フランス語は難しいらしいですが…

「ベルばら」でフランス語を学んでみる | Excite エキサイト

フランス語の入門書として、
「ベルサイユのばら」のセリフから学ぼうとする本が出版され、
好評を得ているとのこと。
で、フランス語といえば
大学時代第二外国語の選択科目の一つとしてあった。
当時(10+α年前)第二外国語は、
ドイツ語、フランス語、中国語の中から選択することになっていて、
私はドイツ語を選択したのだが、
中国語5.5、ドイツ語3.5、フランス語1といった感じで
一番履修者が少なかったのを覚えている。
発音もさることながら、文法も独特で
例えば

動詞は主語によって6種類に変化するらしい。

それに時制も加わったりするもんだから、
想像しただけでもややこしいこと極まりない。
この入門書が役に立つことを祈りたい。
ちなみに自分の選択した経験であるが、
もう覚えたことは遥かかなたに飛んでしまっている。
でも、学生時代に購入したドイツ語の辞書を履修期間が終わり、
古本屋に持ち込んだところ、

意外に高値!1,000円で売れた!

ということははっきりと覚えている。
きっとまだ新品のようにきれいだったからだろう。
そんな訳で語学のイメージとなる写真が無いので、
高校時代に使用していた英単語集を撮ってみた。
c0034228_23254342.jpg

語学はこつこつと覚えていかなければいけない。
それを今更ながら実感したひとときであった。

人気ブログランキングへのクリック、よろしくお願いします。
人気blogランキングへ
[PR]
by fujitaka_1 | 2006-09-13 23:30 | 雑感 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://fujitaka1.exblog.jp/tb/4550734
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 効いたよね、早めのパブロン! 名前を考える >>