おらが村・心臓やぶりフルマラソン レポート(その10)

c0034228_22211969.jpg

初のフルマラソンの完走、
その充実感を後になってしみじみと感じていた。
足にはかなりダメージがあり、歩くのも痛いような状態であるが、
その痛みをも上回る充実感があった。
完走後、給水所でもたくさんいただいた「ごっくん馬路村」をいただき、
ちらし寿司とうどんの昼食をいただく。
昼食引き換えがすぐできるようにと
昼食券をウエストポーチに入れて走っていたのだが、
ずぶ濡れで券も形が崩れるくらい濡れていた。
走っている間は熱を発しているのか、あまり寒いとは思わなかったが、
完走後しばらくじっとしていると寒くなってきた。
それにしても終始雨、完走後もずっと降り続いていた。
周囲の写真を撮り、着替えをして、帰途についた。
帰る途中、南国IC付近のながおか温泉に行き、
疲れた体で湯に浸かった。気持ちよかった。

大会を振り返って、
村の住民が総出で応援してくれたのが強く印象に残った。
本当に温かみのある大会だったと思う。
大げさな言い方になってしまうかもしれないが、
何かと世知辛いと言われる最近の世の中で、

「コミュニティの原点を見ることができた」

大会だったと思う。


車で帰る途中、スタッフの方が手を振っていたのが印象的だった。
また来年も参加したくなるような大会であった。
さて、マラソンはこれから冬にかけてが本場、
時間とモチベーションが続く限り大会に出て、達成感を得たいと思う。

思いを書き連ねた結果、本当に長文になってしまいました。
ご覧いただき、ありがとうございました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-10-13 22:23 | マラソン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9921909
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ブラウニー at 2008-10-14 11:18 x
馬路村に参加されていたのですね。お疲れ様でした。ロングレポート、全て読ませていただきました。沿道の応援に勇気をもらって走り続けられた、苦しさと喜びがよく伝わってきました。fujitakaさんは、たぶん、まだ余力があると思います。たぶん心臓破りの坂+フルということで無意識に力をセーブし過ぎたのかも。次のフルはきっと4時間切れるでしょう。”ごっくん”も堪能できてようですね。スーパーごっくんは今年の新商品だと思います。お疲れ様でした。よい思い出ができてよかったですね。来年もぜひ参加してください。私のラン仲間も多数参加しました。来年は私もフルを走れる体になってるといいな。
Commented by coot at 2008-10-14 21:42 x
レポート、全部読ませていただきました。初めてのフルマラソンなのに、余裕の走りだと思います。初フルが心臓やぶりマラソンで、しかも好タイム、さすがです。
僕も昨年参加しましたが、とても雰囲気の良い大会でした。今年は出られませんでしたが、また参加したいと思ってます。
Commented by fujitaka_1 at 2008-10-15 00:05
ブラウニーさん、書き込みありがとうございます。
また私の拙い文章を読んでいただき、ありがとうございます。
余力ですか…。確かに初フルということで、
抑えていこうという気持ちはありました。
それでも自分では精一杯走り続けたとは思うのですが…。
来年も参加したい大会の一つです。
ブラウニーさんも是非参加しましょう。
これから走りやすい季節、お互い頑張りましょう!
Commented by fujitaka_1 at 2008-10-15 00:08
cootさん、書き込みありがとうございます。
また私の拙い文章を読んでいただき、ありがとうございました。
最初は雰囲気を味わうのを主目的にしていたのですが、
だんだんと「完走したい」気が起きてきて、
完走につながったと思います。
地元手作り感あふれるいい大会でした。
これからも様々な大会でお会いすると思いますが、
お互い頑張りましょう!


<< ツボ刈りをする おらが村・心臓やぶりフルマラソ... >>