カテゴリ:マラソン( 1129 )

補給も大事です

だいぶん走り込んだら、飲んで食べても大事である。
写真は、通り沿いのコンビニにて。比較的リーズナブルな補給である。
今シーズン、そろそろ冬定番のおしるこにも挑戦したい。
c0034228_2192897.jpg

あ、肝心のランの方は、坂道にもどんどん挑戦したい。
c0034228_2193415.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-11-25 21:09 | マラソン | Trackback | Comments(0)

風早マラソン

今日は、地元北条で開催された風早マラソンに参加した。
昨年に引き続き2回目の参加である。

(昨年の記事)風早10kmマラソン(2014年11月9日投稿)

会場に行くと、入口に立派な表示が!
c0034228_2156286.jpg

今年から小学生の部が新設されたこともあり、人出は多かった。
進行具合でスタート時間が予定より遅くなるのも、
またほのぼのとした雰囲気で良い。

コースは何度も走っている、というより
普段の練習コースの一部を走るもの
基本行きは上りで帰りは下り。
それでもスピードを上げて走るなんてことを、
最近全然していないせいか、
自分ではまあまあ頑張っていると思っていても、抜かれるばかり。
記録も昨年より2分余り遅かった。まあそれでもいい汗をかけて良かった。
c0034228_21561335.jpg

抽選会で当たったものの一つ。
職場からの帰りによく通る忽那醸造の醤油など。
これぞ地産地消である(笑)。
c0034228_21562482.jpg

また、大会の様子などをぼちぼち書いていきたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-11-23 21:56 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン レポート(その7)

後で振り返ってみると、
ここからの区間、給水所前後と最後の上り坂を除いては、
ほとんど歩いていないことに気づく。
とにかく一定のペースで走り続ける。
沿道からの声援にも「ありがとうございます。」と
声を出して返すようにしていた。
何だ、参っていると思っていたのに、元気が残っているじゃないか。
90km地点通過、ここから少し走ると再び山間の道を走るようになる。
91km付近のエイド、休息がてらトイレを済ませ、水分補給。

おっと、温かいコーヒーがある。

ここまで冷たいものを取ってきたが、終盤になると温かいものが欲しくなる。
このコーヒーは有り難かった。元気も回復し、
ここからさらに「やったるで!」の気分に。

エイドを過ぎて係の人からペンライトを渡される。
持って走るが、どうも点灯してない模様。
まだそんなに暗くはなかったが、もうじき真っ暗になる。
2年前も持って走ったが、

「あれ?どう付けるんだったっけ?」

あれこれ聞きながら、結局は折れば付くようになる仕組みだった。
無事、蛍光色に光った。
最後の第7関門、18時過ぎ、
ここで前回よりペースが速いことに気づいた。
やはり走り続けたことが大きい。

「このままこのペースで行くぞ!」

決して速くはないのだが、自分の中ではもう必死の走りを続けていた。
とにかく力を出し切ろう。前のランナーを抜きながら走る。
暗い道にライトが有り難い。
前回はまだかまだかと思っていた四万十の街並み、
例によって今回もなかなか見えてこなかったが、

精神的な面からすると

だいぶん楽に走れたと思う。


ようやく遠くに明かりが見え、
だんだんとゴールが近づいていることを実感する。
そして山間の道を走り終え、最後の坂へ。
さすがにここは歩いたが、ゴールが近くなることもあり、
胸の高まりを抑えられず走り続ける。
沿道のお帰りなさいという声援に応える。時々タッチもする。
そして見えてきたゴールの中村高校の正門、
知り合いのランナーさんを見つけ、ハイタッチ。
そしてグラウンドへ向かい、ゴール!

厳しい走りだったが、何とか走り切った。

やりきった感があった。


前回の満足いかなかったというリベンジは果たせたと思う。
c0034228_2234422.jpg

その後は、ドリンクをいただき、
荷物を受け取り、着替えをしてバスに乗った。
c0034228_2235554.jpg

長い長いウルトラ、
しかし、完走した時の充実感は何とも言えない大きいものだ。
また次の挑戦に向けて頑張りたい。

※遅れ馳せながらの長文ご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-11-04 20:31 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン レポート(その6)

71km地点付近、国道441号線を一路南へ。
途中、2箇所ほど道を回り込んで走るところもあった。
アップダウンはそうそうないものの、
ちょっとした上りは歩いていたと思う。
ここまで2車線区間もあったものの、
この国道、1.5車線の区間もかなりある。
一度車で走ったことのある道、今、もう十分というくらい堪能している。
ラン仲間の私設エイドがこの辺りとは聞いていたものの、
なかなか見えてこない。
この狭い道のとこでは難しいだろうなあ、と感じながらしばらく行くと、
77km付近でようやく見えてきた。
ハイタッチをして飲み物をいただく。

