おらが村・心臓やぶりフルマラソン レポート(その6)

魚梁瀬杉
馬路村はゆずとともに、林業でも有名だ。
c0034228_015655.jpg

3つ目の給水所を過ぎてトンネル(久木トンネル)の中を走る。
このトンネルが結構長い。
普段の練習でトンネルの中を走ることはめったにないが、
今まで暑い中での練習だったため、トンネルの中は涼しいという感覚でいた。
しかし、今日は、外は強い雨、トンネルの中はむしろ寒いと感じるくらいだ。
トンネルの途中からおそらくこのコース初めての下りとなり、
ホッとした気持ちで走りながら15km地点の表示を通過、
県道12号線と県道54号線が分岐するところまで来た。
コースはここから県道54号線を走って魚梁瀬まで行く。
あまり意識していなかったが、
ふと表示を見ると「北川村久木」との表示が。
今は北川村を走っているのだ。
そう、馬路と魚梁瀬、同じ村内なのに、他村を通らないと行き来できないのだ。

本題に戻り、コースはこれから本格的な上り坂、

「心臓やぶりの坂」になる。

最初は周りのランナーに付いて行くつもりで
ぐいぐい走って上っていたものの、だんだんと体に堪えてくる。

「ああ、これが心臓やぶりの坂なんだ」、と。

それでも周りのランナー、みんなゆっくりでも走っている。
この大会の参加者、なかなかレベルが高いことを思い知らされる。
少し歩きを交えつつ、トイレにも行きつつ、
魚梁瀬ダムの展望台を通り過ぎ、坂の頂まで来た。
心臓やぶりの坂を上り終えた後は魚梁瀬に向けて下りが続く。
下りとあってスピードは出るが、
折り返しではここが3つ目の「心臓やぶりの坂」となるため、
飛ばし過ぎては後が持たない。
しかも今まで上ってきた区間より下りの区間の方が短い、
ということは帰りの上り坂の方が急ということだ。
帰りの上り坂は歩く方が多いかも?と思いながら
平坦に変わった道を走る。
なぜかこの辺りを走っている頃、
「上を向いて歩こう」の歌詞とメロディが頭を巡っていた。

今日のランニング:垣生・沢津海岸等 9.4km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-10-10 00:06 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9895427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< おらが村・心臓やぶりフルマラソ... おらが村・心臓やぶりフルマラソ... >>