「食の安全」を求めて

<汚染米>対策で工程表…10月に改革チーム設置 農水省

汚染米問題をはじめ、「食の安全」が脅かされようとしている。
テレビ・新聞などで報じられている次々に明らかになる事実、
ここまで来れば

「一体何が大丈夫なんだ?」

と考えてしまうくらいである。
食の問題は我々の健康のみならず、生命にも関わる問題であるので、
もっともっと関心を持たないといけないと思う。

汚染米の問題で、農水省の改革チームが対策に乗り出す。

「いつまでに、何をやる」

という工程表は、
仕事のみならず、生活のあらゆる面において用いられる。
テレビで石破農相が言っていたが、
「いつ、何をという工程表がないと、だらけてしまい、いつまでも解決できない」
その通りだと思う。
期限を切らないと、どうしてもだらけてしまうのが人間の性、
もちろん私もその一人である。
発表した工程表に基づき、「食の安全」がいち早く確保されることを願いたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-09-30 00:11 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9824065
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 夜型より朝型? 観光庁が発足へ >>