小学英語の必修化議論に思う

小学英語は必要?不要? 広がる波紋

科省がほぼ既定路線で進めてきた
小学英語の必修化について、新大臣の発言で揺さぶられているようだ。
個人的には、必修化にする必要はないと思う。
中学・高校・大学と英語の授業はあったが、
文法については十分過ぎるくらい習っていると思うし、
あとは単語力、会話力でこれは個人の資質・努力によるところが
大きいのではないだろうかと思っている。
会話力・リスニングについては今まで弱かった部分もあるだろうが、
わざに小学生まで対象を拡げてするほど膨大なボリュームでもない。

して仮に英語が必修化された場合、授業時間は決まっているので、
他の教科にしわ寄せが来る。
国語・算数・理科・社会・音楽・図画工作・家庭科・体育、
どれも大事だ。わざに削ってまで英語を入れる必要があろうか?

もそも英語教育について、何を目標としているのか、
英語が通用するとはどういうことなのか、
分野分野によって求められる英語能力も違ってくるし、
基本的な部分は学校で履修して、
自分に足りない部分と思われる部分は、自分の身銭を切って
勉強するのでいいのではないだろうか?

小学から英語を始めたら英語を話せる人間が増えるという見方は
自分は大間違いであると思う。


いつ始めても話せる人は話せるし、
話せない人は話せない、
何事も個々人の努力次第だと思う。

おまけ
英語と言えば辞書をひくのも大事ということで、
自分の持っている英和辞典と和英辞典を撮ってみたりした。
最近は電子辞書を持っている人もかなりいるが、
自分にとってはこの分厚い辞書が何となく落ち着いたりする。
c0034228_2358756.jpg


人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-10-08 00:46 | 雑感 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4691693
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by InfoC管理者 at 2006-10-20 19:06 x
InfoC管理者といいます。はじめまして。英語教育必修化に関する話題に関して書いていらっしゃるので、コメントを送りました。私、ナノピコ放送局(http://www.infococktail.co.jp/pickup/contents.cgi?topic_id=5)
というサイトを運営してまして、英語教育を含め様々なテーマに関して、トラックバックを用いて皆様の意見を集めています。ブログ読者を増やすのにもお役に立てると思います。トラックバックしてみませんか?英語教育関連以外でも興味があるテーマがありましたらブログ記事のトラックバックを送って下さるとありがたいです。解説はhttp://www.infococktail.co.jp/index7.html
にあります。勝手なコメントを送り申し訳ありません。ただブロガーの皆様のお役に立てるサイトになるのではと考えています。よろしくお願いします。


<< ご当地検定人気上昇中! 記憶力の維持に思う >>