アップダウンを体験(その1)

c0034228_22393440.jpg

今日はいつもの海岸線や河川敷と違い、
四国カルスト高原マラソンに向け、
アップダウンを体験しておこうということで、
市内にある山根グラウンドから山道を上るコースを走った。
ところで、アップダウンと言えば、
昔テレビでしていた

アップダウンクイズを連想するのは、

私だけではないはずである。


前置きはさておき、
アップダウンと言えば、小豆島でも中盤~後半にかけて続く坂で
かなり辛い思いをしたことが思い出される。
こんな状況に少しでも慣れておこうということで、
準備運動の後、山根グラウンド前を出発する。
最初から上り坂があるが、
最初はスタミナがある状態のため、どうってことはない。
それでも途中からは
普段の平坦な道とは違うことを感じさせる。
普通に走っていても自然と息が荒くなる。
足に力を入れていないと前に出ない感じだ。
それでもマイントピア別子まではまだ疲れているというほどではなかった。
汗はかなり出ていたが。

マイントピアを出てからの坂がきつかった。
ずっと上り坂、ガードレールの切れ目までは走ろうとか目標を立てるものの、
なかなか思うように走れない。途中歩いてしまった。
くねくねとした上り坂にトンネル、それを抜けて橋を渡ったところに売店がある。
この上り坂は意地でも走ろうと思い、思い切って地面を蹴る。
トンネルを抜け、平坦な道に出ると何だかホッとする。
初めてだったこともあり、今日はここまでにした。
ここまでで5km弱である。
自販機のアクエリアスが美味しかった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-06-29 22:49 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/9136140
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< アップダウンを体験(その2) つづら淵(愛媛県新居浜市) >>