塩塚高原にて(その1)(愛媛県四国中央市)

秋は一面にススキが広がってきれいだとの情報を得て、
行ってみることにした。
新聞なんかでも紹介されていると思う。
愛媛県四国中央市とタイトルでは書いたが、
高原は愛媛・徳島県境に広がっている。
最初徳島県側の方を意識していて
徳島県側(三好市:旧山城町)から入ったが、
愛媛県側からの方が近かったようだ。
思わず登ってみたくなる風景だ。
c0034228_2347090.jpg

言葉で聞いたとおり、一面のススキが広がっている。
c0034228_23471882.jpg

すぐそこに頂上が見える。
ちょっとオーバーな言い方かもしれないが、
ほんと手の届きそうな距離だ。
左端に写っているのは、パラグライダーをしている人。
ここは、パラグライダーをしている人が多い。
c0034228_2347276.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-10-17 23:51 | 風景 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4746305
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 塩塚高原にて(その2)(愛媛県... チョコの芸術…「スイート・ホーム」 >>