小豆島オリーブマラソン記録(その2)

(当日)
朝5時過ぎに起床、身支度をしてホテルを出発した。
港へ向かっているとマラソン参加者とおぼしき人たちが同じように続々と歩いている。

皆気合い入っているなあと感じる。

自分の服装を改めて見てみる。普段着だ。
会場で着替えればいいと思い、

どう見ても今からマラソンに参加しますよ~って

感じの格好ではない。


この当たり、次回以降気をつけたい。

先に出発した土庄港行きのフェリー
c0034228_014695.jpg


フェリーの切符売り場は長蛇の列ができていた。
列の最後尾に並んでいると、
乗船口付近に臨時の切符売り場ができ、そこで切符を購入した。
帰りの時間や船は深く考えていなかったが、
国際フェリー高松港~池田港間を往復で買っておくことにした。

国際フェリー パンダ・キリンでおなじみだ。
c0034228_0143161.jpg


乗船し、客室に入ると結構乗客で座席が埋まっているものの、
ごった返しているというほどではなかったので、ホッとする。
6時50分、高松港出港。出港後、朝食のパンを食べる。
いまいち食欲が湧かなかったが、
これから走るのだからということでパンと珈琲の朝食をとる。
今考えると、おにぎりなんか食べておいても良かったかもしれない。

国際フェリー キリンとすれ違う。
c0034228_0145949.jpg

約1時間で小豆島 池田港に到着。
c0034228_0151560.jpg

バスは臨時バスが出ていることがわかり、それに乗り込む。立席だった。
おまけに窓を閉め切って冷房もしていないのものだから暑い。
途中からは参加者の車などで渋滞に巻き込まれた。
このままノロノロ運転は勘弁して欲しいと思っていたら、
途中からは比較的スイスイと走って、坂手港に到着した。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-05-30 00:17 | マラソン | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8949940
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odamaki719 at 2008-05-30 17:14
こんにちは~小豆島と言えば大昔中学の修学旅行でした。
住んでいた街から船で行きバスで島巡りをして日帰りが出来る
のですね。懐かしいですね。マラソン頑張っていますね~~
Commented by fujitaka_1 at 2008-06-01 00:49
odamaki719さん、書き込みありがとうございます。
修学旅行で行ったのですね。
私の住んでいるところからだと、小豆島はいい日帰りコースです。
マラソンは後で振り返ると達成感はあるのですが、
走っている最中は苦しかったです。


<< 小豆島オリーブマラソン記録(その3) 小豆島オリーブマラソン記録(その1) >>