カテゴリ:ちょこっと真面目な話( 22 )

ゼロ金利解除、これからどうなる?

今日は職場の人と話していて
ゼロ金利政策解除という真面目な話題が出たため、
このブログの趣旨である「地域情報の発信」という観点からは外れるものの、
(と言いながらよく外れているが…)
「社会の話題に切り込んでいく」という姿勢を見せるようなこの記事とした。

Excite エキサイト : 経済ニュース:<日銀>ゼロ金利政策解除決める 公定歩合0.4%に

ついにというか、やっとというか、
長きにわたった「ゼロ金利政策解除」が決定した。
もともとは物価の下落、景気低迷などから実施していた政策であったが、
ここのところの景気拡大などを受け、解除に至ったようである。
身近なところでは、
銀行の預金の金利アップを早速ホームページなどで発表していた。
適用は来週火曜日からのようである。
自分も銀行には多少預けているが、
ここのところの低金利で、どうせ低金利が続くからということで
結構長期間預けるものにしていた。
今ふと通帳を見てみたら

2年 0.04%、3年0.09%

はっきり言って悲しくなるような低い数字である。
しかしそれを当たり前に思ってしまっていた。
皆さんの通帳の中身はいかがでしょうか?
ここで金利が上がるとなれば、ちょっと失敗だったかな…、と今思う。
しか~し、金利も徐々に上げていくということで
ここは慌てて預け替えることなく、今後の動向も見守りながら、
また、自分の懐具合と相談しながらになりそうだ。
何事も「焦りは禁物」なのだから。
ちなみに預金金利が上がるということは、
逆に言えば借りる金利も上がるということ。
個人もそうだが、企業にとってはかえって借入による負債額が増えて、
頭を悩ますところも出てくるのではないか、
果たして日本経済はどう変わっていくのか
このまま景気拡大が可能なのか(景気は波もあるような気もするが)、
今後の推移に注目したいところである。

追伸
職場の昼休みの話の中で、
「日本版ビックバン」などというえらく懐かしい用語が飛び出した。
一時もてはやされたように使われたこの言葉も、
もう使われることはなさそうである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-07-14 23:46 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

この暑い日に、ニュース番組の変遷を思う!

今日も暑い一日でした。
列島はこの夏一番の暑さになったとか。
扇風機から繰り出される風は冷風からいつの間にやらぬるい風に。
このままでは、だんだんとクーラーに当たっている時間が長くなりそうです。

さて、今日エキサイトニュースを見ていたら
驚くべきニュースが飛び込んできた。
ん?この書き方、誰かがよく使っていたな。
答えは、「ニュースコメンテーター」ならぬこちらの方です。
話を本題に戻して、

Excite エキサイト : 芸能ニュース:「きょうの出来事」52年の歴史に幕

日本テレビ系「きょうの出来事」と言えば、
日テレという枠にとどまらず、
ニュース界の看板番組というイメージがあるのと
深夜放送ということで残業などで遅くなっても見られたということで
一時はよく見ていたのであるが、
何よりも驚いたのが

52年も続いていた

ということである。
こんなに歴史がある番組などそうそうないであろう。
一番印象に残っているのはやはり桜井よしこ氏、
彼女の落ち着いた雰囲気ながらもしっかりとしたニュースを読む語り口、
また、特集などでの視聴者への訴えかけというものは
多くの視聴者の胸に今も刻まれていることであろう。

ニュースと言えば、
最近はどうも芸能ニュースと社会ニュースがを織り交ぜている傾向にあり、

今の社会を真摯に見つめ、
切り込んでいく


という番組が少なくなっているような気がする。
その方が視聴者ウケがいいのかどうかはわからないが、
なんかしっくりこないのだ。
ついでに言うと、エキサイトニュースではこの記事を
芸能ニュースに分類していたが、
社会ニュースに分類してもいいくらいのものである。
「きょうの出来事」のような真摯な番組の幕切れは寂しいものがある。
「リフレッシュする時期にきている」というが、
次はどんな番組に生まれ変わるのだろうか?期待したいところである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-07-13 23:30 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

果たして今、景気(経済)の動向は?

Excite エキサイト : 経済ニュース:日経平均が600円超す大幅安で引ける=東京株式市場

W杯で日本が勝っていたら日経平均も上がっていたのだろうか?
おっと、こんな「たら」話はこの辺にしておいて、
日経平均がここのところ下がり続けている。
一時上昇を続けており、このまま2万円突入かまで言われていたのが
まるで嘘のようである。
ご存知のとおり、まず日本の株価は海外に影響されやすい、
それは機関投資家の動向だったり、
海外の景気動向(雇用統計など)だったりと様々ではあるが、
かなり左右されている。
加えてこの半年、LD、そして村上ファンドなどが世間を賑わせてくれたおかげで
株式市場に対するイメージが悪くなり、
離れていくということがあるのかもしれない。
それにしても景気は「底打ち」とか雇用回復などが新聞に書かれていたような気もするが、
我が県では企業の夏のボーナス平均額が前年度比でダウンなど
景気が回復しているのを目の当たりにはできない状態である。
大都市圏だけの話なのだろうか?
これからは地方の時代とか言われているが、
実際は地方との「格差」が広がっているだけではないのか?
以前にも書いたことがあるが、
経済は理論どおりにいかないことがしばしばある。
それはまるで「生き物」のようである。
これからははちょっと真面目に、そして面白く
「生き物」としての「経済動向」を考えたくなったりした。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-06-13 23:49 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

