気器具を使用していなくても、コンセントを差し込んでいるだけで
使用する電力のことだ。
調べてみると、待機電力が電力消費全体の1割を占めているともいう。
使用していないのに、「よく使う」とかで、
コンセントが挿したままなんていう製品、結構多くないだろうか?
確かに使っている時間が長いものもあるが、
それでも1日の半分以上使用している物の方が少ないのではないだろうか?
電力消費は、我々の生活に跳ね返ってくる。
まずは身の回りでできるところから、「エコな生活術」を推進していきたい。
皆さんが実践している「エコな生活術」、教えてください。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-12-23 23:48 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(2)

牛肉輸入再開に思う(その1)

米国産牛肉がどうやら輸入再開されそうである。
BSE問題で輸入禁止されてから約2年半にもなる。
世間を賑わせたBSE問題であったが、
リスクは小さいという答申が内閣府の食品安全委員会から出されたとのこと。
普段料理をしていない(買物もしていない)ので、詳しいことが分からないが、
吉野家の牛丼が再び食べられそうだ、やった!と喜んでいるのは
私だけではないはず。
輸入再開で市場はどう変わるのか、
身近なところではスーパーなどの売り場はどう変わるのか、
気にしながらこの問題を少し真面目に追いかけてみて、
いろいろ考えてみることとしたい。
(その2)以降も動向を見ながらぼちぼち書きます。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-12-08 23:58 | ちょこっと真面目な話 | Trackback(1) | Comments(0)

本紹介~日経大予測~

c0034228_2327551.jpg

シナリオ形式で日本経済・世界経済を大胆に予測した本である。
本命・対抗・大穴の3つのシナリオが書かれてある。
今読んでいるのは、産業・科学技術大予測というところで
主な業界の来年の動向予想が書かれてある。
デジタル放送、家電、介護ビジネス、はたまたバイオ等々…。
しかし読んでいても知らない用語も多く、経済の進化・変遷には驚かされる。
経済は理論も大事かもしれないが、現実に触れて初めてわかるという側面もある。
言うなれば、経済は「生き物」であることを実感させられる。
(学生時代経済専攻だったのに全然役に立っていないことは内緒で!)
この本、実はまだ途中までしか読んでいない。
この本を読み終わったら2006年が終わっていた…なんてことだけは
ないようにしたいものである。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-12-08 23:35 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

本紹介~日本の政治ニュースが面白いほどわかる本~

Yahoo!ゲーム ブロキシーの得点が
初めて20,000点を超えたものの、
第6ステージ止まりのfujitakaです。
で、たまには真面目な話を。
c0034228_0134439.jpg

とかくニュース等で話題になっている事柄も
どうしてそうなっているの?とか、そこに至るまでの背景となると
知らないことも多いのではないだろうか?
ニュースはまず結果・結論を報じるからである。
この本では、構造改革・国・憲法改正という
話題になりつつもとかく難しくて
「どうしてそうなっているのか、さっぱりわからん!」
いう方々のために
原因部分を詳しく書き記した本である。
昔は新聞等もまめに読んで、政治欄も見ていたが、
最近めっきり読まなくなって無関心になりつつあったが、
この本で今起きている、話題になっている事柄が
何となくではあるが、わかってきた。
世の中の「流れ」に関心が持てた1冊である。
追伸
今話題になっているようで、たいていの書店にはあると思う。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-11-30 00:23 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

システムの不調

昨日は文章を書いて「さあアップしよう。」と送信ボタンを押したら
ネットワークの調子が不安定だったようで、
見事ぶっ飛んでいた。せっかく書いたのに~!
CATVのインターネットを利用しているが、
ケーブルモデムの電源を入れ直したり、
パソコンを再起動してみたり
はたまたパソコンの「コマンドプロンプト」で
IPアドレスを確認したりと試してみたが、
とにかく不調の連続であった。
システムの不調と言えば、
昨日は東証のシステム障害で半日取引ができないという
これまた異常事態!
私のパソコンが不調なのも
インターネット・メールができないという
それはそれで困りものであるが、
東証の方は世界中への影響ということで
その差は計り知れない。
もっとも日経平均株価はこのところずっと上昇しているので、
まだ叩かれ度もましな方かもしれないが、
ありとあらゆるものがシステム化されている現代社会では、
我々は、その不具合の影響も
また計り知れないほど大きいということを
認識しなくてはならない。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-11-02 23:42 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

