温暖化対策:排出権取引に思う

<温室効果ガス>削減目標達成へハンガリーから排出権

今日の朝日新聞朝刊にも1面で大きく取り上げられていたこの話題、
日本が京都議定書で義務付けられた温室効果ガスの削減目標に向け、
ハンガリーから余剰排出枠を購入するというものだ。

まずはハンガリーと聞いて、
何を連想するだろうか?
fujitaka_1は、

ブラームスのハンガリー舞曲を思い出した。

ちなみに、fujitaka_1、

そんなにクラシックには詳しくない。(笑)

前置きから話が逸れまくってしまったが、
この排出権取引という言葉を聞いたのは最近のこと。
要は、他国で温室効果ガスを減らすことによってできた排出枠を
金銭で購入し、自国で減らしたことにしようとするものだ。
しかし、
それで果たしていいのだろうか?
何か何でも金で解決できそうと思われはしないか?
聞くところによると東欧諸国をはじめ、他国との交渉も進めているとか。

そこまでして達成すべきものだろうか?

確かに現在のままだと議定書で定められた目標達成は不可能とされているが、

実効ある削減努力はしているだろうか?

そして、

環境意識の向上に向け、啓発はできているだろうか?

自分自身、もっと環境、温暖化対策にもっと関心を持ち、
少しでも協力できることをしなければと改めて痛感しながら
この記事を書いている。
今後一人でも多くの人が「かけがえのない環境を守る」意識を
持ちながら毎日を過ごせるよう期待しながら、
今後の政策に注目である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-11-26 23:30 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/7548028
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by エコなブログを発見 at 2007-11-27 19:18 x
環境意識が高いですね〜。
しまなみを完走した脚力を生かして、自動車なぞ乗らずに地の果てまで自転車で走っていくことを期待しています!
Commented by fujitaka_1 at 2007-11-27 23:21
エコなブログを発見さん、書き込みありがとうございます。
自分自身、まだまだ環境意識が高いとは思えませんが、
環境維持には一人ひとりの力が必要なので、
少しでもできることから協力していきたいと思います。
自動車…どうしても頼ってしまいますね。
自転車の利用は大事ですが、地の果てまでは勘弁してください。


<< 紅葉情報2007年版~桜三里の... 紅葉情報~別子ライン(その6)~ >>