検定番組の増加に思う

今、番組の改編期の真っ只中ということで、
2~3時間のスペシャルものが多いが、
「常識を試す」、いわゆる「検定もの」が本当に多いように思う。
かつてはもっと笑いをとるものや、
歌番組やものまねなども結構あったように思うが、
芸能人が一般常識問題に挑戦というのが定例パターンになっている。
放送局が違っていても、2、3日連続して同様の番組ということもあるくらいだ。
こんなに多いと、
中には、「あれ、前に似たような問題聞いたことあるぞ。」というのも当然ある。
昔はクイズ番組というと、
もっと問題の範囲を絞り、時にマニアックな問題も出ていたが、
最近は広く浅く出ている。
一般常識は身につけておくべきものなので、悪いことではないと思うが、
何か「飽きたなあ」と感じるのは、私だけではないはずである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-04-06 00:54 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8600189
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by odamaki719 at 2008-04-06 16:50
こんにちは~あの手の番組はテレビ局の方はお金を
あまりかけないで出来るらしいのですね。それで氾濫
していると聞きましたよ。芸能人がいかにおバカが多いか
ひいては日本人の学力低下を証明しているようですね。
早くまともな番組作りをしてほしいです。
Commented by fujitaka_1 at 2008-04-06 22:55
odamaki719さん、書き込みありがとうございます。
こんな記事を書いた後、今日もしていましたね~。
どこもかしこも同じ番組だと、
何かテレビに飽きた感じになりますね。
違った種類の番組に期待したいです。


<< 八幡浜風ちゃんぽん 大阪・高野山へ(その27)(終... >>