ご当地検定人気上昇中!

妖怪検定に400人 鳥取、水木作品の知識問う

この記事に出てくる「妖怪検定」のみならず、
観光・地域の振興に役立てようとする目的で行われる
いわゆる「ご当地検定」というものが相次いで実施されている。
日本国内で「ご当地検定ブーム」が起きている。
もともとというか、その発端となったのは京都検定とされているとか。
確かに知名度の向上、地域を訪れる人は増えるかもしれないが、
持続性のあるものなのだろうか?
はたまた一時的な人気なのか?今後が気になるところである。
自分の住んでいる地域では何かやっているのかと思っていると、
書店でこんなものを見つけたので、試しに買ってみた。
四国観光検定というものだ。
c0034228_021017.jpg

四国を中心とした地域情報の発信を目的としているfujitaka_1なら
全然問題ないのではと思いきや、
観光といっても名所・地名だけではなく、
郷土料理・自然全般・はては八十八カ所まで出題されるようだ。
う~ん、侮るべしご当地検定といったところである。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-10-09 00:09 | 雑感 | Trackback(1) | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4696764
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from fujitakaのぼちぼ.. at 2008-09-06 00:30
タイトル : 四国観光検定
読みかけの雑誌ついででもう一つ、 以前こんな記事を書いていた。 (参考)ご当地検定人気上昇中!(2006年10月9日投稿) 四国観光検定テキスト、 これも以前買ったっきりだ。パラパラとしか読んでいない。 今年度も12月に試験があるらしい。 先日地元新居浜の検定に挑戦したが、今度は四国である。 なかなか範囲が広い上に、分野も多岐にわたっている。 遍路は八十八箇所回ったから何とかなる!なんて思っていたりもするが、 もう忘れかけている部分も多い。 温泉も最近は近場しか行ってな...... more


<< 免許の更新に行ってきました! 小学英語の必修化議論に思う >>