コンビニでの薬販売に思う

風邪薬、コンビニで販売も 来年4月から新制度

風邪薬など一般用医薬品が
従来の薬局だけでなく、コンビニでも販売可能にするという記事である。
まず、私は、

この制度に賛成である。

多くの人が経験があると思うが、
例えば夜、もちろん病院が閉まっている時に
調子が悪くなり、熱が出て「薬ないかなあ」と探すも無かった時。
こう思うはずである。

コンビニに薬を置いていれば

少しは楽になれたかもしれない、と。


もちろん処方が必要な薬などは当然置けない。
そりゃ病院行った方がよく効く薬をくれるだろうし、
一晩での効果はあまり無いかもしれない。
それでも

もっと身近に薬を置いて欲しい

と常日頃から思っていた自分にとってはありがたいお知らせである。
とは言うものの、薬が身近になるのはありがたいが、
薬には副作用もあったり、表示に注意しないといけない部分もある。

まあ何と言っても、薬の世話にならないのが一番なのだ。
そんな訳で、薬の世話にならないように健康でいたいと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-07-05 00:46 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9166980
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 臓器 at 2008-07-05 01:05 x
便利になりますよね。
憲法問題にまで踏み込んだあの薬事法規定はなんだったんでしょうって気もしますね。
Commented by fujitaka_1 at 2008-07-06 23:32
臓器さん、書き込みありがとうございます。
ここに至るまでかなりの議論がなされたようですね。
でもまあ、便利になってよかったのではないかと思います。


<< 梅雨明けのランニング 虹が見えた日 >>