「この分だと完走はギリギリかも?」

「ギリギリの完走の方が感動するよ。」


という会話を交わしながら、
「とにかく、行けるところまで行きます!」と宣言してから先を行く。

元気がもらえた。

これまで暑さに参りながら走って来たが、
そろそろ気温も下がり、走りやすくなるだろう、
と思っていると、第5関門到着。
時間は16時10分頃、
ここで前回より遅いペースになっていることを認識した。

「ほんまに大丈夫か、自分。」

「いや、それでも前に行くしかないだろう。」


気持ちの葛藤を繰り広げながら80km地点のマットを踏む。
う~む、マットを踏んでしばらく歩いていたが、
本当にゆっくりでもここは走るしかないだろう。

少しだけ気持ちが前向きになった。

1km1kmは長く感じるが、ここからのコースは大体記憶していた。
ふと見えたコスモス畑がきれいだった。
こんなにゆっくりなら携帯持ってきても良かったかな。
ここからは私設エイドもところどころにある。
どこかのエイドでいただいたミカン一切れが
すごく甘くて美味しかったのを覚えている。
ここから長いと言ってもあと20km足らず、
ほぼハーフマラソンの距離だ。
そういや、昔出た初のハーフマラソン、
小豆島オリーブマラソンでは、後半歩きに歩いて2時間半くらいだった。
だからそのくらいでは行けるのではないかと
何となく楽観的になっていた。
前を歩いている人を少しずつ抜きながら走っていた。
第6関門の少し前で17時のサイレン、
ちょっとだけ前回並みのペースに戻せたかな。
第6関門通過、この辺りの沿道の声援もなかなか賑やかだ。
段々とゴールを意識し始めていた。
暑かった時分からするとだいぶん走りやすくなってきている。

「何とかいけそうだ。」

「ここまで来たらゴールまで

この調子でやってやろうじゃないか!」


前回はだんだん歩きが増えていた区間だったが、
今回は不思議と元気になっていた。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-11-03 21:58 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン レポート(その5)

c0034228_2223312.jpg

ここカヌー館で着替え等が入った荷物を受け取ったものの、
これから先の道程のことを考えた末、
出来るだけここでの時間ロスを短くしようと思い、
着替えはせず、日焼け止めを再度塗るだけにとどめ、
写真を何枚か撮った後、再び預ける。
最大のエイドでの食料補給、おにぎりや味噌汁、果物などをいただくが、
暑さで胃も疲れているのか、今までのように食べられない。

「ん?思うように食べられないなんて

今まであんまり無かったような…。」


食べとかないと、後でしんどいと思い、何とか食べることは出来たが、
この先ちょっと思いやられる。ゴールまで行けるだろうか?
c0034228_2225379.jpg

おっと、まだ関門の制限まで時間があるにもかかわらず、
バスに乗っている人がいる。
ここで止めるという選択肢が一瞬頭をよぎったものの、すぐに思い直す。
いや、走れないことはないんだから、

「とにかく行けるところまで行こうや。」

と自分に言い聞かせ、カヌー館を後にする。
しばらく歩いた後、ゆっくりでも一歩一歩と思い、走り出す。
が、もうスピードがどうこうと言ってられない、
ほぼ惰性と言ってもいいくらいの走りだ。
いや、惰性はいけないなんて思うかもしれないが、

惰性で走るのも大事なことだと自分は思う。

周りの景色もあまり変化がなく、初めてではないコース、
もう成り行きに任せて走るしかない感じだ。
足の裏に何だか違和感が、走れないというほどではないが、
ちょっとした痛みを感じる。
後でわかったが、靴擦れから水膨れになっていたようだ。

まだまだ走り込みが足りない証拠だと思う。

歩いていてもちょっとした痛みがあるので、走るしかない感じである。
66km付近から、国道441号線と合流する。
ここまで日射しがあっても比較的日陰の多いところを走って来たが、
ここからの歩道、ちょっと見る限りでは日陰がほとんどない感じ。

厳しい走りになりそうだ。

だんだんと歩きが入りだす。
岩間の沈下橋の手前のエイドでは再び水を被った。

ちょっと大げさかもしれないが、

夏が戻ったような気温の上がり方だったと思う。

岩間沈下橋、周りを見渡すとゆったりとした川の流れに一瞬落ち着く。
そこからのちょっとした上りは歩き、
しばらく走ると前に芽生大橋が見えてきた。
橋を渡ったところが第4関門である。

