郵政民営化に思う(その3)

日本郵政、民営化がスタート

今日から10月、
136年続いた「官営:郵便事業」がついに民営化され、
JP日本郵政グループが誕生した。

昨日撮ったあの看板の行方が気になって、
今日も仕事帰りに寄ってみた。
c0034228_23282898.jpg


お~っ、見事に変わっている。

赤からオレンジへとイメージカラーも変貌を遂げている。
郵貯でおなじみの郵便貯金の看板も
「ゆうちょ銀行」に変わっている。(この写真ではちょっと見にくいか…。)
c0034228_23284216.jpg


東京では発足式もあったようだが、

全体的には静かな船出となったようだ。

今日の新聞にも一面には記事があったものの、
隅っこに追いやられていた形となっていた。

郵政が民営化となって何か影響があったかと聞かれたら、
自分にとっては
現時点では、何も影響はない、何ら変わりはないと答える。
しかし、地方、中でも過疎地では集配業務の廃止、さらには局の閉鎖など
民営化前から影響が出ていることがテレビでは紹介されていた。
効率性、規制緩和も大事であるかもしれない。
今「官から民へ」ということがしきりに言われている。
しかし、郵政事業なるもの、
誰でも等しくサービスを受けられる、
いわゆる「ユニバーサルサービス」でなければならない。

今はまだ民営化の影響が実感できない。

これは私だけでなく、多くの人がそう思っているだろう。
今後時間が経った時に、良い点・悪い点全部ひっくるめて
民営化の影響を実感し、評価していくことになるのだろう。
だからこの問題にはこれからもずっと注視していくとともに、
折に触れて記事にしていきたい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-10-01 23:44 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/7094514
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 郵政民営化に思う(その4) 郵政民営化に思う(その2) >>