マネーゲームの行く末は…

昨晩も仕事などで疲れていて
更新できずにいました。
昨晩も「不眠症」という言葉が飛んでいくような深い眠りをしたfujitaka_1です。
一番のお気に入りの時間は、「寝ている時間」だったりして…。
つかの間の休息に、書くこととします。

今日は、新聞紙上も賑わせているこの問題から。

Excite エキサイト : 社会ニュース:<インサイダー取引>村上氏を捜査 東京地検特捜部

時間があったので、
新聞の関連する記事も珍しく隅々まで読んでしまった。
ニッポン放送株と言えば、
フジテレビとホリエモンの攻防などで世間を騒がせたものの、
村上ファンドまで絡んでいるとは驚きだ。
ホリエモンと村上氏との間にこんな関係があったということも
新聞を見るまでは想像できなかった。
テレビの会見などで派手なパフォーマンスをしている裏で
「マネーゲーム」や裏取引を繰り返している。
その取引金額、利益ともに
自分の日常生活では想定もできないものであるが、
こうした裏を行く「マネーゲーム」の行く末は、
先が見えているということがこれでわかった。
あぶく銭もいいところである。
よく言われる言葉、「世の中そんなに甘くない!」である。
結局のところ、マネーゲームは、所詮「ゲーム」、
つまり趣味程度にしておき、
こつこつと努力することが大切なんだということを改めて痛感させられた出来事だ。

追伸
この件を機に、経済の勉強になりました。
TOBとか、聞いたことはあっても自分には関係ないと思い、
全然知らないでいたものの、新聞の解説を読んでわかりました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-06-03 11:39 | ちょこっと真面目な話 | Trackback(3) | Comments(0)

大げさかもしれないが…

ふ~、今日は早く帰ろうと思っていたのに、
午後から何やかんやでいろんな「想定外」の仕事が入って
結局また残ってしまった。
仕事だから、想定どおりということはまずないと思うけど、
一応の就業時間ぎりぎりになって
ドタバタ電話が掛かってきたり、
メールが来ていたり…。
何故仕事というものはこうも重なるものなんでしょうか?
「ちりも積もれば山となる」ではないが、
私の身の回り、「雑用積もれば大仕事」の状態である。

さて、
Excite エキサイト : 経済ニュース:ティッシュ25%値上げ 原油高が日用品に波及

原油高が言われてしばらく経っているが、
ガソリンの他、ついに日用品にも影響が出始めている。
私が生まれる少し前、日本は「第一次オイルショック」に見舞われた。
当時のことはテレビなどでしか知らないが、
ティッシュを買い求めにスーパーに殺到する光景が取り上げられている。
どこまで影響があるかわからないが、
「オイルショック再来」と言っても全然大げさではないような気がする。

少し関連する話だが、
先日高速道路のSAにて給油したが、
地元のガソリンスタンドで会員価格で入れるより安かった。
どうやら価格改定が1ヶ月遅いようだ。
でも6月には改定されて、値上がりするのではないかと思う。
原油高による生活への影響はまだまだ出そうである。
日本のどこかで石油なんぞ出やしないものだろうか、とちょっと考えたくなった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-05-25 00:26 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(1)

レジ袋の行方は…?

最近どうも書くネタが浮かびにくい。
さすがに職場と家の往復だけではなかなか書けないものなのか?
今は仕事もまだ落ち着いてない状況だし…。

で、少し前から取り組んでいることを紹介。
と言っても何かを大々的にしているわけではない。
コンビニなんかで商品を買った時にもらう「レジ袋」、
商品の中身や量にもよるが、できるだけもらわないようにしている。

多分多くの方がご存知だと思うが、
レジ袋の節約は我々の環境につながっている。
と言うのもレジ袋は合成樹脂(プラスチック)を原料とし、
さらに合成樹脂を作るのに原油を消費し、二酸化炭素を発生している。
それなのにもらったものの大部分はそのままゴミ箱行きというパターンが多い。

ちょっとした商品なら手で持ち帰ることもできるし、
手に取れなくても自分のバッグに収まる程度である。
まず自分の身の回りから、今流行の「エコ」を実践していこうと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-04-26 23:09 | ちょこっと真面目な話 | Trackback(1) | Comments(4)