景気の循環、波

日経平均の続伸ぶり、(と思っていたら今日は思いっきり下がっていたが、)
阪神タイガースの上場?問題などで何かと騒がしい日本経済。
失業率の問題なども取り上げられており、まだまだ好況とは言えないものの、
全般的には活況へ向けて動き出しているのだろうか?
で、「景気の循環」という言葉が私の頭の中でふと思いついた。
学生時代、経済原論の授業で
景気循環の波について習ったものである。
久々に思いついたので、サイト検索して調べてみた。

短期的なものから順に
キチンの波…約40ヶ月周期、企業の在庫が起因と言われている。
ジュグラーの波…約10年周期、企業の設備投資が起因と言われている。
クズネッツの波…約20年周期、建設需要、人口の変化が起因と言われている。
コンドラチェフの波…約50年周期、技術革新が起因と言われている。

日本経済について当てはめてみると
戦後高度経済成長期はキチンの波のように短期に変動していたと思われるものの、
近年は長期的になり、
ちょうどバブル景気のころからの時間経緯を見ると、
クズネッツの波が当てはまっているように思う。

もうあのバブルはやって来るとは思えないが、
これからどんな景気循環があるか、
経済学者ではない一般市民としても何となく気になるところである。

もう忘れかけていた経済の話であるが、
時々興味を持ったら身近な話題を絡めながら
「ちょこっと真面目な話」として書いていきたい。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-10-06 23:56 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

論文について(その1)

職場にて昼食中、なぜか学生時代の卒業論文の話になった。
大学に行っていたとか、行ってなかったとか、
単位が取れたとか、取れなかったという話もあったが、
とある職場の先輩の一言、
「私の卒論、多分どっかにフロッピーであるわ。」という一言に
「えっ、何だって?」という驚きを隠せなかった。
学生時代、情報演習とかでパソコンに触りはしたものの、
本格的なワープロデビューが、実は社会人になってからという私は、
卒業論文は手書きである。ちなみに平成になってだいぶん経っての話。
同級生の中にもワープロで作成したものは結構いるような気もするが、
手で書いたものだ。
実は、その論文をコピーして置いてある。
そんな話をしたとあって、
今日久しぶりに取り出してみた。
何と題名のところが無い。多分コンビニでコピーしたであろう時に
大して書いてなかったので、コピーしなくてもいいやと思ったのだろう。
で、どんな題名だったかというと
金融業界、中でも一時期保険業界の機関投資家とまで言われた
生保業界についてだったと推測される。(目次は書いている。)
参考文献の中には、「エコノミスト」「東洋経済」とも書いてある。
買った本もあるが、上の2種類の本は市立図書館等で借りて大変活用させていただいた。
(どんな活用をしたかは、聞かないでほしい。)
早速「その論文を公開したら」というとてつもないことを言う職場の先輩もいたが、
これからしばらく読み返してみて
時間があれば、紹介できる部分だけでも紹介していこうと思う。

(その2)以降は、後日書きます。乞うご期待!
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-08-19 23:16 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

Accessも…

前に一度Accessのことを書いたと思うが、
今度異動した職場でAccessに触る機会が増えている。
前の職場で研修は受講して
テーブル、クエリ、フォーム、レポートと
その意味や一通りの作成方法などは理解しているつもりであったが、
いざ実践しようとするとこれまた難しい。
それでも時間かけてしているうちに
また、前の人が作ったクエリなどを見ながら作ると
ちょっとしたことは出来るようになった。
しかし、これが最善の方法かと問われると自信がない。
要領よりもまず実践、それが上達への道だと思っている。
さて、買ってきて放ったらかしになっているAccessのテキストを
そろそろ開いてやることとしますか!
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-04-20 23:10 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

問題な日本語

c0034228_0455253.jpg

書店でたまたま見つけたので、
買って読んでいる。
最近の何気ない話し言葉の中にも
用法がおかしいものが相当あるように思う。
それが知らず知らずのうちに用法として定着していくのは
大変憂慮すべきことでもあると思う。
ここは正しい日本語を身につけたいと思う。
[PR]
by fujitaka_1 | 2005-04-08 00:48 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)