卒業シーズンに思う(その3)(最終回)

卒業シーズンに思う(その2)

卒業文集には、
(その2)で紹介した笹ヶ峰登山の思い出の他に
1年間を振り返っての文章と各人の自己紹介が書いてあるのだが、

とても人に見せられるものではない…。

自分で書いておきながら恥ずかし過ぎる…。
なので、今回は省略。
で、新年の抱負というものも紹介されていて、
各人が習字で書いて出したものらしい。
「努力」、「前進」とか、言葉が並んでいる。
ちなみに私は、

継続は力なり

と書いていたようだ。
「書いていたようだ」なんて書いたのは、

今、当時書いた記憶が全く無いからだ。

う~ん、昔は本当にわかって書いていたのだろうか?
継続は力なり、いい言葉ではあるのだが…。

卒業を機に家を出たり、
家はそのままでも生活のリズムが変わることが多い。
最初のうち、慣れないことも多く戸惑うこともあろうかと思うが、
何事も前向きに、そして、ひたむきになれば、
「何かをやり遂げた」という達成感が得られると思う。
卒業を迎えた人達に、そんな言葉を贈りたい。
おっと、自分も頑張ろうっと。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-03-23 00:26 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8502867
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 大阪・高野山へ(その1) 国道という名の「酷道」 >>