おらが村・心臓やぶりフルマラソン レポート(その4)

スタート地点付近(ゴール後に撮影)
c0034228_095541.jpg

マラソン完走の湯
今日、お風呂に入れてみました。
c0034228_010881.jpg

スタートしてしばらくは町の中心部と思われるところを走る。
この辺りでは皆ほぼ固まって集団で走っている。
この大会の特徴(良い点)の一つに沿道の声援がある。
スタート付近から一人~何人かでランナーに声援を送ってくれるのだ。
走っている時の声援は本当にありがたい。元気が出る。
しばらく走って橋を渡ると、最初の「心臓やぶりの坂」が登場するも、
少し駆け上がると平坦な部分が見えたので、ホッとしてペースを上げる。
先月の酸欠マラソンで息を切らせながら
260mを一気に駆け上がったことを思えば、
まだ坂続きとは言えない程度だ。
もちろんこの後で坂は待ち受けてはいるのだが…。

しばらく走るとスタート地点近くを走り、
緩やかな上り坂が続き、また別の方向へ向かうという感じ。
このマラソン、魚梁瀬地区まで行っての折り返しとは書いてあったが、
その間どうやって行くのか、方向が全然わからないまま、
ただただコースを走るという感じであった。
まあまあ走ったかなと思うところで最初の給水所。
大抵の大会がそうなのだが、
スタートから最初の給水所までは結構距離があるように思う。
もちろん後半も距離が長く感じるのだが、
最初も結構距離があるなあと感じることが多い。
給水所を過ぎてしばらくして5km地点の表示、
あとこの8倍余りを走るのか…と頭の中で考えていた。
「自分との戦い」はまだ始まったばかりであった。

今日のランニング:垣生・沢津海岸等 6.1km
            筋肉痛もだいぶん治まってきました。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-10-08 00:11 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9881450
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< おらが村・心臓やぶりフルマラソ... おらが村・心臓やぶりフルマラソ... >>