走り出して変わったこと

走り出して変わったことがいくつかある。
良い点悪い点それぞれある。

まず良い点であるが、

何と言っても体が軽くなった。

お腹の出っ張りがかなり無くなった。
次のページにも書かれてあるように、

(これから走る人にもおすすめのページ)なぜランニングなのか?
(別ウインドウで開きます)


運動量が一番多く、消費カロリーも比例して多いのがマラソンなのだ。
少し前まで、お腹の出具合を気にしていたのだが、
最近は走ればよいのだと気持ちを切り替え、あまり気にしていない。

また、余計なことや詰まらない考え事を引きずることも少なくなった。
走っていると、走りきることをまず第一に考える。
周りの景色を見ている時もあるが、

詰まらないことで悩んでいる余裕もないのだ。

さらに、走った後は、適度な疲れからか、
よく寝られるようになっている。

悪い点、これは走り出して
まだ時間がそんなに経っていないというのもあるかもしれないが、
足の痛みがたびたびあるということだ。
膝や足首周辺など…。
一応病院でモーラステープや痛み止めの薬は処方してもらっている。
これは走っているうちに慣れてくるだろうと思う。

まだまだ変化があるだろうと思う。
今はまだ余裕もないが、変化を楽しめるようになりたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-06-06 22:56 | マラソン | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8998411
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 池田池公園の菖蒲(その1) ブログを励みにして… >>