北京五輪開幕に思う

<北京五輪>3万発の花火で開幕 204カ国・地域が参加

8月8日、北京五輪が開幕した。
まだ先の話と思っていたのだが、今日開幕である。
過去最多の204カ国・地域から1万1193人の選手が参加する史上最大の五輪だ。
開催前は、聖火リレーの問題、また食の問題等で大きく揺れたが、
今日開幕の日を迎えることができた。
NHKで開会式の様子が生中継されていたので、しばらく見ていた。
改めて思った。

世界には、本当にたくさんの国があるものだ、と。

日本人選手の活躍、メダル獲得数も気になるところだ。
水泳・柔道・マラソンなど、前回のアテネを上回るような記録が出るだろうか?
新聞・テレビも五輪特集が組まれることと思う。
ありふれた言葉ではあるが、

頑張れ!日本!

という気持ちで応援したい。

また、五輪・オリンピックは、
何度か記事にしたことがあるような気がするが、

参加することに意義があるのだ。

こう書くと、「そんなの当たり前」とかいう声が聞こえてきそうであるが、

意外に忘れている人が多いと思う。

五輪のシンボルマークである五つの輪は、
5つの大陸を重なり合う輪で表現したものである。
平和と協力を象徴するものらしい。
今回の史上最大の五輪が
シンボルマークの通り、「平和の祭典」として有意義な大会となることに期待したい。

今日のランニング:国領川河川敷等 8.5km

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-08-09 00:20 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9404806
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 涼を求めて~寒風山トンネル周辺... 次なる目標…もう1つ! >>