高速道路の通行料金に思う

51%が「高速料金高い」 内閣府の世論調査

あちこちドライブする自分にとっての意見と前置きしたうえで
高速道路の料金は、割高だと感じている。
大体3つ目のインターチェンジで1,000円を超えるのが一般的だ。
自分の住んでいるところからだと
松山1,650円、高松(西)・高知2,350円、
徳島までは3,200円だ。(通常料金で)
四国内でこの割高さなのに、
さらにしまなみ海道や瀬戸中央道で本州に出ようものなら
さらに割高感が増す。
だからフェリーを利用することも多い。
100km以内・時間限定のETC通勤割引を活用しても
やはりどうしても時間が合わなかったりとか、
高速を使いたいとかいう時は高い料金を払うこととなる。
もちろん維持管理に相当のお金がかかっていたり、
ETCも使っているので、
「タダに…」なんて無茶なことは言えないが、(ドイツはタダだっけ?)
もうちょっと値下がりしないものかなあと思っている。
まあ最近高騰を続けていたガソリンが少し安くなっているので、
そうそううまくいくとも言えないのだが…。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-10-21 23:59 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4772673
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 機会があれば行ってみたいものだ… キバナコスモスのある風景 >>