郵政民営化に思う(その2)

<日本郵政グループ>民営化で誕生 1日午前0時半から業務

昨日から書き始めた
「郵政民営化に思う」シリーズ。
いや、シリーズと言っても

いつまで続くのか自分でもわからない。

正直言うと、

最近書くネタに困っていたので、

「これは!」と思い、飛びついたというのもある。


それはさておき、明日からの民営化に備えて
何か変わっているかと期待しながら
用事のついでに郵便局前に行ってみた。
c0034228_22482644.jpg

おっ、
看板が変わろうとしている。
いわゆる準備中の段階といったところだ。
こんなことなら

郵政公社時代の看板もしっかり撮っておくんだった…。
c0034228_22484848.jpg

ここは数ある地元の郵便局の中で、一番大きい。
「本局」と呼んでいる人も多い。
ちなみに郵政民営化の懸念事項の一つに集配局の減少が言われているが、
ここは我が市内唯一の集配局である。
いや、見た感じ何も変わった様子は無い。
今日はATMを停止し、窓口も昼から休みの状態であるため、
いつもはお客さんでいっぱいのこの駐車場もまばらである。

それにしてもこの民営化に対する盛り上がりはない。
書店で郵政民営化に関する書籍でもと思って見たものの、
ほとんど置かれていないと言ってもいい状態だ。
まだ知らない人も多いのではないかとさえ思う。
何ら普段と変わらない雰囲気の中、
明日、民営化が行われ、日本最大規模の民間企業グループが誕生する。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-09-30 22:33 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/7086174
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 郵政民営化に思う(その3) 郵政民営化に思う(その1) >>