あきらめないことが大事

<女子マラソン>走り抜いたQちゃん、現役続行表明 名古屋

Qちゃんこと、高橋尚子選手が北京五輪出場を賭けて挑んだ
名古屋国際女子マラソン、
9km地点辺りからの失速で結果は27位だったものの、
まずは42.195km走り抜いたことに対し、
よくやったという言葉を掛けてあげたい。

9km辺りで失速し、集団から離れるところを
テレビで見ていたfujitaka_1。
「あー、やはり厳しいなあ」という思いがした。
それでも沿道の声援が途切れることは無く、
「Qちゃん人気」が今なお続いていることを感じさせられた。
相当のプレッシャーの中で走ったレース後の
すがすがしい笑顔も彼女の持ち味である。
さらに、昨年8月に右ひざの手術をしていたことを明かし、
準備不足の中で挑んだ今回のレース、
「まだやりたいことがある」と現役続行を表明したことは、
「これで終われない」という彼女の強い意志の表れだとも思う。

多くの人が期待していた
北京五輪出場は叶わなかったものの、
これであきらめない彼女を応援し続けたいと思う。
そして、彼女の不屈の精神を見習って、
私も明日から走りたいと思う。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2008-03-09 23:13 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/8410942
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 晴れた日は 街の様子が くっきりと 日本自然科学写真協会 写真展(... >>