実は、この斜張橋もコースの好きな箇所の一つだ。

この辺りでも知り合いのランナーさんにお会いし元気をいただく。
第4関門通過、14時50分過ぎ、
暑さでペースが落ちているのか、
ここまで前回より少し速いペースで来ていたものの、
前回並みかちょっと遅いくらいまでに戻ってしまった。
水分・果物などを補給し、先へ行く。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-11-03 21:53 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン レポート(その3)

堂が森のエイドからほんの少し上ると長い下り坂。
飛ばしたいとはやる気持ちを抑えながら、
それでも上り区間より若干スピードを上げて坂を下る。
もう日が射していたが、この区間もほとんどは山間の日陰の中、
眼鏡にかぶせるサングラスを携帯して、一時かぶせたものの、
結局30km過ぎからの本格装着となった。
この辺りで知り合いのランナーさんにお会いする。
コース上で知っている人に会うと、

やはり元気が出る。

大型エイドでちょっと水分をとり過ぎたか、2度目のトイレを済ませ、
しばらく走ると四万十川が見えてきた。
基本的には右手に見ながら走るようになる。
下り坂区間も終わり、平坦な区間が続く。
走りも今のところは順調だ。
36.6km地点、第一関門、10時2分、
2年前より16分ほど速いペース、

うん、まずまずの走りだ。

それにしても今日は天気が良い。
2年前は雨のち曇りの天気だったため、
日射しを見ることはほぼなかったような気がするが、
今日はこのぶんだと昼からだいぶん暑くなるのではないか。
走りながら改めて実感する。
橋を渡り、しばしの国道381号線区間、川を左手に眺めながら走る。
途中1か所トンネルもあった。
走っているランナーが沿道で声援を送っている人に、
「水分補給してくださいね~。」と呼びかけながら
走っていたのが印象に残っている。
再び橋を渡り、39km過ぎのエイド、
この辺りはエイド間の距離がまちまちになる。
気温が上がってきたこともあり、水分補給はこまめにする。
40km通過、前回より若干速いペースを維持できていたが、
疲れを感じるようになってきたのもこの頃であった。
41km過ぎ、お腹が再び空いてきた頃、また食料補給エイド、
前回この近くで知り合いのランナーさんが、
声援を送ってくれたのを見つけ、感動したところだった。
その頃を思い出していると、

何と何と!

今回も同じところにその知り合いのランナーさん!


手を振って応える。
疲れていたところに元気が出た。
さて、40km過ぎからの道、四万十には100km1回の他、
60kmにも1回出ており、この道は3度目、
何となくではあるものの覚えている。
アップダウンこそほとんどないものの、山間の道。
日陰は比較的多いが、だんだん気温も上がり、
日陰と日向の気温差が出てくる頃だった。
自然とエイドでの給水量も増えていた。
前半あれだけ固まっていたランナーもかなりばらけ、
ちらほら見掛けるくらいになる時も結構ある。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-10-31 20:46 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン レポート(その1)

ぼちぼち掲載していきます。

(前日まで)
2年前の初の四万十100km、
何とか完走はしたものの、精神的な弱さも露呈し、
決して満足いくものではなかった。
出来れば再度挑戦して納得いくものにしたいという思いはあった。
抽選ものにはめっぽう弱いが、何とか当選。

挑戦権を得ることができた。

暑い夏も週末を中心に頑張ったが、
おそらくは参加ランナーの平均を下回っているであろう走り。
それでも本番では何があるかわからない。とにかくやるしかない。
前日午後に自宅を出発、当日のランもさることながら、
現地までの運転も長丁場になるため、
途中休憩しながら車を走らせていたら、
隣の宿毛市に着いた時点で受付終了1時間前、
自動車専用道を通って、四万十市。
受付会場付近の道順はちょっと怪しかったが、そこはさすが現地。
受付会場までの案内も丁寧にされていて、迷わず到着した。
受付終了まであと20分という時間だったが、

そこそこ人はいて気分も高まってきた。

受付をした後、「マイペース」「不安」のステッカーを2枚ずつ貰って、
宿毛市にあるホテルまで。途中のコンビニにて明日の朝食を購入。
宿毛のホテル、「ここに泊まる人はそうそういないだろう。」と思いきや、
駐車場は満車状態。
何とか敷地内に駐車することができ、ホテルにチェックイン。
ランナーも結構多い模様。
併設のレストランで夕食後は、ゼッケン取り付けなどの準備をし、
シャワーを浴びて、午後9時頃就寝した。

