環境配慮に思う

「古紙100%再生紙は環境にやさしい」はウソでした

エキサイトニュースに頻繁に登場し、
見る人の興味を引く記事を書くJ-CASTニュースからの情報提供である。

古紙100%と言えば、環境に配慮したイメージが強く
うちの職場でも使っているんじゃないかな?
あまり深く考えてはないけど…。
この製紙会社の取り組み方針変更が
今後紙利用にどんな影響を及ぼすかは
まだ未知数ではあるものの
環境配慮に取り組まなければならないことは事実として不変である。
そういや、今日お昼を食べにとある食堂に入った時、
通常置いてある「割り箸」が置かれていないのに驚いた。
(ちなみに普通のお箸が置かれていた。)
注意書きには、「森林破壊などの環境に配慮し」云々とある。
「環境配慮」を強く意識した瞬間、
これからは「マイ箸」を導入しようと考えはじめたひとときであった。

おまけ
自分の部屋に数年前からあるA4紙
c0034228_22513214.jpg

普段そんなに印刷することもないので
ほぼ置きっぱなしの状態なのだが、
色から見るにどうやら古紙100%ではなさそうである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-05-01 22:04 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/5984803
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ガソリンの値上げに思う 牛丼復活記念に思う >>