読書の秋…坊っちゃん文学賞に思う

<坊っちゃん文学賞>大賞に甘木つゆこさん「タロウの鉗子」

久々のトラックバック、
今回は「坊っちゃん文学賞」からの記事からである。
県内在住者として、何か取り上げたくなったからだ。

さて、この「坊っちゃん文学賞」、
松山市が毎年募集し、この時期に発表しているものであるが、

ここまで有名になるとは思わなかった。

松山に住んでいたこともあるし、
その存在も、もちろん知っていたが、
全国ニュースの記事で出るほどになるとは正直意外である。
今年で10回を迎え、今年の応募総数も1,048点になったとのこと。
全国から注目される存在感あふれる事業になっている。

さて、今まさに

読書の秋

の時期であるが、
自分自身、最近は読書時間が減っている。
ニュースによれば、最近では若い人を中心に
新聞を読まない人が増えているのだとか。
せっかく坊っちゃん文学賞の記事も見たことだし、
何か大作を読破するか、
こまめに読書量を重ねていくか、
いずれにしろ活字に触れるよう努めていきたいものである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-11-13 23:07 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/7425679
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 温泉情報~亀ヶ池温泉(伊方町)~ 紅葉情報2007年版~小田深山... >>