カテゴリ:温泉情報( 140 )

温泉情報~湯ノ浦温泉 四季の湯(今治市)~

国道196号線を今治市内に向かって走っていると、
右手に見える湯ノ浦温泉の看板
坂を上ると、こじんまりした建物と看板が見える。
c0034228_22161068.jpg

施設外観
c0034228_22162189.jpg

こじんまりした温泉であるが、
大浴場、露天風呂、サウナ、水風呂と施設としては揃っており、
手頃な料金もあって、入浴客も多かった。
話を聞いていると、常連客が多いのではないだろうか?
湯ノ浦温泉は四国で初めて国民保養温泉地として指定されたところ、
周辺の施設は年季の入ったものも多いが、
これからも親しまれる温泉施設としてあり続けて欲しいものだ。

入浴料450円 石鹸・シャンプー等持参

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-03-04 22:16 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~スパスミノエ(大阪市)~

四国外の温泉紹介はなかなかない機会である。
地下鉄住之江公園駅から徒歩数分のところにある。
この看板が目印
c0034228_23441159.jpg

外観
温泉以外にも食堂等が入っている。
また隣のビルも複合施設である。
このあたりが「都会の温泉」を感じさせる。
c0034228_23442589.jpg

温泉入口にある案内図
温泉は、弱アルカリ性の温泉
内湯が温泉となっているようだ。
サウナ・水風呂・露天風呂などもある。
露天風呂の一部にもテレビが付いていたのには驚いた。
ただ敷地に対して、風呂の面積がもう少しあっても良かったのではないかと
個人的には思った。
c0034228_23443994.jpg

帰る途中、南海住之江駅にて
c0034228_2345358.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-02-11 23:45 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~二十三士温泉(高知県田野町)~

長時間のドライブで疲れた体を休めに温泉に入った。
c0034228_23474273.jpg

二十三士温泉、
名前の由来は土佐勤王党の同士が藩政改革に取り組むも
藩政への反逆とみなされ、無念の士を遂げた二十三士からきているとのこと。
(なかなか難しいなあ…。)
温泉は、
大浴場、サウナ、水風呂、露天とあるが、
今回訪れた時は、落葉がすごいとかで、露天の利用は出来なかった。
かつて利用した時に、露天に玉砂利が敷かれてあって
気持ちよかったのを記憶していただけに残念だった。
ここのお湯はかなりぬめりがあり、温まる。
帰りの時間の関係であまり長湯できなかったのが残念。
温泉だけなら遠いし、
他の名所を巡ってからだと時間がなかなか取れないし…。
やはり室戸・足摺といった遠いところは、
四国内と言えども泊りがいいと感じた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-01-18 23:54 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~神山温泉保養センター(徳島県神山町)~

神山町にある神山温泉保養センター、
先に行った谷川米穀店も山の中であるが、
ここもかなり山間にある温泉だ。
途中の県道にて
紅葉がきれいである。
c0034228_2332448.jpg

今回は運転していないので、窓越しに写真を撮ることもできる。
う~ん、たまにはこんなのもいいかも…。
c0034228_23321577.jpg

温泉外観
c0034228_23322815.jpg

泉質はナトリウム塩化物・炭酸水素塩泉で
さらに含重曹食塩泉とあることから、
お湯にかなりぬめりがあるのが特徴である。
お風呂から上がった後も肌がすべすべする。
施設は、大浴場・半露天風呂、イベント湯、サウナ、水風呂という構成。
完全な露天があればなおよかった。
ちなみに館内での土産物類の品数は結構ある方だと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-12-08 23:39 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~亀ヶ池温泉(伊方町)~

今年8月にオープンした亀ヶ池温泉に行ってきた。
国道197号線(佐田岬メロディーライン)から分岐し、
案内・幟に沿って坂を下りると温泉施設が見えてくる。
c0034228_2245326.jpg

この温泉、
町が掘削に成功し、本格開業を前に
かつて仮施設で営業していたことがあった。
その時の様子はこちら。

温泉情報~亀ヶ池温泉(西宇和郡伊方町(2005年7月19日投稿))~

ちなみにかつて仮施設時に訪れた時と比べると、
道路が格段に良くなっている。
c0034228_22454589.jpg

施設は、
最近できた施設によく見られる
木をふんだんに使ったもので、入っていてホッとする。
大浴場・露天風呂(浴槽2つ+樽風呂3つ)・泡風呂・
サウナ・塩サウナ・水風呂といった造りでなかなかの充実ぶり。
泉質は、ナトリウム・塩化物温泉で、高温源泉(45.5度)である。
露天風呂は、結構高い温度であったが、
内湯の大浴場は比較的入りやすい温度である。
地元の方々中心に、賑わっている温泉を肌で感じながら、帰途についた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-11-14 22:45 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~天然温泉 御所の郷(徳島県阿波市)~

国道318号線沿い、
土成IC近くでわかりやすいところにある温泉。
ここ土成町の名物の一つに御所のたらいうどんがあり、
この温泉も多分そこから付けられたものかと思われる。
c0034228_23254410.jpg

