北京五輪の閉幕に思う…など

<北京五輪>17日間の「宴」に幕 2012年はロンドンで


今日、17日間行われた北京五輪が閉幕した。
4年に一度のオリンピック、
今回も様々な競技で日本選手の活躍を見ることができた。
と同時に

世界の実力を見せられた大会でもあったと思う。

今日は男子マラソンを見ていたのだが、
先頭集団のペースの速いこと、
テレビ中継ではあるが、後ろの風景の流れの速さがすごかった。
世界中から集まってきた実力揃いの選手による競技展開、
テレビでもその緊張感が伝わってくるのだから、
実際の会場では半端ではないのだろうと思う。
「表彰台に立つこと」がいかに厳しいものであるかを思い知らされた。

メダルの数は金9個、銀6個、銅10個という結果、
目標数には届かなかったらしいが、それでも頑張った選手達は本当にすごいと思う。

「オリンピック」の舞台に立つこと自体が

本当に難しいことなのだから…。


開催前には様々な問題が指摘されており、
開会中も心配が付きまとったが、
17日間、祭典を開催することができてまずは良かったと思う。
4年後はロンドンで開催される。
ニュースを見ていると、
「次の五輪に向け、世代交代が急がれる」との解説もある。
次世代のエースの登場にも注目したいものである。

世界中の人々に感動を与えてくれた五輪に感謝しながら、
自分ももっともっと頑張ろうと思った。
そんな訳で先週に引き続き、今日もランニング、
c0034228_0184161.jpg

6時前からかなり涼しくなる。
この間まで連日猛暑が続いていたのだが、
もう秋の気配を感じるほどだ。
ランニングに適した季節になってきた。

今日のランニング:池田池周回 10.0km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-08-25 00:21 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9535988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 久々の雨 四国のてっぺん酸欠マラソンに向けて >>