四国のてっぺん酸欠マラソン レポート(その3)

大会パンフレット
c0034228_00534.jpg

10時30分から開会式、
大会実行委員長の挨拶、審判長からの注意点の話などがある。
地元の手作りの大会という雰囲気を感じる。
「酸欠マラソンという名前ですが、酸欠にならないように」という
大会実行委員長の挨拶には笑いが起きていた。
開会式を終え、各自準備運動などをした後、スタート地点へ。
何千人規模という大会ではないので、スタート時のタイムロスはほとんどない。
今日はfujitaka_1にとって
瀬戸大橋マラソンから数えて5回目の大会、
今日はどのくらいでこのゴール地点に帰って来ることができるのかなと考えていると、
スタートの号砲が鳴った。

最初4kmは上り坂が続く。
コース図によると標高差にして264mを一気に駆け上がる。
くねくねとした上り坂をひたすら上る。
きつかったが、あまり歩こうという考えは浮かばなかった。
ここがコース途中なら立ち止まって歩いていたかもしれないが、
まだ最初、スタートしたばかりである。
全力疾走というわけにはいかなかったが、
ペースを抑えつつもほぼ一定のペースで走った。
コースは1kmごとに表示がある。
上り坂だからだろうか、
この表示に辿り着くまでにえらく時間が掛かっているように思えた。
辺りは涼しいはずなのに、もう汗をかいている。
しばらく走ると途中で上って来た道が見えるところがあった。
おっ、結構上ってきている!少し自分に自信を持った。
最初は集団で走っていた参加者もこの坂でだいぶんバラバラになった。
各自のペースで走っている。
3.2km地点で初の給水所、ポカリスエットが美味しかった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-09-10 00:03 | マラソン | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9672907
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 手袋職人 at 2008-09-10 07:32 x
はじめまして、当ブログへのコメントありがとうございました。
いや~しかし、ホンマにしんどかったです。
特に折り返しからの上りで完全に失速しまし。
来年はもう少し走りこんで、お互いに2時間切りを目指しましょう!!
Commented by kmorita at 2008-09-10 09:11 x
はじめまして!僕も、ブログへのコメントありがとうございました!

苦しかったですが、爽快な感じの山岳マラソンでしたね。またどこかでご一緒しましょう!

PS.あれ、ナットさんだ。

Commented by fujitaka_1 at 2008-09-12 00:11
手袋職人さん、書き込みありがとうございます。
折り返しからの上りはそれまで走ってきているだけあって、
体がこたえましたね。
2時間を切れるよう私もどんどん走り込みたいと思います。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by fujitaka_1 at 2008-09-12 00:14
kmoritaさん、書き込みありがとうございます。
夏以降、山岳マラソンに出ていますが、
この酸欠マラソンが一番山岳を走っているという気になりました。
あんな高いところを走ることはそうそうないと思います。
今後ともよろしくお願いします。


<< 今日のランニング 四国のてっぺん酸欠マラソン レ... >>