四国のてっぺん酸欠マラソン レポート(その4)

酸欠バッグ
c0034228_23551288.jpg

給水所で給水し、元気を回復した後、残りの坂を上る。
上り坂との戦いはまだ終わらない。
坂を上りながら心の中では、

「果てしなく続く上り坂なんて無い。

上り坂があれば下り坂が必ず待っている。」


と思いながら走る。
瓶ヶ森駐車場を通過し、しばらくすると、
上り坂も終わり、下り坂に変わる。
5km手前付近だったろうか、
沿道のスタッフが「はい、ここから下り坂よ」
と言ってくれたので、ホッとして走る。
結局上り坂ではほとんど歩かずに走って上ることができた。
しばらく下り坂が続く、やっとペースを上げて走ることができる。
後半の坂もさることながら、
前半のこの緩やかな下り続きを頑張って走らないと、と決めていたので、
ペースを上げて走る。
下り坂でもペースを上げると息があがることがあるが、
この日は息があがることなく、下りを走り続けた。
普段の練習では、こんな調子で走ると汗をかきまくるのだが、
気温が低いこともあってか、
ペースを上げてもあまり汗をかかない。気持ちいい。
よくマラソン大会前に

「快走を期待しています」

という激励の言葉をいただきながらも、
なかなか快走できずにいたが、
この下りくらいの爽快で軽やかな走りを「快走」と言うのだろうと思った。

吉野川源流の碑、神鳴池を快調に過ぎてしばらくすると、
自念子ノ頭辺り、8~9kmくらいで下りから上りに変わるところがある。
5km手前からここまで快調に下ってきたものの、
さすがにペースは落ちてしまう。
自分の周りのランナーも同じような感じであった。
自念子ノ頭辺り、本当なら景色がきれいでお気に入りのところなのだが、
生憎今日はガスがかかっていてよく見えない。
自念子ノ頭を過ぎ、再び下りに変わり、
トンネルの中を走ってしばらくすると折り返し地点に到着した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-09-11 23:55 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9688397
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 四国のてっぺん酸欠マラソン レ... 今日のランニング >>