春一番で吹き飛ばしてもらいたいこの閉塞感~本紹介 若者はなぜ3年で辞めるのか~

今日は、日本の広い範囲で「春一番」が吹いたという。
春一番とは、
立春のころ、その年、初めて吹く強い南風のことであり、
発達した低気圧が日本海を通るときに吹き、気温が急に上がるという。
今日はまさにそんな天気であり、
一日を通して暖かい風が吹いていた。気温もぐっと上がった。
今年は本当に冬らしい天気が少ない。
もう本当にこのまま春が来そうな勢いである。
しかしながら「春一番」と聞いて思い出すのは、
何と言っても

もうすぐ春~ですね~♪

のフレーズでおなじみのキャンディーズの曲であろう。
(もう30年前の曲である。自分が生まれた頃じゃないか…)

c0034228_2215837.jpg

で、話を本題に戻して久々の本紹介である。
20~30代が組織の中で感じている閉塞感について書かれている本である。
会社という組織に入り、ただレールに乗っかっていれば
順当にポストを得られていた時代はもうとっくに終わった。
今はそのレールすらどこで外れているかわからないというものだ。
いや、

レールがあるとすら思ってはいけないのであろう。

組織の中ではなく、自分自身でレールを敷くことをしなければ
しっかりと生きていくことができない、
何か社会の厳しさというものを実感させられた一冊であった。

今とっている新聞で少し前に
「ロストジェネレーション」という特集で連載があった。
バブル崩壊後のいわゆる「失われた10年」の間に
ちょうど就職を迎えた世代のことである。
ちなみに私もその世代に入っている。
組織に埋もれることなく、自分の道を見出していく姿が取り上げられていた。
組織にしがみついていては閉塞感はただ増すのみ、
閉塞感を破るために組織に頼ることなく生きていくことが大切だ。

しかしながら、この「春一番」で
社会全体に漂っている

この閉塞感を吹き飛ばしてもらえたらなあ

と、ちょっと願っていたりもする今日この頃である。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-02-14 22:11 | 雑感 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/5529580
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 閉塞感を吹き飛ばすブログ発見 at 2007-02-16 12:37 x
閉塞感ですかー。
ぼちぼちコラムの怒涛の更新で閉塞感を吹き飛ばしてくれるよう期待しています!
Commented by fujitaka_1 at 2007-02-16 23:56
閉塞感を吹き飛ばすブログ発見さん、
書き込みありがとうございます。
怒涛の更新とまではいきませんが、
このブログが閉塞感を癒すものになれればなあと思います。


<< 春陽軒 カップラーメンバージョ... タレントの政治家転進に思う >>