本紹介 経済のことよくわからないまま社会人になってしまった人へ

c0034228_23502221.jpg

実に長いタイトルになってしまった。
多分これまでで最長であろう。
で、この本は、
2004年1月発刊ともう2年くらい経っているものの、
近年の経済を取り巻く出来事が起こる背景を
わかりやすく図解入りで解説している。
テーマは、「買う」、「投資する」、「借りる」、
「世の中をつかむ」、「備える」、「納める」の6つから成る。
私達の日常生活のパターンを「経済活動」として捉えているので、
身近でとっつきやすい。
新聞では最新の事実、情報はきちんと把握できるものの、
事実をど~んと前面に出してしまうため、
どうしてそうなったのか、
その仕組みについては時として解説が弱い場合もある。
この本は、そんな仕組みの解説に重点を置いているので、助かる1冊だ。
今や目まぐるしく動く経済、また新たなバージョンが出ることだろう。
あ、学生時代経済専攻っていうことは、
ここだけの話にしておいてください…。(笑)
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-02-16 00:00 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)

本紹介 下流社会 ~新たな階層集団の出現~

今日はバレンタインデーでした。
バレンタインデーと言えば、かつて国生さゆりwithおにゃん子の
「バレンタインデー、キッス♪」のフレーズで有名な
バレンタイン・キッスという曲を思い出すのだが、
果たしてもう古いのだろうか?
ちなみに何人かの方からいただきました。ありがとうございます。

で、話を戻して、今日はちょっと真面目な話を。
c0034228_23514097.jpg

三浦展著、
書店ではベストセラーとして紹介されているので、
実際にどんなものか読んでみることに。
高度経済成長期の「中流化」現象に対し、
現代社会では「下流化」現象が起きていることに始まり、
「上」「中」「下」それぞれの階層別の特徴、
特に上流と下流の人々の価値観、食生活に至るまで
実に多彩かつ綿密な調査を行い、
社会学的に分析している興味ある本であった。
データもあり余るほどある。
一見難しそうにも見えるが、結構とっつきやすい。
これから格差社会になっていくなんて新聞などでも書かれている。
この間、新聞でも「中流分裂」なんてことで様々な事例を紹介していた。
これからどうなるか、まだ誰も明確な答えは出していないが、
頑張った人が報われるような世の中であり続けて欲しいと思う。
でも今でも理不尽なこと、いろいろとありますが…。
それにしても「一人でいることが好き」とか「自分らしさを求める」は
下流の特徴なんて書かれていたが、
果たしてそうなんかなあ?一概には言えない部分も多いと思う。
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-02-14 23:59 | ちょこっと真面目な話 | Trackback(1) | Comments(1)

ATOK presents 全国一斉!日本語テストをしてみる…

毎日見ているYahoo!のページから
こんな表題の記事を見つけ
ものは試しにやってみることに。
最近正しい日本語を試すような番組が多いが、
Web上で大々的にやっているのはなかなかだ。
で、結果は、次のとおり。
c0034228_014980.jpg

77点、まあ予想の範囲内の点数。
えいや!で答えたのが当たっていたのもある。
勘も実力のうち?
手紙に関する問題がやや間違いが多かったよう。
最近手紙なんて書くこと無いからなあ。メールは多いけど。

ATOKって、IME(Word)の影響で
最近すっかりその言葉を聞かなくなっていたけど、
今でも年輩の方を中心に根強いファンは多いようだ。
ちなみにこのパソコンには一太郎が入っていたりする。
昔買ったものがそのままという感じだが、
そういや、ほとんど使っていないなあ。
で、このテスト、2月28日まで
一太郎、花子でおなじみ
ジャストシステムのページから入れるので、
機会があれば一度試してみてはいかがでしょうか?
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-01-15 00:22 | ちょこっと真面目な話 | Trackback(1) | Comments(12)

豪雪の影響で…

新聞やテレビで報じられているように、
東北、北陸ではかなりの雪が降り、
鉄道やバスが運休するなど市民生活にも大きな影響が出ているとか。
道路を走るバスはともかくとして、
鉄道が運休するとはつらいものがある。
本来鉄道は雪になどの悪天候に強いものと言われてきて、
こういう時こそ力を発揮するものと思っていたが、
その力をも上回るほどの降雪量だったのだろう。
早く市民生活が元通りになることを願いたい。

ちなみに北海道では冬季は列車の車両を増結して運転することが多い。
釧路~札幌の特急「スーパーおおぞら」が
10両編成で運転していたのに乗ったことがあったし、
また自由席が少ないと思い、指定席を購入した
網走~札幌間の特急「オホーツク」も
いざ乗ってみると自由席がしっかり増結されていて、
ちょっと損した気分になった記憶がある。
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-01-05 23:59 | ちょこっと真面目な話 | Trackback | Comments(0)