復刻車両に思う

開業時の「白地に緑」で復活 JRの東北・上越新幹線で

JR発足20周年と東北・上越新幹線の開業25周年を記念して、
「白地に緑」という開業時の車両で復活するとのニュース。
それにしても東北・上越新幹線って、もう開業してから25年にもなるのか。
時の流れは本当に早いものだ。
最近昔のものを懐かしみ、改めてその良さを知ってもらおうという
「復刻」なるものが流行っている。
私個人的に言えば、鉄道車両と言えば
肌色に赤のあの「ぬくもりを感じさせる」色に
言葉に出来ない懐かしさを感じる。
こういう車両である。
特急「おき」(小郡:現 新山口駅にて)
c0034228_20442928.jpg

臨時列車(う~ん、どこの駅かは忘れたが、結構都会だったような…。)
c0034228_20445110.jpg

SLを走らせたり、昔懐かしい列車の展示など
人がどこからともなく集まる。
人は今にない「昔の良さ」を追い求めているのかもしれない。
これを機に「鉄道人気」に拍車がかかることを期待したい。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-04-30 20:48 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/5977036
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 鉄分 at 2007-04-30 22:30 x
多分高槻駅だと思います。
Commented by fujitaka_1 at 2007-05-01 23:28
鉄分さん、書き込みありがとうございます。
そうそう高槻駅でした。
京都観光に行っていたものの、市内に宿が取れなかったため
郊外の高槻に泊まった翌朝撮った写真でした。


<< 鳴門の渦潮に思う 道を行く~徳島・香川県道1号線... >>