(当日)
一度夜中に目が覚めるが午前0時頃。
興奮しているのか、なかなか寝た感じがしなかったが、
横になっているだけでもそこそこ疲れは取れているだろう。
おにぎりと味噌汁の朝食を取り、準備物の確認をして、駅まで歩いていく。
ホテルを出てすぐ、暗い夜空に輝く星がとてもきれいだった。
普段こんなきれいな星を目にすることなんてそうそうない。

早朝から何だか得した気分だ。

2年前は確か1両だったと記憶している列車が今回3両編成、
c0034228_221483.jpg

出発時間が近づくにつれて、続々と乗り込んできて座席はほぼ埋まった。
3時40分、宿毛駅出発、中村駅までノンストップだ。
4時10分、中村駅到着。バスで会場まで向かう。
1便送り出して次の便に乗れるのは、2年前と一緒だった。
4時半頃スタート地点の蕨岡中学校前に到着。太鼓や松明で迎えられる。
もうかなりのランナーが集合していた。
c0034228_2213038.jpg

否が応にも気分は高まるし、

それまでほとんど無かった緊張感も出てきた。

知り合いのランナーさんとエール交換をする。
c0034228_221433.jpg

最終準備をして荷物を預け、開会式に出席しつつ、トイレの列に並ぶ。
今日は日中は気温が上がり暑くなりそうとの予報とのことだが、
まだ日も出ていない現時点では寒さを感じるほど。長袖で行くこととした。
スタート地点に並んだのが10分前、
暖を取るためか、松明の周りに人が集まっていた。
これまでの練習、走り込みが足りないことは自覚していたが、
スタート地点に立てた以上は行けるところまでは行きたい、
そして2年前同様のゴールを果たしたいという気持ちはあった。

とにかく自分のペースを守っていこう

と意気込んでいると、
スタートの号砲が鳴った。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-10-28 22:14 | マラソン | Trackback | Comments(0)

四万十川ウルトラマラソン

お待たせしました!
え、誰も待ってないって?そりゃそうですよね。

すっかり遅くなりましたが、
日曜日に四万十川ウルトラマラソンに参加しました。
2年前に続いて2回目の四万十100km。
朝5時半、四万十市立蕨岡中学校前をスタートし、
c0034228_22241340.jpg

カヌー館での休息を経て、
c0034228_22242526.jpg

四万十市立中村高校・中学校グラウンドにゴールするコースでした。
c0034228_22243585.jpg

今年は中盤を中心に気温が上昇し、苦しい走りになりました。
夕方になると気温も下がり、
走りやすくなってきたのが完走の要因だと思います。
終盤であるにもかかわらず、
何とかペースを上げられたのが良かったです。
記録は13時間18分40秒。

20kmごとのラップタイムは、次のとおり。
20km  2:30:23         8:00:23
40km  4:57:09  2:26:46  10:27:09
60km  7:40:17  2:43:08  13:10:17
80km  10:41:39 3:01:22  16:11:39
Finish  13:18:40 2:37:01  18:48:40
終盤の追い上げが効いた感満載の記録です。
いつものレポートは、またぼちぼち書いていきたいと思います。

都合により日曜日まで更新は厳しそうです。
週明けからまたバンバン更新していきたいと思います。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-10-21 22:30 | マラソン | Trackback | Comments(2)

愛媛マラソンは落選・・・残念!

10月始めから、もう1週間前の話ですが…。
来年2月7日の愛媛マラソンの抽選発表があり、今年は落選。
2年連続当選とはいきませんでした。
高知龍馬マラソンにエントリー予定です。
c0034228_22134548.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-10-08 22:15 | マラソン | Trackback | Comments(0)

こんぴら石段マラソン(その3)

何とか本宮到着。
もちろんお参りしていく。
願い事の一つは、「無事走り切れますように!」。
c0034228_2223620.jpg

帰りは基本下り。
しかし勢いづき過ぎると、転げ落ちる心配もあったため、
慎重になりながら下る。何段か飛ばして走る人もいたが、
基本は全段踏みしめながら下りる。
c0034228_2224264.jpg

参道途中にて
結構上ってきたもんだ。
タイムを競うものではないが、ゴール地点にあった時計から
23分50秒くらい。
ソフトクリームが美味しかった。
なかなか趣のある大会だった。
c0034228_2224832.jpg

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2015-10-08 22:03 | マラソン | Trackback | Comments(0)