駄菓子文化を考える…

懐かしさ満載! 「駄菓子バー」、行ってみない? | Excite エキサイト

何でも東京都内には「駄菓子バー」なるものが出来て
中学生から大人まで幅広い人気を呼んでいるそうな。
昔は駄菓子屋と言えば、狭い路地の片隅…に限らず、

「○○販売店」、「○○販売所」

みたいな感じで
この記事にも出てくる「うまか棒」やガム・チョコなど
それは多彩な商品をを売っていたものだ、
「○○カツ」みたいなものもあって、
個人的には好きだったのを記憶している。
たいてい子供が寄り合っていたのだが、
今こういう光景に出会うことがない。
今コンビニで売られているお菓子も
それはそれで多種多様でいいが、
何か「駄菓子文化」のようなものが薄れてきているようで寂しくてならない。
大型ショッピングセンターの専門店に復活の兆しは出ているようだが、
今の子供達にはあまりうけていないようだ。
入っているのは、我々(30代)世代の方が多かったりする…。
うまく表現できていないが、
駄菓子文化の復刻を期待したいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-05-22 00:14 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/6145273
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< パソコンのメンテナンスに思う ガソリン価格の再上昇に思う >>