「宙船」に思う


<センバツ>入場行進曲はTOKIOの「宙船(そらふね)」

選抜高校野球の入場行進曲に内定したこの曲は
かつてドラマの主題歌になっていたのは知っていたが、
年末の紅白までは正直あまり聴いたことがなかった。
紅白を何気に見ていて、この曲がかかり熱唱しているのを聴いて
胸を打つ曲だと思った。
その後今年に入ってもテレビ・ラジオなどでかかる機会もあり、
聴けば聴くほど何だか熱い思いになれる曲の一つである。

♪その船を漕いでゆけ お前の手で漕いでゆけ
 お前が消えて喜ぶ者にお前のオールをまかせるな♪

このサビの部分だけでなく、歌詞全体に
力強さ、魂を垣間見ることが出来る。
人に頼ってばかりではいけない、
ボロボロになってもまず自分で動かないといけないんだ、
そんなことを思い知らされる。
妙に重みのある歌詞だなあ、
などとと思っていたら
中島みゆき作詞・作曲というのを知り納得。
実は彼女の曲も好きである。

この曲を聴きながら
「人生」という果てしなく広大な海を
自分の「オール」で元気に漕ぎ続けていきたいものだ。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2007-01-15 23:09 | 雑感 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/5309692
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 音楽センスあふれるブログ発見 at 2007-01-16 07:13 x
宙船いいですねー。
思わずiTSでダウンロードしてしまいました!
Commented by fujitaka_1 at 2007-01-16 23:08
音楽センスあふれるブログ発見さん、書き込みありがとうございます。
選抜行進曲にふさわしい曲だと思います。
Commented by odamaki719 at 2007-01-17 16:47
宙船いい曲ですよね。長瀬君がちょっと半分やけくそに唄っている感じがあるけれど・・・笑
Commented by fujitaka_1 at 2007-01-18 22:17
odamaki719さん、書き込みありがとうございます。
あの力強さは本物という感じがしています。


<< 通勤途中に、うろこ雲 讃岐うどん~上戸うどん(香川県... >>