聖火リレーに思う

長野聖火リレー 第1走者は星野さん 後続は発表せず

今年8月に開催予定の北京五輪、
その聖火リレーが各地で行われており、
今週末の26日には、日本(長野市)で開催される。

チベット問題で揺れている中国、
また一時かなり食品業界を騒然とさせた食の問題などもあるが、

聖火リレーは平和に実施して欲しいと強く思う。

他の記事にも出ていたが、「友好の象徴」、私もまさにそう思う。
友好・平和が保たれてこそ、オリンピックが開催できると思う。
聖火はオリンピックの期間、聖火台に灯されているもので、
神聖なものである。
それを吹き消すなどということを、
どうして考え付いたり実際に行動に出たりするのだろうか。
国と国との間に問題が生じる、これはわかる。
日本だって、周辺国との間に様々な問題を抱えていると思う。
やはり自国に有利に持っていきたいと考えるだろう。
でも、それは、オリンピックに持ち込むようなものではないと思う。
五輪の輪が重なるように人々が手を取り合って競技を開催していく、
それがオリンピックだと思う。
26日の聖火リレーが無事成功に終わることを期待し、
今後の動向に注目したい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-04-24 22:05 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8725371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by SANKEI at 2008-04-24 22:53 x
オリンピックの存在意義がもう……
Commented by 基本的な考え at 2008-04-25 03:44 x
政治問題をオリンピックに持ち込むな、には賛成だが、
今回の場合は最初から「政治利用された五輪」ですからね。
すでにスタート時点から「神聖な火」で無くなっている、と
世界中の人はそう言っているのです。

一時の感情だけなら世界中これだけの騒ぎにはならない。
Commented by fujitaka_1 at 2008-04-25 21:56
SANKEIさん、書き込みありがとうございます。
オリンピックの意義に、
参加することに意味があるというのもあったかと思いますが、
随分と様変わりして本来の意義からかけ離れているところも
確かにあると思います。
今後ともよろしくお願いします。
Commented by fujitaka_1 at 2008-04-25 21:57
基本的な考えさん、書き込みありがとうございます。
世論も分かれるところですが、
やはり聖火リレーは無事に行われて欲しいと思います。
今後ともよろしくお願いします。


<< 平均寿命に思う 一輪の花は何を思う… >>