外観その1
c0034228_23255629.jpg

外観その2
c0034228_2326868.jpg

施設は、和風・洋風の浴室があり、
1日おきに男女入れ替わりでの使用となる。
大浴場(内湯)、ジェットバス、露天風呂(ジャグジー)、サウナ(高温・スチーム)と
そこそこ広い。
ただし、天然温泉なのは大浴場のみである。(表示がされている。)
その天然温泉は、ナトリウムの成分がかなりあると思われ、
ぬめりもかなりのものだ。
ただ、ぬるぬるというよりかは、ぬるさらといったところか…。
まあ良い湯であることは間違いない。

入浴料600円、ボディーソープ・シャンプー有り

帰り道 コスモスが咲いていてきれいだったので、1枚。
c0034228_23262053.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-10-13 23:26 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~鈍川温泉ホテル(今治市玉川町)~

c0034228_23341827.jpg


今まで鈍川温泉と言えば、
専ら日帰り入浴施設である「せせらぎ交流館」に行っていたのだが、
たまには違う施設というのと
雑誌等で紹介されていることもあって温泉街にある温泉へ。

フロントで入浴料を支払い、
エレベーターで2階へ、そこからさらに通路・階段を下りて浴場へ。
施設的にはかなり年季の入ったものである。
浴室は、大浴場、サウナ、水風呂(源泉)、露天風呂という構成。
露天風呂へ向かう途中、渓谷を見ることができるが、
私が訪れた日はあいにくものすごい雨…。

鈍川と言えばぬめりのある泉質で有名であるが、
確かに感じはするものの、どちらかと言えば、さらさらした感じに近いものがある。
自家源泉を持っている施設として湯量は豊富であるようだ。
日帰り入浴客もそこそこいるようで、入浴中も途絶えることなく入ってきていた。


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-09-26 23:34 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)

温泉情報~道後温泉(松山市)~

これまで数多くの温泉を紹介してきた
「温泉情報」であるが、
道後温泉本館をまだ紹介していなかった。
言わずもがな、日本最古の温泉である。
また本館建物は国の重要文化財にも指定されている。
c0034228_2395343.jpg

建物にも重みを感じる。
c0034228_2310447.jpg

入口付近をはじめ、いつも観光客で賑わっている。
c0034228_23101538.jpg

今回は時間の関係で1階の神の湯に浸かる。
アルカリ性単純温泉で、浸かっていると、なめらかな湯の感じを受ける。
浴槽は西浴室、東浴室とあるが、大浴場のみである。
c0034228_23102559.jpg

湯上がりに市内電車、
従来からある電車だ。
低床型の新式もいいが、やはり従来型の電車が
味というかぬくもりがあっていいと思う。
c0034228_23103751.jpg


入浴料 神の湯(1階)400円

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-09-06 23:10 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~ゆるりん(松山ニューグランドホテル)(松山市)~

ううっ、気が付けば3日ぶりの更新だ…。
いかんいかん、一日更新を休めば
次の日も「まあいいか」という気分でずるずるときてしまう。
こんな状態では、結構コンスタントに見に来てくれている人に申し訳ない、
ということで今日は更新!
先週末、松山に行った話であったが、
宿泊は市内中心部の松山ニューグランドホテルというところ。
ここには、天然温泉がある。
c0034228_23536.jpg

地下670mから掘削した源泉を使用、
源泉掛け流しで使用している。
宿泊者は無料で利用できる。
一般利用は1,500円~と高め。
施設的には、温泉、サウナ、水風呂、高温浴槽と
こじんまりながらも一通り揃っているといったところ。
温泉はぬるめで長時間でも浸かっていられるのがいい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-09-06 23:05 | 温泉情報 | Trackback | Comments(0)

温泉情報~祖谷温泉(その3)(徳島県三好市)~

(その2)からの続き
ケーブルカー 露天風呂側乗り場にて
c0034228_0285262.jpg

露天風呂はケーブルカー乗り場からさらに階段で下ったところにある。
c0034228_02954.jpg

露天風呂入口
c0034228_0292195.jpg

日本秘湯を守る会の提灯。
ここ祖谷温泉は四国で唯一の会員温泉だ。
c0034228_0294586.jpg

中の様子は入場券にて
c0034228_02957100.jpg

泉質は単純硫化水素泉。
露天風呂は源泉掛け流しで
毎分1,500リットルと言われる豊富な湧出量を誇るお湯が
こんこんと流れている。
(ちなみに今回初めて入った内湯は源泉掛け流しではなかったが、
温泉の成分を感じることはできた。)
硫化水素泉とあって硫黄臭があり、温泉の雰囲気・内容とも抜群だ。
お湯に浸かっていると、体に泡が付くのも特徴。
じっくり浸かって日頃の疲れも癒すことができた。

入浴料1,500円(内湯・露天風呂・ケーブルカー往復料金込み)
内湯 ボディーソープ・シャンプー有り
露天風呂 設備なし

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-07-08 00:30 | 温泉情報 | Trackback | Comments(2)